被災者が語る!災害発生直後すぐにやるべき7つのこと

2018年9月6日 03:08に発生した北海道地震の経験から災害発生後の行動について、今後のためにまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに僕が今回実際にやった行動の流れは以下のような感じでした。

  1. ガスの元栓を閉める
  2. ブレーカーを落とす
  3. 風呂に水を貯める
  4. 外を歩き回って周りの状況を把握する
  5. 家族と友人の安否確認をする
  6. 食料と飲水を買いに行く

Sponsored Link

二次災害の防止

まずガスの元栓を閉めて、ブレーカーを落とすことを忘れないでください。

ライフライン復旧後に火災の原因となる可能性があります。

また、ガラスや塀などの割れたり崩れたりしそうなものには近づかないことを意識しましょう。

あわせて、発電機などの災害時に大活躍するアイテムを使う際は、安全性をよく確認してから使用してください。

北海道地震の際は、発電機を締め切った部屋で使用し、一酸化炭素中毒で亡くなった方がいると聞いています。

周辺の状況確認

とにかく歩き回って、周りの状況を把握しましょう。

必要であれば、人に話を聞いてみるのも良い情報収集になります。

 

  • 近くに物資を補給できる場所はあるか
  • 近くの停電している影響範囲はどの程度か
  • 近くに営業している飲食店はあるか

被害状況にもよりますが、できるだけ外を出歩いてみることをオススメします。

中に引きこもってネットで情報収集するよりも電池を使わなくて済むし、効率的に情報を収集できます。

「不要な外出」ではない外出はガンガンしましょう。

寝床の確保

自宅が利用できるのがベストですが、家が損壊したり旅行中だったりなどで拠点が確保できない場合は避難所などを活用しましょう。

または、ゲストハウスやホテルなどの宿泊施設が善意で解放されている場合もあるので、知っている場所があれば足を運んでみるのも良いかもしれません。

その他、公共の地下施設などで毛布や食料を配布している場合もありますので、とにかく寝床を確保できるまでは情報収集に努めましょう。

生活用水の確保

自宅が利用できる場合は、大きな災害が発生したことを知ったらすぐにお風呂やペットボトルなどに水を貯めましょう。

災害発生からライフラインが絶たれるまでには若干の時間差がある場合がありますので、断水するまえにとにかく水をありとあらゆるものに貯めておいてください。

メインは身体を洗ったり、トイレを流したりするために使うものと考えおいてください。

飲料水として利用するのは、別で確保するのがオススメです。

食料&飲水の確保

生きるためには水と食料が必要不可欠です。

災害発生直後は災害の影響で店自体がモノを販売できる状態ではないことが多いため、様子を見て営業を再開していそうな店舗へ足を運んでみましょう。

大行列ができている場所がほとんどかと思いますが、数時間並んででも早めに確保しておきたいところです。

そしてできる限り日持ちする食料を選んで蓄えておいてください。

 

状況にもよりますが、1週間程度の蓄えはあった方が良いでしょう。

また、この場合、電気が絶たれているとクレジットカードや電子マネーが利用できないので注意してください。

普段からある程度の現金を持ち歩くか、どこかへ一定額の現金を保管しておくことのがオススメです(ATMも使えないため)。

連絡手段の確保

停電が長引くとエリアによっては電波がなくなります。

このため、安否確認などを行えなくなる可能性があるので、家族や友人の安否確認と自身の安全の報告は早めに済ませておきましょう。

電波がなくなったら、フリーwifi「00000JAPAN」の有無を確認し、必要であれば活用してください。

ただし、フリーwifiであるためセキュリティ面の不安があります。

利用し終えたらすぐに切断することをオススメします。

また、携帯・スマホはモバイルバッテリーやノートPCの充電を使って充電を保ちながら連絡手段を確保しましょう。

各施設位置の把握

寝床が確保できても、移動する可能性を考えて、避難所・給水所・充電可能場所の位置を把握しておきましょう。

これらの情報は各市町村の公式ホームページを確認してみてください。

 

とはいえ、災害が発生するとアクセスが集中して確認がしづらくなります。

アクセスに時間がかかるので、アクセスできたらメモやスクリーンショットなどのネットを介さなくても確認できる媒体に控えておくことをオススメします。

さいごに

災害について調べると”事前の備え”ばかりが出てきますが、実際はいつ来るかも分からない災害のために備えておく人は少ないのが現状です。

でも災害発生後の対応策であれば、頭に入れておくだけでも役に立つかと思いますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

「明日は我が身」と言われてもピンと来ないかもしれませんが、「備えあれば憂いなし」です。

アイテムだけではなく、知識も備えておきましょう。

 

以上!