今すぐできる簡単節約術!我慢なしでスマートに節約する方法まとめ【随時更新】

『節約』と聞くと「やりたいことを我慢して必死に貯める」みたいなイメージがありますよね。

  • 食べたいものを我慢する(食費)
  • 暑い or 寒いのを我慢する(電気・暖房費)
  • シャワーに入るのを我慢する(水道&暖房費)
  • 行きたい場所に行くのを我慢する(交通費)

でも、実は我慢しなくても節約する方法って結構あるんです。

しっかりとした知識をつけておけば、簡単に無駄な支出を減らすことはできます。

 

そこで、今回は我慢することなく、簡単に節約できる方法についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

楽天カードでポイントを貯めて節約

「クレジットカードはお金をたくさん使っちゃいそう……」とか思っていませんか?

実はクレジットカードを利用している人の方が現金を利用している人よりも貯蓄が貯まりやすい傾向にあります。


引用元:JCB、「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018」を発表

というのも、クレジットカードは利用すればするほど、ポイントが還元されるから。

このポイントはクレジットカードの種類によってさまざまですが、個人的にポイント還元率の良さとポイントの使いやすさという点から『楽天カード』が一番オススメです。

 

楽天カードなら、毎月の合計利用金額の1%が楽天ポイントとして還元されます。

最近では楽天市場以外のリアル店舗でも楽天ポイントを利用できるお店が増えていますので、使う場所に迷うこともありません。

ちなみに僕はよくビックカメラでポイントを利用して買い物をしたりしています。

 

では具体的にどのくらい節約になるのか?

僕が楽天カードを契約したのは、2013年なので利用期間は約5年。

これまでの獲得ポイントの合計が約4万円なので、年間平均8,000円程度が還元されているということになります。

 

もしもまだ普段の支払いに現金を使っているという場合は、早めにクレジットカードに切り替えることをおすすめします。

年会費永年無料の楽天カード

詳しくはこちら!

LINEモバイルでスマホ代を今すぐ節約

携帯電話やスマホの月額料金たいして使ってないのに払いすぎていませんか?

よくわからないオプションを勝手につけられたり、たいして使わない電話を高い料金でかけ放題にしないといけなかったり……

「いや、そのサービス(機能)いらないから料金を安くしてくれよ」という切実なツッコミを入れたくなりますよね。

 

携帯電話といえば、『au・docomo・softbank』のどれかというイメージがまだまだ強いのが現状です。

でも実は他にも様々な企業がスマホサービス(SIMサービス)を提供しています。

 

これらは格安SIMと呼ばれていて、家電量販店などでも売り出されていたりします。

その中でも回線の安定性と月額料金の安さから『LINEモバイル』は圧倒的に人気です。

端末にもよりますが、今使っているスマホのまま中に入っているSIMをLINEモバイルのものに差し替えるだけですぐに利用できるという点も魅力的。

 

僕の場合は、docomoのiPhone6を利用している途中に違約金を払ってLINEモバイルに乗り換えました。

端末は元から使っていたもののまま、SIMだけを入れ替えたので、端末代はかかっていません。

 

▼docomo利用時の月額料金

▼LINEモバイル利用時の月額料金

違約金が2万円近くかかりましたが、月6,000円以上安くなるので、4ヶ月でプラスになりました。

キャリアで高額な料金を払っているのであれば、今すぐに乗り換えることをおすすめします。

LINEモバイル

詳しくはこちら!

ネット銀行に切り替えて手数料を節約

現金が必要になったときにコンビニのATMを利用する人は多いと思います。

でもその度に手数料取られるのって面白くないですよね。

 

実はコンビニからATMを利用しても手数料がかからない銀行口座があるんです。

などなど……

これらはネット銀行と呼ばれる実店舗を持たない銀行です。

ネット上の銀行なのでわざわざATMに足を運ばなくても、ネット上で口座の残高を確認したり入金したりすることが可能です。

今の給料振込先の口座をネット銀行口座に切り替えることで、もう給料日にATMの行列に並ぶ必要はありません。

 

手数料だけではなく、ATMを利用するための無駄な時間も節約できてしまうという優れものです。

詳しくはこちら!

マネーフォワードで金銭管理して節約

自分が毎月何にいくら使っているのか把握できてますか?

なんでもかんでも現金で支払いを済ませる人は、履歴がレシートや領収書しか残りませんよね。

でも、あの紙切れを全部取っておいてる人ってどのくらいいるでしょうか?

 

『マネーフォワード』というアプリを使えば、クレジットカードや銀行口座と連携することで、家計簿をつけるのが苦手な人でも自分が一体何にどのくらいお金を使っているのかを一目で把握することができます。

クレジットカードをメインで利用しているのであれば、自分で入力しなくても自動で記録を取ってくれます。

家計簿に挑戦しては失敗して……の繰り返しだった僕でも2年以上愛用している優秀なアプリです。

自分が一体何にお金を使っているのか、ぜひマネーフォワードで把握してみてください。

→iOS:家計簿マネーフォワード – Money Forward, Inc.(iOS版)

→Android:家計簿マネーフォワード – Money Forward, Inc.(Android版)

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は長い期間をかけて我慢をしなくても、すぐに節約ができてしまう方法をご紹介させていただきました。

もちろん、これらは知っているだけでは節約にはなりません。

ぜひ、この記事でご紹介したものを実際に利用してみてください。

 

この記事を読んで節約できる平均金額合計:25,800円
※各金額の端数は切り捨てています。

この記事は、随時更新していくことで多くの人が無駄な出費を省くことで豊かな生活に一歩近づくことを目的に作成しています。

ぜひSNSなどでお知り合いの方にシェアしていただければ嬉しいです。

 

以上!