SNSプロフィール写真撮影をフリーランスカメラマンに依頼するべき4つの理由

先日、SNS用のプロフィール写真を個人でカメラマンとして活動しているじょりさん(@jyorinko_ayumi)に撮影していただきました。

※ちなみにドヤ顔で自分のMacいじってるように見えますが、このMacはじょりさんの私物をお借りしました。

ビジネス活動をする上でプロフィール写真は第一印象を決める重要な要素です。

  • SNSでフォロワーを増やしたい!
  • ブログの読者を増やしたい!
  • SNSやブログから仕事のオファーがもっと欲しい!

自撮りした写真はどうしても違和感があるし、友人などの知り合いに頼んでもイマイチしっくりこない。

そんなときは、フリーランスカメラマンに依頼をしてみませんか?

というわけで、今回は実際に個人のカメラマンに撮影をしてもらって感じたメリットについて、まとめてみようと思います。

Sponsored Link

カメラマンの人物像を事前に把握できる

スタジオなどが行っている出張サービスだと、どんなカメラマンが担当するのかがよく分からない。

でもフリーランスカメラマンの場合は、SNSやブログを見れば、どんな人物なのかがすぐに分かる。

 

安心して任せられる人物なのかどうかをしっかりと事前に確認できるので、撮影当日の不安は大きく軽減されるでしょう。

 

特に人見知りの方はフリーランスカメラマンの人物像をしっかり確認して、「会ってみたい!」「この人に撮ってほしい!」と思えるような人物かどうかを判断してみてください。

カメラマンの実績が明確に分かる

フリーランスカメラマンの場合、Instagramを利用していることが多いです。

なので、カメラマンのInstagramを確認することで、どういったテイストの写真を撮る人なのかが分かります。

 

また、今までどういった場所でどのような相手に対して撮影を行ってきたのかという実績がブログなどに掲載されている可能性が高いです。

その場合は、カメラマンの実力を前もって明確に把握することができるというわけ。

 

自分の中の「こういう写真を撮ってほしい」というイメージとカメラマンの写真テイストが一致しているかを確認しておきましょう。

写真データをすばやく確保できる

これはカメラマンによるとは思いますが、じょりさんの場合はレタッチ込みで当日に納品してくれました。

企業単位でサービス提供しているところと比較すると、レタッチ込みで当日納品は考えられないスピードです。

 

スタジオのカメラマンと違い、様々なイベント撮影や取材撮影などの経験を積んでいるフリーランスカメラマンだからこそのスピード感といえるでしょう。

 

すぐにデータが欲しいという場合は、スタジオに依頼するよりも、じょりさんのような優秀なフリーランスカメラマンを探してみることをオススメします。

フリーランス同士のつながりが生まれる

あなたがフリーランスとして活動しているのであれば、スタジオのカメラマンに仕事の話を聞くよりも、フリーランスカメラマンに活動の話を聞いたほうが得られるものは圧倒的に多いはずです。

 

外での撮影の場合、撮影場所への移動などがあるので、その間に結構話せたりします。

身近にフリーランスがいない場合は実際に活躍しているフリーランスの方と話せるという機会は本当に貴重です。

 

特に今回は複数人での撮影という特殊な状況だったので、カメラマンであるじょりさんだけではなく、被写体として参加していた方々ともたくさんお話させてもらうことができました。

“つながり”のキッカケ作りができるというのは、大きなメリットですね。

さいごに

スマホが普及したおかげで、多くの人がいつでもどこでも写真が撮れるようになりました。

でも、人の表情を引き出すスキルや知識、人柄などをあわせもったカメラマンの存在はまだまだ大きい。

僕自身、自分でも見たことのないような表情の写真を見て「あ、俺ってこんな顔するんだ」と驚かされました。

 

プロフィール写真で与える印象はごちゃごちゃ書かれたプロフィール文よりも情報量が多いです。

新しいことを始めるとき、心機一転したいとき、さらに加速したいとき。

プロフィール写真を変えて、スタートしてみてはいかがでしょうか?

 

 

以上!


Sponsored Link