結婚したくない男性の悩みを解決する7つのレッスン

「早く結婚したい!」と焦っている女性にプレッシャーを感じていませんか?

「早く結婚させてあげたい。でも……」

 

あなたはどうですか? 結婚したい? したくない?

 

この記事では、結婚にプレッシャーを感じている男性のために、様々な人の結婚に対する考え方をまとめてみました。

Sponsored Link

そもそも人はなぜ結婚するのか?

結婚が昔は政治的なものとして利用されていたということは多くの人が知っている事実です。

でも現代においては、家と家の関係を築くことにメリットはほとんどない。

むしろ面倒な人間関係が増えるという点ではデメリットしかない。

それにもかかわらず、なぜいまだに結婚という文化が残っているのか?

 

理由については、様々なものが考えられます。

  • 「昔からそうしてきたから」という共通認識が個人個人に根付いているから?
  • 国が「結婚して子供を作るのが正しい」と思い込ませることによって国民を日本に縛り付けるため?
  • 子供を守るために育てる人間に対して法的に責任を負わせるため?

 

どちらにせよ、結婚をする人の多くは「結婚しなければならない」という義務感のようなものに縛られている人が圧倒的に多い。

しかし、現代において”結婚”という制度に対して違和感を覚えている人は少なくはないでしょう。

 

僕たちは結婚という概念について、一度改めて考えてみる必要があるのではないでしょうか?

Lesson1 結婚の意味を考えてみよう!

結婚したがる女性が多い理由とは?

男性と比較しても、結婚に対して妙に情熱を燃やしているのは圧倒的に女性が多いという印象がありますよね。

結婚に対する多様性がうたわれている昨今においても、やはり女性には理屈では割り切れない部分があるのかもしれません。

Lesson2 女性側の気持ちを理解しよう!

 

とにかく女性は男性よりも大きな社会的プレッシャーを抱えています。

周りが結婚していく。年齢を重ねるごとに「まだ結婚しないの?」という質問をされ、挙句の果てに独身のままでいると「あの女はなにか問題を抱えているに違いない」と影で言われるようになる。

 

でも、女性が結婚を望んでも、男性としては”結婚”というものに対してメリットを感じづらいところはありますよね。

 

では、逆に女性は結婚に対してどのようなメリットを感じているのでしょうか?

Lesson3 女性の考える結婚のメリットを知ろう!

結婚したくない男性の考えとは?

女性に対して「結婚したくない」というと「チャラい」「まだ遊び足りないの?」みたいに言われますが、べつに男性は遊び足りないから結婚したくないわけではありません(そういう人もいるとは思いますが)。

 

「一緒にいたいなら、べつに結婚しなくても単純に一緒にいればよくない?」

ぶっちゃけ、これに尽きます。

 

結婚はただの事務的な手続きでしかありません。

これは個人的な意見ですが、「結婚したい!」っていってるのは「確定申告したい!」と言っているようなもの。

まったく意味がわからないですよね。

つまり、男性側としては「は? 勝手にしてくればいいじゃん……」ってなるわけ。

 

逆に言えば、相手にかかわらず結婚をしたがるということは、パートナーのことを信頼していない可能性が大きいです。

実際にパートナーと結婚という形を取らずに関係を築いている人の考えを覗いてみましょう。

Lesson4 『結婚しない』という生活を知ろう!

 

結婚しないという道を選ぶ人は年々増えているようですね。

著名ブロガーのはあちゅうさんが事実婚を発表したことも大きな反響を呼んでいます。

また、結婚にかかわらず、男女関係における今までの”常識”に疑問を持つ人も最近ではチラホラみかけるようになりました。

Lesson5 『付き合う』ことをやめた人の考え方を知ろう!

男女が良好な関係を築く方法とは?

結婚しなければ関係を維持できないのであれば、それはもはや信頼関係もクソもない状態です。

どんなに親密な関係になったとしても他人は他人。

『親しき仲にも礼儀あり』です。

相手を尊敬し合うことができる関係を築いてこそ、良好な人間関係といえるでしょう。

 

男女関係が崩壊する大きな要因のひとつとしては、どちらかがどちらかに依存しているということ。

相手が他人であるという認識を忘れ、まるで自分の所有物かのように扱い始めたら、その関係の終わりの始まりです。

Lesson6 人間関係における必須要素をマンガで学ぼう!

まとめ

結婚は恋愛の延長線上にはありません。

結婚はカップルの上位互換ではなく、『生き方』の選択肢のひとつです。

同時に必ずしも固執するべきものでもない。

 

1人で気ままに生きていきたいのか、2人で支え合いながら生きていきたいのか?

それを決断するのはあなた自身。

2人で生きていくという生き方を選んだあとに、社会的に結婚という制度を利用するのか否かは2人で話し合って決めればいいんじゃないでしょうか。

 

以上!


Sponsored Link