PASMOオートチャージにおすすめしたい唯一のクレジットカードとは

地下鉄やバスに乗るたびに券売機の前に列を作って並んだり、小銭を用意したりするのって面倒!

そう思ってせっかくPASMOを作ったのに、残高を気にしながら使わないといけなかったり、結局チャージするために券売機に並んだりしていませんか?

そんなスマートじゃない生活にサヨナラするためには、オートチャージサービスを利用しましょう。

 

オートチャージにすれば、クレジットカードから決まった金額が自動的にチャージされるので、券売機に並ぶ必要がありません。

しかも、クレジットカードなので、自分がいくら交通費を使っているのかが一目瞭然。

 

クレジットカードによっては、交通費を大幅に浮かせることも可能です。

では、パスモでオートチャージを利用するには、どのクレジットカードが一番最適なのでしょうか?

Sponsored Link

PASMOオートチャージ対応のクレジットカードの選び方

JR東日本が発行しているSUICA(スイカ)とは違い、PASMO(パスモ)は東京メトロを中心とした私鉄が発行しているICカードです。

そういった特徴から、PASMOのオートチャージに対応したクレジットカードは、私鉄を利用する際に大きな特典を得られるものが多いです。

 

ただし、対応クレジットカードが11種類しかない。

そして年会費が掛かるカードが非常に多い。

 

つまり、

年会費のかからないクレジットカードにするか?

特典で受けられる恩恵が年会費を上回るものにするか?

という基準で選ぶのが賢いということです。

 

これはクレジットカードすべてに言えることですが、特典が多い割には使いどころがよく分からなくて結局恩恵を活かしきれないものがほとんど……

 

それでは意味がありません。

なので、今回僕がオススメするものは、地下鉄とバスへの乗車のみで年会費を上回る特典を得ることができるであろうカードだけです。

 

ぶっちゃけ、パスモのために作ったクレジットカードをショッピングで使うなんてナンセンスですからね。

乗り物用は乗り物用としてだけ使うことをオススメします。

 

普段使いにオススメなカードはこちらで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

PASMOオートチャージ対応のクレジットカード一覧

オートチャージ対象クレジットカードは以下のとおりです。

カード名 年会費 乗車ポイント ポイントでPASMOチャージ
パスタウンカード 1,250円+税 × ×
OPクレジット 初年度無料
次年度以降500円+税
※年1回の利用で無料
× ×
京王パスポートカード 初年度無料
次年度以降239円+税
※年1回以上のPASMOオートチャージで無料
京王交通機関のみ
電車・バス / 電車・タクシーの同日利用で1日20KEIO POINT
×
京急プレミアポイント 無料 × ×
京成カード 初年度無料
次年度以降1,250円+税
※年1回の利用で無料
× ×
SEIBU PRINCE CLUBカード 無料 × ×
相鉄カード 無料 × ×
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO 初年度無料
次年度以降1,000円+税
東急線・東急バスのみ
1日10ポイントTOKYUポイント
東武カード 無料 × ×
To Me CARD Prime 初年度無料
次年度以降2,000円+税
※50万円(税込)以上の利用で無料
東京メトロ線のみ
1乗車につき平日10・休日20メトロポイント
※定期区間は対象外
横浜交通hama-eco card 初年度無料
1,250円+税
※定期購入で無料
× ×

 

断言しますが、PASMOにオートチャージが可能でかつ、乗車ポイントだけで年会費を上回る恩恵を受けることができるであろうカードはこの中でひとつしかありません。

 

ポイントの使い方が明確で分かりやすいものであるという点でも飛び抜けている唯一のカード……

それが、『To Me CARD Prime』です。

東京メトロを利用するなら『To Me CARD Prime(PASMO一体型)』一択

正直、東京で地下鉄を利用するならこちらのカードが断然おすすめです。

というのも、To Me CARD Primeは乗車するだけで貯まるポイント還元率が他のカードと比較しても圧倒的に高いから。

参考:To Me CARD Prime

このカードを使って東京メトロ線を利用すると、1乗車につき平日は10、休日は20ポイントというメトロポイントが手に入ります。

このメトロポイントは、10ポイントにつき10円分をPASMOにチャージ可能。

 

To Me CARD Primeの最大の強みはこの1日の上限なく1乗車につきポイントがたまるというところ。

他カードにも乗車ポイントがつくものはありますが、1日の上限が決まっているものばかりです。

それと比較してもこのカードが圧倒的にコスパが良いことは明確です。

 

つまり、年会費の2,000円分を上回るためには、年間で土日祝日に50回だけ東京メトロ線で出掛けて帰ってくるだけでOK。

定期利用区間はポイント対象外です

もちろん、平日にも1乗車に10ポイントたまるので、出勤時に利用しているのであれば、100回出勤して帰ってくれば、あとの分はプラスになるというわけ。

 

また、通常のクレジットカードとしてのポイントもたまるので、オートチャージ1,000円につきOki Dokiポイントが1ポイントたまります。

Oki Dokiポイントは200ポイントでメトロポイント1,000ポイントと交換できます

 

具体的な利用例が公式サイトで紹介されているので、見てみるとイメージが湧きやすくなるかもしれません。

引用元:To Me CARD Prime

 

東京メトロを利用しているのに、このカードを持っていないなんて大損しているのと変わりません。

まだ持っていない場合は早めに作っておくことをオススメします。

To Me CARD Prime

東京メトロを利用しないなら『ビュー・スイカカード』がおすすめ

正直、To Me CARD Primeの恩恵を受けられないのであれば、わざわざPASMOを利用するメリットがほとんどありません。

そういった場合は、圧倒的にSUICAへのオートチャージに対応したもののほうがお得なクレジットカードが多いです。

 

その中でもオススメなのが、ビュー・スイカカードです。

 

ビュー・スイカカードは、SUICAへの1,000円のオートチャージで15JRE POINTがたまります。

また、利用代金明細書を郵送からWebにするだけで、年間最大600ポイントがもらえるので、ほっといても年会費477円を上回る恩恵を受けられます。

 

この還元率のクレジットカードはPASMO対応のものには残念ながら、ありません。

今までPASMOをなんとなく使っていたという場合は、SUICAへの切り替えも検討してみてはいかがでしょうか?

ビュー・スイカカード

まとめ

交通機関を利用するときに不安なくスマートに乗車したいなら、今すぐオートチャージ機能付きのクレジットカードを利用しましょう。

残高を気にしながら、改札を通るストレスとはおさらばです。

 

それだけではなく、今回紹介したクレジットカードを利用すれば、交通費を浮かせることができるはずなので、ぜひ利用してみてください。

この記事を読んで、あなたのPASMOライフがより快適なものになってくれたら嬉しいです。

 

以上!


Sponsored Link