仮想通貨関連でよく出てくる専門用語まとめ

「仮想通貨はじめたい! でもなんだか難しそうな言葉がいっぱい……」

そんなあなたに朗報です!

 

仮想通貨の情報収集をする中でよく出てくる専門用語についてまとめてみました!

 

このまとめ記事でインプットを加速させてください。

 

Sponsored Link

草コインとは

 

ビットコイン以外の仮想通貨のことを”アルトコイン”って呼びます。

草コインっていうのは、基本的にアルトコインのことです。

呼び方が違うってだけですね。

 

そして、草コインはアルトコインの中でも価値が低いものを指して呼ばれることが多い印象です。

1円未満のものとか。

まさにそこらへんに生えてる草みたいな価値しかないってこと。

 

既に有名になっている1万円の銘柄が100万円になるのは大変そうですよね。

でも、0.01円の無名のコインが有名になってきたら、簡単に1円になりそうじゃないですか?

 

そういった意味で、草コインに夢を見る人は多いんです。

 

ICOとは

ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング)は、新たに仮想通貨を公開するという意味で使われます。

ちなみに、株式を新たに公開することをIPO(Initial Public Offering)っていいます。

 

つまり、仮想通貨を使った企業の資金調達ってことですね。

株式との違いは、企業側は証券会社に協力してもらう必要がないという点。

 

「仮想通貨作ったよー! 買ってねー!」

「これからどんどん価値あがってくよー! いまのうちに買っとくとお得だよー!」

みたいな?

 

投資家側の人間たちは、公開された仮想通貨を購入することで、仮想通貨の価値が上がったときに利益を得ることができますよね。

でも逆に、仮想通貨の価値が上がらなければ、損をすることになります。

だからこそ、投資側は完全に自己責任です。

 

ICOで発行された仮想通貨は、コインではなくトークンと呼ばれることがありますが、呼び名が違うだけで特に仮想通貨との違いはありません。

 

こういった特性上、ICOは”投資”と”応援”が混ざったような状態ともいえます。

 

企業版のクラウドファンディングみたいなものだと考えると分かりやすいんじゃないでしょうか。

 

マイニングとは

マイニングっていうのは、日本語訳すると「採掘」です。

その名の通り、仮想通貨を採掘するってことですね。

 

採掘とはいっても、実際にツルハシ持って掘るわけじゃないってのは分かると思います。

仮想通貨でいう採掘っていうのは、つまるところ新規通貨発行のことです。

 

その新規に発行するためには条件が設定されています。

それが、以下の作業のお手伝いです。

ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。

その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

引用元:bitflyer | ビットコインを生み出す採掘(マイニング)

 

なにいってんのかわかんねーな。

って思ったと思います。

 

簡単にいうと、仮想通貨の安全性を保つためにはとにかく大量のコンピューターの力が必要ってことです。

そこで、仮想通貨の発行者たちは協力者を募集しているんですよ。

 

協力者たちは自分の自宅のPCを使って、追記作業のお手伝いをするってわけです。

そのお手伝いの報酬として、新規に発行した仮想通貨がもらえるということ。

 

だから高性能なPCを持っている人は、マイニングに参加して稼ぐことができます。

 

とはいえ、ビットコインなどの高価な通貨はマイニングの競争率も上がってるみたいです。

マイニングに参加した人全員に報酬が当たるわけではないので、報酬の奪い合いになってるらしい。

 

そういった状態にならないために、新たなマイニング方法を採用している仮想通貨もあるみたいですね。

例でいうと、通貨を持っているだけでマイニングができるPoSマイニングというものとか。

 

これから、スマホでできるマイニングってのも普及しそうですね。

マイニングのしくみはまさに「みんなで仮想通貨を支えている」という状態を如実に表しているんじゃないでしょうか。

 

あと、これは余談ですが、このマイニングという言葉を使った社畜への皮肉として「JPYマイニング」なんてことを言ってる人もいます。

 

JPY=日本円。

つまり、せかせか働いて日本円を採掘している人たちへ「JPYマイニングお疲れ様」とかいうわけですね。

 

なかなか面白いですよね。

 

スマートコントラクトとは

一言でいうと、契約の自動化です。

 

コンビニでジュースを買うときには、店員さんのところにジュースを持っていって、お金を払って、そのお金が正しい金額かを判断してもらう必要がありますよね。

そして偽物じゃない、かつ金額が合っていれば、ジュースの購入が成立ということになります。

 

これを自動化したのが、自動販売機です。

つまり、スマートコントラクトのしくみは自動販売機を連想するのが手っ取り早いと思います。

 

お金を入れて、欲しいジュースの前にあるボタンを押すと、ジュースが出てくる。

第三者が介入しない状態で契約が成立する。

これがスマートコントラクト。

 

この言葉が仮想通貨の話題の中で出てくるのは、スマートコントラクトの技術を組み込んだ仮想通貨があるから。

代表格としてはイーサリアムという仮想通貨ですね。

 

まだまだ研究段階であり、具体的にどのように活用していくかはわかりませんが、多くの可能性を秘めていると言えるでしょう。

実際、トヨタやKDDIなどの企業がイーサリアム技術を使ったサービスの研究を行っているという情報もあります。

 

支払いだけではなく、人間を介さない”契約”を可能にできるということです。

こういった多くの可能性を秘めた技術であることから、スマートコントラクトの技術は注目を集めています。

 

ファンダメンタルズとは

現状、仮想通貨の値動きはめちゃくちゃ激しいです。

FXなどの取引では、テクニックを使った取引が有効ですが、現在の仮想通貨の状況ではテクニックはほぼ無意味です。

ファンダメンタルズとは、国や企業などの経済状態などを表す指標のことで、「経済の基礎的条件」と訳されます。 国や地域の場合、経済成長率、物価上昇率、財政収支などがこれに当たり、企業の場合は、売上高や利益といった業績や資産、負債などの財務状況が挙げられます。

SMBC日興証券 | ファンダメンタルズ 初めてでもわかりやすい用語集

 

FXではファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という言葉がよく出てくるみたいですね。

ぼくはFXには手を出してないので、よく知りませんが……

 

仮想通貨でファンダメンタルズという言葉がよく出てくるのは、前述した通り、ファンダメンタルズ分析に頼る他ないからです。

つまり、チャートの動きを分析するよりも、仮想通貨を発行している企業について分析するほうが有効であるってことですね。

 

仮想通貨を購入する際には、発行している企業や、仮想通貨自体の特性をがっつりとリサーチすることが重要です。

 

クリプトとは

クリプト(Crypto)とは、日本語訳で”暗号”という意味です。

仮想通貨という言葉が普及していますが、仮想通貨=暗号通貨とも呼ばれます。

 

通貨は英語でカレンシー(currency)なので、暗号通貨はクリプトカレンシーってことですね。

ちなみに、暗号通貨の逆、つまりぼくたちがよく使っている硬貨や紙の法定通貨のことをフィアットといいます。

 

まぁこの言葉が出てくるのは、意識高い系って感じですね。

これは専門用語というより、ただの英語です。

 

まとめ

「いやー、ファンダメンタルズ的に良いかなーと思って、ICOに手出しちゃったよー」

「えー? どうせ草コインで終わるでしょ?」

「スマートコントラクト基盤のクリプトだからさぁー、いけんじゃね?」

「俺は大人しくJPYマイニングっとー」

みたいな?

(正直使い方あってるのかよくわかってない)

 

なかなか勉強することが多い仮想通貨ですが、国単位での規制も激しくなってきて、今後どうなっていくのか正直まったく分かりません。

でも、仮想通貨という概念と技術が消えてなくなることはないでしょう。

 

1回冬眠しそうな気がしないでもないですが、長い目で見守るのが◎かと思ってます。

 

仮想通貨の準備はこちらから!
  • bitFlyer・・・国内最大の取引所。ビットコインを買うならこちらがオススメ。
  • Zaif・・・取引手数料がマイナスになる取引所。ZaifにあるコインはZaifで買うのがオススメ。
  • SpectroCoin・・・2月末までのICOトークンBNK(バンクエラ)の購入が行える販売所。

 

とにもかくにも、”投資”と”お金”という概念について再認識させてくれた仮想通貨には感謝しなければいけませんね。

仮想通貨が冬眠したとしても、この日本に広がった”投資”という概念はまた別に形で昇華されていくんじゃないかなーと。

 

なので、こういった専門知識は付けておいて損はないと思います。

新しいものが出てきたら、ガンガン勉強して自分の糧にしていきましょう。

 

以上!


Sponsored Link