SEO対策とは?初心者でもできる検索エンジン最適化の方法と本質的な考え方

どうも、SEO対策大好き人間のアオ(@sh0g0_a0ki)です。

どんな良質な記事を書いても、読んでもらわなくては何の意味もありません。

これはブログだけではなく、企業のサイトなどインターネット上にある全ての情報に言えることです。

 

今回は、自分の書いた文章や作ったページを多くの人に見てもらうために必要な要素のひとつであるSEOという概念について解説していきます。

 

Sponsored Link

SEOとは

自分の記事を多くの人に読んでもらうためには、Googleなどの検索エンジンからの流入が不可欠です。

 

あなたはこの記事にたどり着くために、検索エンジンで検索をするか、SNSでリンクをクリックするかのどちらかの行動をしたはずです。

 

しかし、SNSは一時的な流入しか得ることはできません。

長い目で見ると、検索エンジンの流入がメインになることが多いでしょう。

 

とはいえ、ほとんどの人は何かを知ろうと思ってググる(検索する)とき、1ページ目に表示されている記事しかクリックしません。

 

つまり、検索エンジンからの流入を得たいのであれば、検索結果の1ページ目、そしてその中でも出来る限り上に表示されるようにする必要があるわけです。

 

検索上位に記事を表示させるために対策を行うことをSEO(Search Engine Optimization)と呼びます。

また、日本語では検索エンジン最適化と呼ばれています。

 

検索エンジンで上位表示させるためには

SEO対策を行うためのテクニックやツールには様々なものがありますが、僕はそういった小手先のノウハウは必要最小限で良いと思っています。

 

これは、Googleの上位表示基準のロジックは刻一刻と変化していくためです。

 

はっきり言って、「こうすれば絶対に上位に表示できる!」という方法はありません。

 

もしあったとしても、それはその時だけのものであり、普遍的なものではないでしょう。

 

これらの理由から、僕がSEOを意識して記事を書く際にやっていることをご紹介します。

 

キーワードを選定する

検索をするためには、キーワードを入力する必要がありますよね。

 

自分の記事をどういったキーワードで検索してもらうのかを事前に決めておく必要があります。

 

例えば、この記事の場合は「初心者 SEO 考え方」というキーワードを狙って書いています。

 

このキーワードを決める手順は色々ありますが、僕の場合は以下のような考え方をしています。

  1. ペルソナを設定する
  2. ペルソナが知りたいと思っていそうなことを書き出す
  3. 書き出した中から何についての記事を書くのかを決める
  4. ペルソナがそのことを調べるために検索するであろうキーワードを考える
  5. キーワードの候補の中で検索ボリュームと競合性のバランスが良いものを見つける
合わせて読みたい!

 

キーワードは自分が何を書きたいのかではなく、読者が何を知りたいのかを考えて決めるようにしましょう。

あくまで検索する側の気持ちになることが重要です。

 

何を知りたいと思って検索しているのかを考えて記事を作成しなければ、キーワードの本質から離れた内容になってしまう可能性があります。

 

この記事は、「SEOという言葉は聞いたことがあるけど、どういったものなのかは分からない。でも重要なノウハウらしいから知っておきたい」という気持ちを持ったブログ初心者を想定した内容にしています。

 

つまり、この記事は、他の誰かの記事から「SEO」というワードを見た人を対象としているわけです。

 

このキーワードを調べるということは、「記事を書くことで集客したい」という気持ちを持っている可能性が高い。

なので、今回の内容には、SEOという概念についてだけではなく、実践的な考え方についても触れています。

 

このように、読者目線になって、記事に盛り込む要素を考えていく必要があります。

 

そして、さらにここでもうひとつ注意したいことがあります。

それが検索ボリュームと競合性です。

 

例えば、「SEO 方法」と「SEO対策 方法」では、意味合いは同じでもキーワードが違います。

 

Google AdWords キーワードプランナーを使うことで月にどのくらい検索されているのか、そして競合性の度合いはどの程度なのかを調べることができます。

 

しっかりと読者目線になることができれば、こういったツールを使う必要はなくなってくるかと思いますが、慣れるまではこういったツールをどんどん活用してみましょう。

 

キーワードプランナーの具体的な使用方法については、以下の記事に丁寧にまとめられていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

合わせて読みたい!

 

構成要素をパクる

小手先のテクニックを覚えなくても、SEO上位を簡単に狙える普遍的なテクニックがあります。

それが、検索上位の記事を真似するというスキルです。

 

もちろん、文章をそのままコピーしたり、あからさまに同じ内容の記事を作成するという意味ではありません。

 

あくまでも、要素を取り入れるという意味です。

 

検索上位にあるということは、それだけそのキーワードで検索するユーザーが知りたいと思っていることが書かれているということです。

 

例えば、「ブログ 稼ぐ」という記事を書こうとするならば、まず自分でこのキーワードをググってみれば良いんです。

 

そして一番上に表示された記事を熟読し、どのような内容が書かれているのかを把握しましょう。

  • アドセンス広告のしくみ
  • アフィリエイトのしくみ
  • アクセスアップの方法
  • アドセンス審査に合格するために必要なこと
  • ワードプレスでブログを作成する方法

 

上位表示の記事に上記のような要素が含まれていた場合、これらを含めた内容の記事を自分なりにより分かりやすく執筆すれば良いということです。

 

あわせて、必要な要素を追加したり、不要な要素を削除したりして自分だけのオリジナル記事を作っていきましょう。

 

分かりやすさを意識する

SEOを意識するあまり、キーワードを含んだだけの機械的な記事になってしまっては、読み手側が疲れてしまいます。

 

読者がスラスラと読めてしまう分かりやすい記事こそ、Googleに良質だと判断されやすくなります。

 

無駄な情報は省き、できる限り簡潔な記事にするように心がけましょう。

 

また、テキストだけではなく、画像や動画、音声などを活用して、読者が求めている情報をより簡単に理解できるように努めましょう。

ジャンルにもよりますが、僕は図などの画像をよく使うようにしています。

 

最近では、動画付きの記事の評価が高い傾向にあるので、GoogleのサービスのひとつであるYoutubeに動画を投稿して、埋め込みを掲載するのが効果的かと思います。

 

動画を埋め込んだ記事の一例がこちら!

 

検索する側の気持ちを知るためには

SEOの本質は、読者目線になるということです。

 

Googleの評価基準はコロコロ変わりますが、それはこの読者目線になるということへの正確性を向上させようとしているからです。

 

SEOのロジックを意識しただけの低質な記事を上位表示させず、本当の意味で読者に優しい記事が上位に表示されるようにGoogleはロジックを模索しているのだと僕は考えています。

 

つまり、小手先のテクニックなど使わなくても、読者目線になってしっかりとした内容の記事を作成していれば自然と上位に表示されるようになるわけです。

 

もちろん強敵揃いのキーワードであれば、上位に表示されている記事よりも良質な記事を書く必要が出てきますが、やることは同じです。

 

誰よりもそのキーワードの中で読者に優しい記事を書けば良いということです。

例えば、僕は「将来性 仕事」というキーワードで検索上位を維持している記事があります。

 

まずはこのキーワードで検索している人はどういった人物であるのか、どういった悩みを抱えているのかを考えるわけです。

将来性を考えているわけだから、20代前半から30代前半。

学生または転職を考えているサラリーマン、もしくはフリーターなどが多いでしょう。

 

彼らは安定を求めています。

彼らがそれを手に入れるために必要な情報は一体なんだろうか?

 

現状の仕事の状況、時代の流れ、将来性のある仕事のジャンル、それらの仕事に従事するために必要なスキルやノウハウなどなど。

 

このように、検索キーワードを検索する人間について分析し、その人物の代わりにあなたが考えてみてください。

SEOとは言わば、人の代わりに考えるということです。

思考の代行サービスとでもとらえてみてください。

 

あなたが代わりに考えれば考えるほど、自分で考える手間が省けた人たちがあなたを評価してくれることになるでしょう。

 

さいごに

SEO対策には様々なテクニックや知識があります。

しかし、それらのほとんどは付け焼刃に過ぎません。

 

キーワードは記事中に何パーセント含まれているかとか、キーワードが左上にあるようになっているかとか、関連キーワードが散りばめられているかとか。

 

そんなことを気にする余裕があるなら、読者のことをもっと考えるようにしましょう。

それが検索エンジンに評価されるための一番の近道です。

 

そして、自信のある記事が書けたなら、気長に待ってみましょう。

 

僕が現在上位表示されている記事は、執筆当初はほとんど誰にも読まれていない状態でしたが、数ヶ月経ってからいきなり読まれるようになりました。

 

焦りは禁物です。

 

本当に良質な記事であれば、必ず評価されます。

ひとつの記事にこだわらず、自信を持って良記事をどんどん執筆していってください。

僕もあなたに負けないように頑張りますので、一緒に頑張りましょう。

 

この記事があなたの道を照らす星になりますように。


Sponsored Link

▽▼▽この記事をシェアする▽▼▽