【完全マニュアル】Googleアドセンスのしくみと審査から広告設置までの全手順まとめ

どうも、アドセンス大好き人間のアオ(@sh0g0_a0ki)です。

ブログやサイト運営をしようと思ったら必ず耳にするこの「アドセンス」という言葉。

今回は、このAdsense広告について、詳しく解説していきます。

 

少し長くなりますが、頑張って付いてきてくださいね。

 

Sponsored Link

Googleアドセンスとは

成果報酬型広告であるアフィリエイトに対して、グーグルアドセンスはクリック報酬型広告と呼ばれています。

その名の通り、自分のウェブサイトに広告を貼り、その広告がクリックされれば報酬が発生するというしくみです。

 

また、アフィリエイトとは違い、広告はその記事の内容を自動でGoogleが判断して表示されるため、自分で広告を選ぶ必要はありません。

つまり、記事の内容によって広告が変わるため、記事のジャンルによってはクリック単価も変動します。

 

そして、アドセンスはクリックされなくても報酬が発生するインプレッション収益(RPM)というものがあります。

これにより、見られれば見られるほど収益が増えるというわけです。

オンライン コンテンツの横にターゲット広告を表示して簡単に収益を得ることができる無料ソリューションです。関連性が高く魅力的な広告をサイト訪問者に表示できるほか、ウェブサイトに合わせて広告のデザインをカスタマイズすることも可能です。

引用元:AdSense の仕組み | AdSense ヘルプ

PV数が多いサイト運営者であれば、このアドセンスのみで月収で数十万円を超えています。

 

これだけ魅力的なGoogle AdSenseですが、誰でも利用できるというわけではありません。

Googleの審査に合格した一定の基準を満たしているサイトのみが広告を掲載することができます。

とはいえ、逆にいえば基準を満たしていればどんな人でも利用することができるわけです。

 

ということで、審査に合格するために必要な手順について解説していきます。

 

審査までに必要な準備

先に言っておきますが、Google AdSenseの審査基準は明確とはなっておらず、時期によって基準は変化していきます。

ただ言えるのは、Googleが広告を掲載して欲しいようなサイトを作ることができれば確実に合格することができます。

「こうやれば合格する」というような詳細を書いている記事はググればたくさん出てくると思いますが、焦らずに良質なサイトを構築することを意識してください。

 

これを前提として、僕が合格までにやったことを書いていきます。

 

コンテンツの充足化

Googleの気持ちになって考えてみると、誰にも広告を見られなさそうなコンテンツが不十分なサイトに広告掲載をされても嬉しくありませんよね。

アドセンスの審査には一定以上のコンテンツ量(記事数)が必要です。

僕が合格したときは、1記事3000文字以上のコンテンツが20記事ある状態でした。

 

当時、30記事は書かないと受からないと言われていたのですが、思い切って申請してみたらあっさりと合格しました。

なので、まずは1000文字以上の記事を20記事程度書くことを目標とすると良いかと思います。

 

ただし、ここで注意したいのが、AdSense プログラムポリシーに違反していないジャンルの記事のみで構成されているかという点です。

以下のような内容の記事があると審査に受からない可能性があるので気をつけましょう。

  • ポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツ
  • 暴力的なコンテンツ
  • 自分自身または他者を脅したり、危害を加えるよう促したりしているコンテンツ
  • 個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ
  • 人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて、個人または集団の排斥を促し、差別を助長し、誹謗しているコンテンツ
  • 過度に下品な言葉使い
  • ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
  • 望ましくないソフトウェアのポリシーに違反するソフトウェアや他のコンテンツ
  • 不正なソフトウェアやアドウェア
  • 違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ
  • 絶滅危惧種から作られた製品を宣伝、販売、広告するコンテンツ
  • ビールやアルコール度の高い酒類の販売
  • タバコやタバコ関連商品の販売
  • 処方箋医薬品の販売
  • 武器および兵器や弾薬(銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど)の販売
  • 授業や講義の課題や提出物の販売、配布
  • ユーザーに報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、複数ウェブサイトの閲覧、メールの閲覧を促すプログラムに関するコンテンツ
  • その他の違法なコンテンツ、不正行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

引用元:AdSense プログラム ポリシー コンテンツ ガイドライン

 

また、プログラムポリシーに違反していなかったとしても、コンテンツの内容があまりにも薄すぎると、不合格になる可能性があります。

全く有益性が感じられない個人の日記などでは受からないと思ってください。

ある程度テーマを決めて、誰かの役に立つコンテンツを充実させることを意識しましょう。

 

サイトマップを作成する

サイトマップと呼ばれるサイト全体のまとめページを作成しておくことで、サイトが整備されていると判断されやすくなります。

まずは具体例として、当ブログのサイトマップを参考にしてみてください。

 

PS Auto Sitemapというプラグインをインストールすることで、サイトマップを簡単に作成することができます。

作成方法については、以下のバズ部さんの記事を参考にしてみてください。

 

 

合わせて読みたい!

 

サイトマップのページができたら、フッターまたはヘッダー周辺にリンクを設置しておきましょう。

ちなみに僕の場合はフッターのみに設置しています。

 

プログラムポリシーを設置する

しっかりとプログラムポリシーを設置しているサイトは評価されやすくなります。

広告配信には、読者のブラウザにあるCookieと呼ばれるデータを利用することがあります。

そのため、読者に対して「一部のデータは使ってるけど個人情報を抜き取ったりしているわけじゃないから安心してね」と事前に伝えておいた方が読者に安心してサイトを利用してもらうことができます。

 

また、お問い合わせフォームを設置していたり、会員制サイトとして運用している場合、ユーザーに情報を入力してもらう機会があるかと思います。

その際に、「登録してもらった情報は絶対目的以外では使わない」と約束しておくことも必要です。

 

そういった、サイト内での約束事と注意点についてまとめた文章を作成し、ひとつのページにまとめたものがプログラムポリシーです。

書き方は人それぞれだと思いますが、念のため、僕の書いたGuiding Starのプログラムポリシーのコピーを許可しておきました。

以下から編集前提のテンプレートとして利用してください。

 

約束

「Guiding Stars」とサイト名が記載されている箇所(2箇所あります)は自分のサイト名に必ず変更してください。

また、あくまでこのままは利用せず、編集前提のテンプレートとして利用してください。

利用した際、できればLINE@などから「テンプレ活用したよ!」という旨とURLを送ってくれたら嬉しいです(必須ではありません)。

 

広告配信の申請方法

まずは下記のリンクからグーグルアドセンスのトップページを確認してみましょう。

Google AdSense

確認ができたら、「お申し込みはこちら」と書かれている緑のボタンをクリックしましょう。

 

アドセンスの申請をするアカウントを選択します。

この際、ログインしていないアカウントは表示されないので注意してください。

 

アカウントを選択したら、アドセンスを利用したいサイトのURLを入力しましょう。

 

次に、アドセンスの情報をメールで受け取るか受け取らないかを選択します。

有益な情報もあるかと思いますが、特に必須ではありません。

必要に応じてチェックをつけてください。

 

利用規約を熟読し、「はい、利用規約を確認し、内容に同意します。」にチェックを付け、「アカウントを作成」をクリックしましょう。

 

アドセンスにログインすると、次のような画面になりますので、読み進めましょう。

 

ここからは自身の情報について入力していきます。

広告収入が一定を超えたタイミングで、アドセンスから郵送で受け取る必要のある書類がありますので、正確に入力してください。

 

入力が終わったら、「送信」をクリックしましょう。

 

次に、電話番号の確認を行います。

SMSが使用できる場合は、SMSを選択し、確認コードを取得をクリックしましょう。

SMS機能の付いていないSIMなどを利用している場合は、通話を選択してください。

 

入力フォームに携帯電話に届くコードを入力してください。

 

ここまで完了したら、次は自身のサイトに指定されたコードを貼り付ける工程に入ります。

 

今回は一番貼り付け場所が分かりづらいWordPressを利用することを前提に解説します。

テーマの編集を行うことになるので、必ずバックアップを取っておくようにしてください。

バックアップができたら、上記画面に記載されているコードをコピーし、WordPressの外観>テーマの編集からテーマヘッダー (header.php)を開きます。

<head>タグの直下にコピーしたコードを貼り付けて保存しましょう。

 

この時点では、特にサイトに変化はありません。

貼り付けができたら、先ほどのアドセンスの画面へ戻り、「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れて「完了」をクリックします。

 

これで申請は完了です。

数日後に合否にかかわらず、グーグルからメールが来るはずなので、気長に待ちましょう。

 

以下のようなメールが届いたら、アドセンスを利用することができるようになります。

※上記のメールの内容は僕が申請した時期のものであるため、変更されている可能性があります。

 

 

不合格の場合の対処法

もちろん、グーグルのプログラムポリシーに違反していたり、コンテンツが足りていない場合は不合格となる場合があります。

特に最近では、どんどん審査が厳しくなっているという噂です。

実は僕もアドセンスに合格するまでに一度不合格となっています。

 

その際にやったことは、前述したものばかりですが、以下の通りです。

  • サイトマップを作成&設置した
  • プライバシーポリシーを設置した
  • 記事数を増やした

正直、これだけです。

他のサイトでは、画像や動画を貼らないほうが良いとかアフィリエイトリンクは貼らないほうが良いとか色々書いていまよね。

 

でも僕は合格時、画像も動画もアフィリエイトリンクも貼ったままにしていました。

 

唯一気にしたことといえば、申請を出してから審査が終わるまでの間は1日1記事は更新するようにしたということくらいでしょうか。

 

ただ、アフィリエイトリンクについては、貼らないほうがGoogleからの印象は良いかと思います。

 

アドセンスは広告なので、他のライバル広告がたくさん貼ってあるのとないのでは、ないほうが良いだろうということです。

 

ただ、あえて『審査用ブログ』のように不自然に広告も画像も動画もないサイトを作るのはオススメしません。

 

一般的な運用方法であり、良質なコンテンツがあるサイトであればアドセンスの合格は難しくないでしょう。

そこに画像や動画などの有無は関係ないはずです。

 

読者が利用しやすいサイト構築を意識することがアドセンス合格への最大の近道です。

 

広告の作成と貼り方

アドセンスの審査に合格したら、さっそく広告をサイト内に貼り付けてみましょう。

Google AdSenseにログインし、広告の設定>新しい広告ユニットをクリックします。

 

広告種類の選択になりますが、今回は一番利用頻度の高い「テキスト広告とディスプレイ広告」で広告を作成していきます。

 

広告の名前を入力しますが、読者に見られることはありませんので、自分が管理しやすい名前を付けると良いでしょう。

 

ちなみに僕はどこに貼る広告なのかが分かるように、「SP記事下」のような名前で管理しています。

 

また、画像のサイズですが、迷った時は自動で適切なサイズとなる「レスポンシブ」を選択しましょう。

 

特に端末ごとに画面の比率が異なるスマートフォン向けに広告を貼る場合は、レスポンシブの広告を利用するのがオススメです。

 

もしくは、PC向けで記事下に広告を貼りたいのであれば、「レクタングル(大)」が効果的かと思いますので、参考にしてみてください。

 

名前とサイズが決まったら、「保存してコードを取得」をクリックしてみましょう。

 

これで、今作成した広告のコードが生成されました。

このコードをコピーして、広告を表示させたい場所に貼り付けてみてください。

 

ただし、この際にユーザーが広告をサイト内の独自コンテンツと間違えないように留意しましょう。

広告だと分かるように「スポンサードリンク」「広告」などを記載するようにしてください。

 

お疲れ様でした。

これで、あなたが貼り付けた広告がクリックされたり、多くの人に見られたりすることで収益が発生していきます。

 

どんどんPVを伸ばして、アドセンス広告からの収益を伸ばしていきましょう。

 

さいごに

Googleアドセンスを利用する際に一番知っておいて欲しいことは、焦らないことです。

コンテンツの不十分なサイトでアドセンス広告を貼ったところで、1ヶ月の収益は数百円にも満たない可能性が高いです。

 

そんな数百円のために時間を費やすくらいなら、サイトを成長させることに尽力しましょう。

アドセンスはあくまで、おまけみたいなものです。

 

トレンドアフィリエイトというジャンルで稼ごうと考えているのであれば、必須になってくる広告かとは思いますが、長い目で見たときには大して重要なものではありません。

 

マネタイズを意識することは素晴らしいですが、読者に価値を提供するという観点を見失わないようにしましょう。

あなたがアドセンス広告で収益を上げ、活躍することを祈っています。

 

この記事があなたの道を照らす星になりますように。


Sponsored Link

この記事をシェアする