ドメインとは?独自ドメインのおすすめな選び方と取得の際の注意点

どうも、ドメイン大好き人間のアオ(@sh0g0_a0ki)です。

インターネット上に自分のサイトなどを構築するときには、必ず必要となってくるのがドメインです。

 

簡単に考えるのであれば、他の人があなたのサイトを訪れるために必要なWEB上での住所だと思ってください。

住所が分からなければ、誰もあなたのサイトに辿り着くことはできません。

 

今回は自分のサイトの居場所を知ってもらうために必要な独自ドメインについて解説していきます。

 

Sponsored Link

独自ドメインとは

ドメインはhttps://shogo-aoki.comというURL内の「shogo-aoki.com」という部分のことです。

メールアドレスでは「@」以降の文字列がドメインということになります。

「example@gmail.com」の「gmail.com」がドメインです。

 

ひとつのドメインはタワーマンションのようなものです。

「gmail.com」というタワーマンションに僕たちは部屋を借りて、「example」のようにアカウント名を付けて暮らしているというわけです。

なので、「gmail.com」というタワーマンション自体が倒壊してしまった場合、僕たちが作成したアカウントもなくなってしまうということですね。

 

例にあげた「gmail」のように、一般的には各サービスを提供している企業の決めたドメインを利用することが多いです。

これを自分で決めたものにすることができます。

独自ドメインと呼ばれているこのドメインは、一定金額を支払い続けている限り所有者は完全に自分になります。

 

なので、自分が倒れない限りタワーマンションは倒れません。

 

ドメインの選び方

最初に言っておきますが、ドメインの種類による強みや弱みなんてものはありません。

ドメイン名はSEOには全く影響しないと断言しましょう。

 

では、なぜ「.com」「.net」「.jp」などの様々なドメインが存在しているのか?

要はイメージの問題です。

最初はそれぞれに目的や意味が備わっていましたが、現在ではドメインの意味を考える人はほとんどいないでしょう。

 

「.com」は商業用、「net」はネットワーク用、「.biz」はビジネス用などなど。

自分のサイトの目的とするものに合ったドメインを選択するのがいいでしょう。

 

もし迷ったなら大人しく「.com」のドメインを取得することをオススメします。

「.com」は最も一般的なドメインです。

 

しかしながら、信用度が最も高いのは「.co.jp」です。

「.jp」も信用度が高いようですね。

これは日本に在住している人しか取得できないということから安心感を与えることができます。

 

とはいえ、信用度の高いドメインほど、お値段が張ることを覚悟しておいてください。

 

参考:.com?. jp?ドメイン名の違いとSEO効果と運用について

 

ドメイン取得時の注意点

ドメイン名で妥協したら、自分のサイトに愛着が持てなくなってしまいます。

また、この際、ドメイン名にあまり限定的すぎる名前を付けるのはおすすめできません。

 

これは、自分の発信したい内容が変わる可能性があるからです。

たとえば、健康美容系のジャンルでサイトを構築しようと思って、「kenkoubiyou.com」というドメイン名を取っても、あとから転職系のジャンルに変えたいと思った場合、融通が利きません。

転職系のサイトなのに、ドメイン名がkenkoubiyou(健康美容)だったらちょっと違和感がありますよね。

 

特に個人のブログの場合は、ジャンルが変わる可能性が高いので、ドメイン名は自分の名前などの汎用性のあるものにするようにしましょう。

 

レジストリとレジストラとは

各ドメイン情報を持つデータベースを管理している機関をレジストリと呼びます。

レジストリに直接ドメインの登録ができるのはレジストリに認められた能力を持っているレジストラだけです。

 

代理店はドメインを販売したり、レジストラに対してドメインの登録申請をしたりすることはできますが、直接登録することはできません。

 

つまり、レジストラに直接ドメインを登録してもらった方が早いし安心できるということです。

僕はドメイン取得の際、国内で7社しかないレジストラのひとつであるお名前.com をオススメしています。

 

お名前.comのドメインは他のレジストラと比較しても安い。

そして利用者が多いため、使い方に関する情報が豊富です。

 

そのため、安心して利用することができます。

お名前.comでドメインを取得する方法については、以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

合わせて読みたい!

 

さいごに

サイト構築においてのレンタルサーバーが土地ならば、ドメインはそこに建てるあなたのお店です。

お店の名前や見た目はイケてるものにしたいですよね。

 

小話をすると、僕のこのブログの最初のドメインは「guidingstar.link」でした。

本当は「guidingstar.com」が良かったんですが、他の人に取られてしまっていたんですよね。

結構イケてる名前のドメインを高値で売るために先に取っておいているやつらがいるみたいです。

自分が欲しかったのに、取られていたドメイン名のURLに飛んでみると、英語で書かれたドメインの販売サイトみたいなところに飛ぶことが何回かありました。

 

もし僕と同じように欲しいドメインが取られていたら、無理にその名前にこだわらず、一度落ち着いて別の名前を探してみることをオススメします。

ぜひあなたがしっくりくるドメインを取ってみてください。

 

この記事があなたの道を照らす星になりますように。


Sponsored Link

▽▼▽この記事をシェアする▽▼▽