【徹底比較】WordPressブログにおすすめの厳選レンタルサーバー5つ

WordPressで「ブログ」という家を構築するには「レンタルサーバー」と呼ばれる土地が必要です。

家を建てるときには、少しの災害で簡単に崩れ落ちていってしまうような土地は選びたくありませんよね。

 

レンタルサーバーはサイトの読み込み速度安定性といった部分に直結する要素を多く含んでいるので、慎重に選ぶ必要があります。

 

サーバーの設定を行う管理パネルの使いやすさというのも重要です。

あともちろん料金もできる限り安く済ませたいところですよね。

 

でもレンタルサーバーって結構な種類があるんです。

正直、全ての性能を把握した上で自分にあったものを選ぶというのは骨が折れます。

 

ということで、数あるレンタルサーバーの中から僕が評価して厳選したものを紹介していこうと思います。

Sponsored Link

レンタルサーバーとは

そもそもサーバーというのは何かというと、僕たちがインターネットを通して見ているものの情報を保管している場所のことです。

僕たち(クライアント)からの要求に応じて、サーバーは情報を提供してくれるというわけですね。

サーバーには実態のある物理サーバーと、実態のない仮想サーバーというものがあります。

 

物理サーバーは巨大なコンピューターというイメージで問題ないです。

コンピューターなので、サーバーの種類によってパソコンと同じようにCPUやメモリなどの性能の違いがあるんです。

 

一方で仮想サーバーは物理サーバーによって作り出されたインターネット上のコンピューターです。

一般的な仮想サーバーはひとつの物理サーバーの性能を分割して、まるで複数の物理サーバーがあるかのように使用することができるというものなんですが、それを応用した「クラウド」と呼ばれるサービスも存在します。

僕たちが日頃利用しているインターネットは、これらのサーバーから提供されている情報で構築されているんです。

だから、僕たちが情報を提供する側になるのであれば、自分で使うことのできるサーバーを用意する必要があるってわけですね。

 

でも、サーバーになるくらいのコンピューターを個人で購入するとコストがかかるし、置く場所も取られちゃいますよね。

そして何より、何か問題が発生した場合の管理が難しいです。

 

サーバーの本体が壊れたらデータが全て消えてしまうということを考えると、自分が生活している空間に置いておくメリットはないことが分かると思います。

 

そこで、サーバーを貸してくれて管理もしてくれるサービスである便利なレンタルサーバーサービスを利用するというわけです。

おすすめレンタルサーバー比較表

サーバーの性能を考えていくと難しそうに感じるかも知れないですが、「WordPressでブログを作る」ということに焦点を当てれば、意外と選択肢は限られてきます。

 

ってことで今回紹介するものは、以下を基準として選出してみました。

  • アクセスが集中しても耐えられるスペックであること
  • 動的ページの読み込み速度が1秒以内であること
  • 月額費用が1,000円(税抜き)以内で利用できること
  • 利用可能なマルチドメインとMySQLの数が豊富であること

 

これを踏まえた上で、以下におすすめレンタルサーバーの比較表をつくってみたので、参考にしてみてください。

機能 エックスサーバー
X10 
mixhost
スタンダード
wpXレンタルサーバー
標準
wpXクラウド
グレードA
ロリポップ!
スタンダード
料金※1 初期費用:3,240円
月額費用:1,080円
初期費用:無料
月額費用:880円
初期費用:5,400円
月額費用:1,080円
初期費用:無料
月額費用:540円
初期費用:1,620円
月額費用:540円
速度(秒)※2 0.40 0.68 0.24 0.21 0.80
ストレージ種別 SSD ピュアSSD SSD クラウド HDD
MySQL 50個 無制限 10個 1個 30個
ディスク容量 200GB 50GB 30GB 10GB 120GB
転送量目安 70GB/日 2TB/月 50GB/日 300GB/月 100GB/日
無料独自SSL
マルチドメイン 無制限 無制限 10個 1個 100個
無料自動バックアップ ×
対応プロコトル種別 HTTP/2 HTTP2 & QUIC HTTP/2 HTTP/2 HTTP/2
WAF × ×

※1:最安値になるように契約した場合の金額となります。
※2:WordPressで動的ページを読み込む際の時間です。
引用元:人気レンタルサーバーの速度比較とウラ事情

 

今回厳選したサーバーの月額費用は「540円」「880円」「1,080円」の3パターンのみです。

ここで差が出てくるのは初期費用ですが、長い目で見ると大差はありません。

 

初期費用は安いに越したことはありませんが、ブログを続けていく過程でサーバーのスペックが障害となるくらいであれば、最初だけ少しお金を使っても良いかなと思います。

後からサーバー自体を変更するとなると移転作業がとても大変です。

 

最初から料金で選ばず、自分が必要とするスペックを満たしている中で最も安いものを選択するようにしましょう。

※状況により金額については前後する可能性があります。

オールマイティな安定感を求めるならエックスサーバー(X10)

一番オススメしたいのが、こちらのエックスサーバーです。

当ブログ「イキカタノミカタ」もエックスサーバーを使って運営しています。

 

エックスサーバーは他のサーバーと比較しても、総合的にトップクラスの性能を備えています。

高いパフォーマンスを誇る最新の20コアCPU、大容量192GBメモリを搭載したサーバーを自社にて直接保有・運用管理、ストレージには単体でも高速なSSDをストライピング構成(※1)で採用しており、従来のHDD環境と比較してディスクの読み込み速度が約48倍以上(※2)、書き込み速度が約23倍以上(※2)向上しています。
さらに、サーバー1台あたりのユーザー数を一定数に制限することで、CPU負荷を低く保ち、安定したサイト運営を可能にしています。

引用元:エックスサーバーの特長

 

他サーバーと比較すると費用は若干高めですが、サーバー環境の安定性という面ではイチオシです。

 

僕が今までブログを運営していて、読み込み速度が極端に遅くなったり、404エラーなどが出たことは一度もありません。

サーバーパネルの使いやすさと無料の独自SSLやメールアカウント無制限などの充実した機能、そして安定した速度という強みを持っています。

 

個人ブログの運営を考えると、月額1,080円というのは高い方の部類に入るでしょう。

 

しかし、SSL化を検討しているのであれば、独自SSLを無料で利用できるという点だけでも、月額分がまるまるタダのようなものなので、月々の負担を考えると他サーバーよりも断然安いと考えて良いでしょう。

 

無料のSSLがない他サーバーでSSL化をするとなると、SSL化の費用だけで安くても月額1,000円は簡単に超えてしまうからです。

 

また、高度な設定を行う際に必要になってくる「.htaccess」というファイルをFTPソフトを使わずに編集できる機能などもあり、WordPressブロガーにとっては至れり尽くせりです。

 

トラブルがあった場合も24時間のメールサポート(電話は日中のみ)が備わっているので、安心して利用することができます。

また、エックスサーバー利用者が多いという特長から、エックスサーバーを利用していることを前提に書かれた記事はとても多いです。

WordPressの編集にサーバーパネルの操作が絡んでくる場合は、一番情報を集めやすいサーバーと言えるでしょう。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

最新高品質のレンタルサーバーならMixhost

僕が今からWordPressでブログを始めるとしたら、エックスサーバーとこちらのmixhostでかなり悩むと思います。

そのくらい人気がぐんぐん伸びてきているレンタルサーバーです。

 

ストレージが最新のピュアSSDであることとあわせて、日本で初めて最新プロトコルであるHTTP/2に対応。

それだけではなく、Googleが開発した次世代プロトコルのQUICにも日本初対応という革新的な攻めの姿勢。

また、クラウドとレンタルサーバーの機能のいいとこ取りをしたシステムでリソースを安定化させるという画期的な技術を導入しています。

mixhostが日本で最も最先端のレンタルサーバーと断言しても問題ないでしょう。

もちろん、SSLへの対応やセキュリティ面でも他のレンタルサーバーに引けを取らない充実っぷりとなっています。

引用元:mixhost

 

最新サーバーの品質を体感したい方のために、今なら10日間無料お試しもやっているようなので、一度利用してみるというのも良いかもしれませんね。

mixhost(スタンダード)の詳細はこちら

 

WordPressに完全特化するならwpXレンタルサーバー

wpXはエックスサーバー同様にXSERVER社が提供しているWordPress専用のレンタルサーバーサービスです。

wpXレンタルサーバーは、大量アクセスに強い、高速で快適な動作環境と、使いやすい機能を多数備えた、WordPress専用のレンタルサーバーです。長い運用実績に基づく、徹底された高品質のサーバー環境を、お手ごろな料金で提供いたします。

引用元:サービスの特長

 

WordPressに特化しているため、WordPressの読み込みスピードはレンタルサーバーの中ではトップクラスです。

また、サーバー自体の性能もズバ抜けており、機能面ではエックスサーバーを上回っています。

合わせて、エックスサーバー同様に独自SSLが無料で利用できます。

SSL化する予定があるのであれば、嬉しい内容ですね。

また、wpX最大の特長としてはキャッシュの設定がサーバーパネル上で行えることです。

通常、WordPressの読み込み速度を上げるためには、キャッシュの設定をプラグインや「.htaccess」の編集などで行う必要があります。

しかし、wpXであれば、それらの作業をボタンひとつで簡単に行うことができてしまいます。

 

実際、僕はエックスサーバーでキャッシュの設定に失敗して、ブログが真っ白になったことがありますので、このサービスはとても嬉しいオプションです。

なぜかホームページの機能一覧には記載がありませんが、「WordPressキャッシュ設定」というマニュアル内に記載があるので、チェックしてみてください。

ただ、WordPressに特化していることで、WordPress以外のソフトをインストールすることができないことや、初期費用が高いという点が唯一のデメリットです。

 

とはいえ、WordPressのみしか使用しない予定であり、初期費用が気にならないのであれば、最もオススメしたいレンタルサーバーなので、ぜひチェックしてみてください。

wpXレンタルサーバー

 

ひとつのサイトだけで攻めるならwpXクラウド(グレードA)

wpXクラウドは僕も他サイトで利用していますが、とにかく安く柔軟性に富んでいるレンタルサーバーです。

月額540円のプランから始めることができ、初期費用はゼロです。

 

費用という面では最強のコストパフォーマンスと言えるでしょう。

 

また、速度についてもクラウドサーバーであるという特長から、今回比較しているレンタルサーバーの中でトップです。

前述した2つのサーバーと同様に独自SSLが無料で利用できます。

 

wpXクラウドは、柔軟にサーバーを増強していくことが可能という特長があります。

最初は一番安いプランからスタートし、PV数が上がってきたら、徐々にグレードを上げていくと良いでしょう。

 

また、読み込み速度については、今回紹介しているレンタルサーバーの中で最速です。

月額540円で最速の性能を手に入れることができるというわけです。

 

デメリットとしては、WordPressサイトを1つしか運営できないという点です。

複数のサイトを作りたいのであればオススメできません。

 

しかし、1つのみで勝負しようとしているのであれば、一番オススメのサーバーです。

wpXクラウド

 

趣味程度でやるならロリポップ!(スタンダード)

ロリポップ!は大手であるGMOが提供するレンタルサーバーです。

特長としては、月額料金がとても安く、とにかく使いやすい設計になっているという点です。

 

マニュアルが充実しており、独自のファイルマネージャーでファイルの書き換えが行えるためFTPソフトの利用などの高度なスキルを身に付けなくても手軽に利用することができます。

同様の月額料金であるwpXクラウドと比較すると性能は劣りますが、複数のサイトを運営できることや、初心者に優しい環境が整っているという点は強みです。

 

また、独自SSL「Let’s Encrypt」が無料で利用することができます。

 

ただし、容量が少ないので、月30万PVを超える程度のレベルまでサイトを増強していきたいのであれば、最初からエックスサーバーなどの高性能サーバーを契約することをオススメします。

 

wpXクラウドと違い、サーバーの容量を自由に上げるということができないため、大規模なサイトにしたいと思ったら、サーバー自体を移転する必要が出てきてしまいます。

 

あくまで、ロリポップは趣味程度でブログを運営する場合にのみオススメできるレンタルサーバーです。

ロリポップ!

 

まとめ

独自SSLが無料のサーバーは他にもmixhostやZenlogicなどがありますが、大手とは言えず、信用が低いです。

現にZenlogicを提供するファーストサーバ株式会社は一度サーバーの顧客データを消失させる事故を起こしています。

 

大手なら必ず安全とは言い切れませんが、知名度の低い会社と比較すると断然信用できますよね。

 

とはいえ、さくらレンタルサーバーという大手のレンタルサーバーがありますが、こちらについてはWordPressの運用には向いていないため、今回は紹介しませんでした。

 

良質なサーバーであっても、WordPressとの相性が悪いレンタルサーバーもあるということを頭に入れておいてください。

 

また、これからはSSL化が必須となってくる流れがありますので、無料SSLが導入できるレンタルサーバーを選ぶのが無難です。

合わせて読みたい!

 

自分の目指すサイトの規模を視野に入れ、自分に合った性能のレンタルサーバーを選んでみてください。

以上!


Sponsored Link