【エッセンシャル思考】無駄を省いて本質を追求する効率的な考え方

どうも、エッセンシャル大好き人間のアオ(@sh0g0_a0ki)です!

 

突然ですが、僕たちのやっていることや、考えていることには無駄がとても多いと思いませんか?

 

今の世の中、周りは必要のないもので溢れかえっている。

多くの人は「すべて必要だ」「すべて手に入れたい」と考えて、そのすべてをこなすための方法を模索します。

 

でも、そういった考えて動いていて、すべて手に入れている人を僕は見たことがありません。

大体の人が何ひとつ進捗せずに停滞しているか、タスクを処理しきれずに押し潰されていってしまいます。

 

じゃあどうすれば良いのか?

 

ここで必要になってくるのが、本質を見極める力と捨てる力です。

今回は、その考え方を体系化してくれている「エッセンシャル思考」という良書があるので紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

エッセンシャル思考とは

エッセンシャル思考はapple、Google、Facebook、Twitterなどの有名企業のアドバイザーを努めるグレッグ・マキューン氏の著書です。

 

最小の時間で成果を最大にする」というキャッチフレーズからも分かるように、いかに無駄を省き、本質的なものを選び取って成果に繋げていくのかという考え方が具体例と共に詰め込まれています。

 

僕たちは何かを達成しようとするとき、多くのタスクをこなさなければいけません。

でもそのすべてをこなそうとすると、ほとんどの場合うまくいかない。

 

ミニマリストという言葉が一時期流行りましたよね。

僕たちはこれからの時代、彼らのように捨てる技術を身につける必要があります。

 

捨てるということは何かを選ぶということです。

どれを残すのかを選ぶよりは、どれを捨てるのかを選ぶ方が分かりやすいんじゃないでしょうか。

 

7つの習慣にある第3の習慣「最優先事項を優先する」の考え方同様に、最優先事項を優先するために、何が不要であるのかを考えてみましょう。

 

「全て大切」という考え方から一旦離れてみるのが、エッセンシャル思考を身につけるための第一歩です。

 

ミニマリズムの誤解

ミニマリストと聞くと、何もない部屋に住んでいるようなイメージがある人が多いんじゃないでしょうか。

でもミニマリストはモノを持たないことを目的にしているわけではないんです。

 

これを勘違いしている人がとても多い気がします。

 

ミニマリストは、自分が優先したいものを優先するために、それ以外のものを削減した環境を作り出している人たちのことです。

つまり、何もない部屋というはミニマリストの本来の考え方とは違うというわけですね。

 

何もなかったら、優先するべきものまでなくなってしまいます。

 

何のために物を減らしているのか?」を考えれば簡単に分かるはずです。

だからミニマリストと一概にいっても、人によって環境の作り方は違うということですね。

 

お掃除コンサルタントのMakotoさん(@mktysd2790)との対談でも、お話しさせていただいた通り、僕はミニマリストという言葉は誤解を生みやすいので、あまり好きではありません。

 

僕は本質を追求するという意味でエッセンシャリストと呼んでいます。

 

ファッションを優先する人であれば服だけがあるような部屋、読書を優先する人であれば本棚だけがあるような部屋を作るってことです。

 

でも最近はパソコン一台あれば良いっていう人も多いです。

そういう人は、本も服も最小限で、テーブルとパソコンだけがあるような部屋になるってわけですね。

 

だから本当に自分に必要なものまで捨ててしまわないように気をつけましょう

 

マルチタスクとマルチフォーカス

人は同時に複数の作業をすることができます。

 

でも、同時に複数のものに集中することはできません。

人間はマルチタスクはできるけどマルチフォーカスはできないんです。

 

よくマルチタスクが悪いことのように言う人がいますが、マルチタスク自体はべつに悪いことではありません。

悪いのはマルチフォーカスをしようとすることです。

 

「考える」ことを複数同時にやってはいけません。

ルーティンワークのような作業的な行動であれば、同時進行の方が効率が良いことは多いですよね。

 

でも、思考の場合は話が別なわけです。

 

「これはどうする?」「あれはどうすればいいか?」

この2つの考えをまとめるためには、ひとつずつ潰していくことをオススメします。

 

思考があっちゃこっちゃに散らかってしまうと、結局何も決めることができなくなってしまいますので。

 

これはエッセンシャル思考の中で登場する図なんですが、つまりはこういうことです。

左側の図のような状態になってしまったら、何も達成できなくなる。

集中力が分散してしまっているからです。

 

そしてマルチフォーカスは脳にダメージを与えると言われています。

クセになって集中力が衰える前に、マルチフォーカスは意識的にやらないように気をつけましょう。

 

早く成果を出したいのであれば、右の図のような思考を意識した方が良いでしょう。

 

断ることと捨てること

日本人には断れない人が多いらしいです。

 

自殺者や精神疾患に苦しむ人のほとんどがこれに該当するんじゃないかと僕は思っています。

つまり、「断る」技術を身につけることは、自分の身を守ることにも繋がるってことです。

 

 

オンラインカウンセラーの小川さん(@hamidasiblog)との対談で、実際に断れずに苦労した話を聞くことができました。

 

ストレス社会を生き残るためにも、何が必要で何が不要なのかを見極めて、自分にとって必要ではないものは断らなければいけません。

 

たしかに、自ら選ぶ力が身についたとしても、これを実行するのには勇気が必要になっきます。

 

でもここは勇気を振り絞って行動してみて欲しいです。

僕も仕事において、必要ないと思うものを断るようにしてから周りからの信用が明らかに上がりました。

 

「仕事ができる人」はほとんどの場合、安請け合いはしないものです。

 

より少なく、しかしより良くを意識して行動していきましょう。

 

まとめ

書籍「エッセンシャル思考」には、選ぶことと捨てることの他に、しくみ化の方法についても書かれています。

 

しくみ化しなければ、エッセンシャル思考を実践し続けるのは難しいです。

人間は楽な方へと流れる生き物なので。

 

無意識的にエッセンシャル思考を使いこなせるようにしていきたいところです。

かくいう僕自身もまだ完全には使いこなせてはいません。

 

これには常日頃からのトレーニングが必要です。

 

エッセンシャル思考をマスターすれば、人生がより良いものになるのは確実だと僕は思っています。

ぜひあなたも日々エッセンシャル思考にチャレンジしてみてください。

 

この記事があなたの道を照らす星になりますように。


Sponsored Link

この記事をシェアする