【徹底解説】PC1台で対談形式のFacebookライブを配信する方法まとめ

ライブマーケティングという言葉を最近よく耳にするようになった。

最近では激アツなマーケティング手法だと言われていて、僕もかなり力を入れようと思っているし、対談ライブなんかも既に結構やってたりする。

 

ライブ配信はリアルタイムで視聴者とコミュニケーションができるだけじゃなくて、圧倒的に反応率が良いんだよね。

ライブ配信をしている人のコメント欄を見たことがある人は分かると思うけど、一般的な写真と文章だけの投稿と比べると、めちゃくちゃコメント率が高い。

 

発信者として活動しているのであれば、取り入れない手はないんじゃないかな。

 

ってことで、今回はクオリティの高い動画配信をPC一台だけで実現する方法について解説していくよ。

 

スポンサードリンク

Facebookライブについて

ツイキャスやYouTubeでもライブ配信はできる。

でも、ツイキャスは画質が悪かったり、コラボ感を出すのが難しいし、Youtubeは拡散しにくい。

 

ここでオススメしたいのが、「いいね!」やシェアが簡単にできるし、画質も良いFacebookライブだ。

最近、Facebookは動画コンテンツに力を入れ始めているから、これからどんどん進化していくことが期待できる。

米国では、もう既にVRのライブ配信に手をつけ始めているとか聞いたこともあるしね。

 

Facebookライブはブラウザから直接配信することもできるけど、画面を切り替えたり、画面キャプチャしたり、BGMを入れたりといった高度な機能はない。

こういった機能を使うためには、独自のソフトウェアを使う必要が出てくる。

 

なんだか難しそうだと感じるかもしれないけど、意外に簡単だよ。

ひとつずつ説明していくから、一緒にやってみよう。

 

ストリームキーを取得する

まずは「ライブストリーミングを開始」から、ライブストリーミングを作成する。

普通にFacebookでの投稿画面にある「ライブ動画」をクリックした後、プレビュー画面の右下にある「To share live video from an external device, click here.」と書いてある箇所をクリックすることでこの画面へ移動することができるよ。

僕はこの過程が面倒だから、この画面をブックマークして使ってる。

 

「ライブストリーミングを作成」をクリックすると、プルダウンから公開する場所を選択することができる。

自分の個人ページで配信したいのであれば、「ライムラインでシェア」を選択しよう。

 

「次へ」をクリックすると、ライブストリーミング投稿画面になる。

ここでは、一般的な投稿と同じようにテキストを入力ができたり、動画のタイトルを付けたりすることができるから、好きなタイトルを入力しておこう。

 

そしてここで一番重要なのが「ストリームキー」というコード。

このコードを使って、PC上のソフトとFacebookを紐付けするってわけ。

逆に言うと、このコードがあれば、他の人のタイムラインに好き勝手にライブ配信したりできてしまう。

だからストリームキーは絶対に他人に教えないようにしよう。

 

ストリームキーを控えたら、一旦Facebookは置いておいて、ソフトウェアの設定をしていこう。

 

OBSの準備

シーンの作成

今回使うのは「Open Broadcaster Software」というフリーソフト。

通称「OBS」だ。

高機能なのに無料というとてもありがたい代物。

まずは、OBSをインストールしよう。

 

OBSを起動すると「シーン」「ソース」と書かれた欄が真っさらで、上の画面は真っ黒な状態になっていると思う。

これだけ見るとわけわかんないと思うけど、ここに自分で必要な要素を追加していくから安心してくれ。

 

画面左下の「シーン」と書かれた欄の「+」ボタンをクリックして、シーンを追加しておこう。

このシーンっていうのが、ライブ配信時に表示される画面の1つになっていく。

カスタマイズしたシーンを複数用意して切り替えることで、ライブ配信中に簡単に画面を切り替えることができるってわけだ。

 

とりあえず、今はシーンを追加するだけにしておこう。

 

対談画面の設定

OBS自体に誰かとコラボするための機能が付いているわけじゃない。

でもウィンドウのキャプチャをすることはできる。

だからこれを利用して、オンラインビデオチャットの画面をキャプチャしてライブ配信をする。

 

今回はappear.inというブラウザ上のサービスを利用してみよう。

この際の注意点としては、オンラインビデオチャットのタブがあるウィンドウでタブ切り替えをしないということ。

あくまでウィンドウキャプチャだから、タブを切り替えてしまうと、その切り替えた画面がライブ配信されてしまう。

対談の様子だけ映したいのであれば、ウィンドウ上には他のタブは追加しないようにした方がいい。

 

ウィンドウの準備ができたら、今度は「ソース」の「+」ボタンから「ウィンドウキャプチャ」を選択する。

するとプルダウンでキャプチャするウィンドウを選択することができるようになるから、「appear.in」と書かれたウィンドウを選択しよう。

 

これで、さっきまで真っ黒だった画面に選択したウィンドウの様子が映し出される。

でもちょっと配信用のウィンドウとサイズが合わないはずだ。

OBSではソースのサイズを自由に変えることができるよ。

 

ソースを選択すると赤い枠で囲われる。

この状態でドラッグすると、好きにサイズを変えられるのさ。

でも、キャプチャしているウィンドウのサイズに依存しているから、うまく画面内におさまらないってこともあるかもしれない。

 

ウィンドウを少し小さめの状態にしておくのが僕のオススメだ。

 

この状態で横に引っ張ると、上下の余計な部分を映さなくて済むし、自分と対談相手の様子を大きめに映し出すことができる。

 

試行錯誤して、自分好みのサイズを見つけてみて欲しい。

 

出力キャプチャの設定

これだけでも映像の配信はできるんだけど、音声が再生されない状態になっちゃうんだよね。

なので、ソースに音声のキャプチャを追加していくわけだけど、Macの場合だと普通にやっても自分の声だけしか出力することができない。

 

視聴者に自分の声は聞こえるけど、対談相手の声が聞こえないとかあり得ないよね。

自分とPC上からの音を出力する方法については、以前書いた動画キャプチャの記事を参考にしてみて欲しい。

合わせて読みたい

 

SoundflowerLadioCastの設定が終わったら、「ソース」の「+」から「音声出力キャプチャ」を選択しよう。

「入力」じゃなくて「出力」だから注意して欲しい。

 

音声出力キャプチャを選択すると、デフォルトの設定が「既定」になっているはず。

これを動画キャプチャのときと同様に「Soundflower(64ch)」に設定しよう。

合わせて、Macの出力装置を「Soundflower(2ch)」に設定することを忘れないように注意してくれ。

 

あとは、自分で喋ったり、Mac上で音を出してみて(iTunesなどで)、ソースの「音声出力キャプチャ」のところに緑のバーが音声に合わせて動いていれば、キャプチャ完了だ。

 

挿入画像の準備

OBSのソースは、レイヤーのようになっていて、上にあるものが優先して表示される。

つまり、「ウィンドウキャプチャ」の上に「画像」を設定すると、ウィンドウ上に好きな画像を表示しながらライブ配信ができるってわけだ。

 

やり方は簡単。

今までと同じように、「ソース」の「+」から「画像」を選択。

 

そこから挿入したい画像を参照すれば良いだけだ。

画像のサイズについて

ライブ配信時のウィンドウサイズは1366 × 768だから、画面いっぱいに画像を表示したい場合はこのサイズで画像を作成しておこう。

 

 

画像も他のソースと同じようにサイズ変更ができるので、もしサイズが合っていないようだったら引っ張って良い感じのサイズにしてみてくれ。

 

あと、これは画像に限った話ではないんだけど、「ソース」欄にある目玉のマークをクリックすることで、ソースの表示・非表示を切り替えることができる。

ライブ配信の任意の場所で画像を表示したいのであれば、目玉マークをクリックして非表示にしておき、タイミングをみて表示に切り替えるようにしよう。

 

OBSを使って配信する

いよいよ配信していくよ。

まずはOBSとFacebookを紐付ける必要がある。

OBS画面の右側にある「設定」から、設定画面を開こう。

なんか難しそうな画面だと思うかもしれないけど、いじくる必要があるのは「配信」タブの「サービス」と「ストリームキー」だけだから安心して欲しい。

 

サービスを「Facebook Live」に設定し、ストリームキーに先ほどFacebook側で控えておいたストリームキーをコピペする。

あとは「OK」ボタンをクリックしてOBS側での設定は完了だ。

最後に、OBS画面左上部の「配信開始」をクリックしておこう。

 

すると、先ほどのライブストリーミング投稿画面のストリームキーが表示されていた場所にプレビュー画面が表示される。

 

百聞は一見にしかずだ。

ここは実際にライブ配信をしてみることをオススメするよ。

とはいえ、テストしているのを他の人に見られるのは恥ずかしい。

だからまずは公開設定を「自分のみ」に設定して、「ライブ配信を開始」をクリックしよう。

 

これで実際に配信がされている状態になった。

あとは、他の端末(スマホなど)でしっかりと映像と音声が再生されているかを確認することをオススメするよ。

ライブ配信にイレギュラーは付き物だからね。

 

それでもし、音と映像がズレていた場合、ソース欄の右隣になる「ミキサー」という欄の歯車をクリックして、オーディオを調整する必要がある。

この同期オフセットは100で1秒。

 

つまり、音声が再生されてから、映像が8秒後に再生されていることを確認したのであれば、音声出力キャプチャの同期オフセットに「800」と入力すれば、音声を8秒遅らせて再生されるようにできるってわけ。

Windowsは大丈夫だけど、Macはズレるっていう話を耳にしたから、Macであれば必須作業になってしまうかもしれない。

 

テストが終わったら、「ライブ動画を終了」をクリックしてライブを終了しよう。

このとき、OBS側も「配信終了」にするのを忘れないでね。

 

まとめ

なんかごちゃごちゃ説明して難しいと思われたら嫌だから、手順についてまとめておくよ。

  • Facebookでストリームキーをコピーする
  • OBSをインストールする
  • シーンを作成する
  • ウィンドウを用意する
  • ソースにウィンドウキャプチャと音声出力キャプチャ(Soundflower(64ch))を追加する
  • OBS設定の配信タブからサービスを「Facebook Live」にしてストリームキーを貼り付ける
  • OBS側で「配信開始」、Facebook側で「ライブ動画を開始」をクリックする

 

一度シーンとソースの設定までが終わってしまえば、次のライブ配信でも同じものを使いまわしできるから、作業としては都度ストリームキーをコピペする程度だから楽なはず。

とはいえ、やっぱり慣れは必要だとは思うから、ライブ配信をしまくるのが近道かなと思ってる。

 

ぜひ、OBSを使ってFacebookライブを配信してみてね。

 

動画でも解説してみたので、参考にどうぞ!

※クオリティ低いので差し替え予定

 

ライブ動画を使って仲間と授業が行えるコミュニティはこちらから!

 

▽▼▽この記事をシェアする▽▼▽