O2Oを意識しろ!オンラインをオフラインと連携させることの重要性

どうも、出会い厨のアオ(@sh0g0_a0ki)です。

先週、札幌にやってきていたプロ無職のるってぃさん(@rutty07z)と飲みに行ってきました。

 

るってぃさんとは、「プロ無職るってぃ企画のオンライン飲み会に参加して酒がグイグイ進んだワケ」という記事でも紹介したオンライン飲み会で直接お話しさせていただいたことがあったんです。

 

こんな嬉しいことを言ってもらってたから、正直「絶対忙しいだろうな」と思いつつもダメ元で連絡してみたのですが……

 

あっさりOKが出ちゃってマジで焦ったけど、めちゃくちゃテンション上がりました。

 

このあと、他の北海道のブロガーさん2人からも飲みに行きたいとのメッセージがるってぃさんの元に届いていたらしく、どうせならみんなで行きましょうってことになりました。

 

さすがの人気者です。

 

プロ無職が運営する2つのブログ!

 

 

ということで、今回はオンライン上で知り合った人との繋がりを初めてオフラインに落とし込むことができたから、オフラインとオンラインの上手い使い方について考えたことを書いていこうと思います。

 

Sponsored Link

プロ無職と北海道ブロガー

このときに出会った北海道ブロガーのメンバーがまた実際に会ってみると良い意味で新鮮味のない人たちでした。

 

それが学生ブロガーの屯田兵くん(@otondenhey)と謎に包まれた変人ほなみん(@luler_jp)。

 

屯田兵くんは現れて早々、なんか汗だくだしムキムキだし(直前まで筋トレしていたらしい)、ほなみんはKYだし自由過ぎる感じで……

 

改めて、「ブロガーって変なやつばっかだな」って思いました。

もちろん良い意味で。

なんかマジでるってぃさん含めて初めて会った気がしませんでした。

 

札幌で飲みに行くといったら普通はすすきのなのですが、今回はしっぽり色々語り合いたかったので、白石の少し落ち着いた店を予約しました。

 

一般的な若者たちは絶対すすきのの方が好きだと思います。

楽しい雰囲気だし、二次会、三次会と店に困ることがありません。

 

でも僕は個人的にすすきのより白石の方が好きです。

すすきのはなんか無駄に疲れる店が多いので。

 

すすきのの方が良かったという愚痴もこぼさず、喜んでくれて本当安心しました。

 

るってぃさんが海鮮が食べたいって言ってたから、新鮮な海鮮が食べられるお店を選んだんだけど、まさか活エビを食べることになるとは思いませんでした。

 

僕も生きているエビを食べたことはなかったので。

 

初めて会った人たちと初めての経験をするのって距離を縮めるには効果的かもしれません。

 

そんなこんなで、僕はるってぃさんだけじゃなく、北海道ブロガーの2人とも仲良くなることができました。

僕が前に作った北海道ブロガーコミュニティにも参加してくれるという優しさ。

 

るってぃさんとオフラインで会ったことによって、僕はるってぃさんとの交流だけじゃなく、念願の北海道ブロガーの知り合いを作ることができたわけです。

 

これはオンライン上では中々起こり得ないことですよね。

 

オンラインからオフラインへ

O2O(オーツーオー)と呼ばれる概念があります。

 

「Online to Offline」の略なんですが、オンラインをオフラインに落とし込んで顧客の購買活動を促すという意味合いを含んだビジネス用語です。

 

僕はまず、オンライン上でるってぃさんのLINE@からコンタクトを取り、オンライン飲み会に参加しました。

そこから、札幌にいるという情報をTwitterで得て、Twitter上で連絡をして直接会ったという流れです。

 

そのオフラインへ落とし込む行動によって、他の2人と知り合うことができました。

 

オンライン上でもできるっちゃできますが、地元の人である必要がないので、自分の近くに住んでいる人と知り合うというのは意外にも難しいものです。

 

首都圏なら可能性は高いかもしれませんが、その他はオンライン上だけで地元民の繋がりを作るのは無理だと言っても過言ではないと思います。

 

影響力の強い人であれば、呼びかければ少しは集まるかもしれないけど、結局地元民を集めるには口コミが一番強い。

知り合いの知り合いをどんどん紹介してもらっていけば良いってことですね。

 

オンライン上だけの存在がオフラインでの繋がりを持ったときっていうのは、なんだかんだオンライン上だけの関係よりも強固な絆みたいなものができます。

 

わざわざオフラインで合うとか古臭いし効率が悪いと思うかもしれないけど、僕たちは結局のところ人間という枠組みから出ることはできません。

 

感情的な部分は捨てきれないし、オンライン上から感じられる感覚以外のもので接した相手の方が好感が持ちやすいのは当然です。

 

インターネットでは、視覚と聴覚でしか存在を感じることができません。

「実際に会ってみたら思ったより……」っていうのがある時点で、与える印象自体が変わるくらいの違いがあります。

 

オンライン上では地下鉄で隣に座ってる感覚とか、一緒の店で酒飲んでる雰囲気とか、同じ皿の飯を食って「うめぇー!」とか一緒に言ったりということを実感することはできないわけです。

 

インターネットの力は凄まじいものがありますが、やっぱり人間にとって完璧となる世界はリアル(現実世界)です。

 

カメラ越しには分からない景色や歌の感動があるように、視覚と聴覚です、現状ではオンラインはオフラインに敵いません。

 

オフラインからオンラインへ

屯田兵くんとほなみんとは、最初知り合った時はオフラインだけの繋がりだったことになります。

 

もしその場でただ飲んで話して、「バイバーイ」って別れていたらそれで終わりです。

何も繋がらないし、次に会うこともないかもしれない。

 

だからオフラインの繋がりはすぐにオンラインに落とし込むことをオススメします。

 

もちろん誰でも彼でもとは言わないけど、自分が良いと思った人はどんどんオンラインでの繋がりを持つようにしましょう。

そして、ここで注意したいのが、どのメディアで繋がるのかというところです。

 

最初に言ってしまうと僕のオススメはダントツでFacebookです。

 

LINEで連絡先を交換する人が多いようだけど、LINEで連絡先交換したところで多分交流ってないんじゃないかなと思います。

だって用もないのに連絡しづらいですよね。

 

オフラインで一回会っただけの関係っていうのは、結構微妙な関係です。

オンラインだけの人のほうが仲良い人もいるという状態だと思います。

 

だからここでは気軽にお互いの存在を感じられるFacebookを使って連絡先を交換しましょう。

 

Facebookであれば、「いいね!」するだけでも自分のことを思い出してもらうことができるはずです。

 

Twitterも良いけど、Twitterは手軽な分、関係も軽くなりがちなので、オフラインでの繋がりと連携させるのにはあまりオススメはできるメディアとは言えません。

 

あまり知られていないかもしれませんが、FacebookのMessengerはLINEとほぼ変わらない機能を備えています。

チャットも音声通話もビデオ通話もできるんです。

 

そしてFacebookはLINEのアカウントを教えるより手軽に感じるはずです。

 

LINEもSNSではあるけど、もはや連絡ツールのような役割となっているせいもあって、繋がりの薄い人にアカウントを教えるのをためらう人も少なくないんじゃないでしょうか。

 

とにかく、どんなメディアだったとしても、オフラインの繋がりをオンラインに落とし込むことで、繋がりを維持することができるということです。

 

さいごに

1週間程度の短い滞在だったにもかかわらず、2日間もるってぃさんと一緒に時間を過ごさせていただいてしまいました。

 

とはいえ、ノウハウ系の会話はあまりしないように意識していたから、スキルや知識といった面での直接的な収穫はなかったけど、彼の器には確かなものを感じました。

 

 

一緒に北海道大学の学祭を回っているときも、「人が集まっているブースと集まっていないブースの差はなんなのかなー」とか彼は言ってました。

 

日々学ぶことを忘れない姿勢は見習わないといけないなと思わされましたね。

 

オンラインはあくまでオフラインに活かすためのツールです。

こういったオフラインで感じたものは、オンラインで感じるものよりも強く心に響きます。

 

オンライン上ですべてを完結させる方が圧倒的に効率が良いのは分かります。

でも、それでもリアルを大切にして生きていきたいと僕は思います。

 

インターネットが普及すればするほどに、オフラインの繋がりを忘れがちになるかもしれないけど、リアルの尊さを感じることを忘れないでください。

 

この記事があなたの道を照らす星になりますように。


Sponsored Link

この記事をシェアする