目標を達成できない人が夢を実現する確率を爆発的に上げる方法

はい、タイトルの答えを言います。

それは目標とその道筋を具体化することです! 以上!

という話をつい先日、うしらくさん(https://ushiraku.com/profile) のツイキャス「うしらくラジオ」の生配信で語らせていただきました。

 

 

そこで今回は、やりたいことの道筋を具体化・明確化する手順について解説していきます。

 

スポンサードリンク

目標とは

以前、「自分のやりたいことを見つけるための5つの手順」という記事でも紹介したことがありますが、まずはやりたいことを見つけましょう。

 

「やりたいことが特にない」とか「自分が何したいのかわからない」というお悩みを解決するために、説得力がハンパない陶芸家ブロガーのユキガオさん(http://www.yukigao.com/entry/2016/09/13/112235)と対談させていただいたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

やりたいことは、何もないところからは自然と生まれてくるものではありません。

あなたが行動することによって、見つけるものです。

探さなければ見つからない。

 

やりたいことは、行動して行動して行動して、自分の知らなかったものやできなかったことにチャレンジしていく中で初めて見つけることができます。

つまり、「やりたい!」と思っているという時点では、あなたはその事柄に関して、そこまで深い知識を持っていないことがほとんでしょう。

 

「やりたい!」と思って、どんどんやってみて、勉強して、自分がやりたいと思った事柄について理解を深めていくわけです。

陶芸の技術に優れていて、陶芸に関する知識を最初から持っている状態で、いきなり「やりたい!」と思う人なんているわけがないですよね。

 

やりたいと思ったから、勉強していくというのが普通です。

逆にいえば、今のあなたが他の人に比べて深い知識を持っている事柄は、あなたにとってやりたいことだった可能性が高いとも言えるでしょう。

 

どちらにせよ、本当にやりたいと思ったことがあるのなら、実現を目指す前に、まずその事柄について理解を深める必要があるということです。

そしてやりたいことが明確化していくと、それが目標となるわけです。

 

 

目標を具体化する

 

例えば、「世界一周したい!」と言っている人はたくさんいますよね。

でもそのほとんどの人が世界一周をするという行動を起こすことができていません。

 

それはなぜか?

 

答えは簡単。

目標が抽象的過ぎるからです。

 

世界一周って言っても、地球は丸いので色んなルートがありますよね。

 

どの国に立ち寄りたいのか?

そもそもなぜ世界を一周したいのか?

行きたい国だけを回るという選択肢もあるのではないのか?

世界一周の「世界」とはなにか?

地球上に存在する国のすべてを訪れるのか?

各大陸ごとの国をいくつかだけ訪れるのか?

 

考えなければいけないことはたくさんありますよね。

こういった具体的な要素について考えずに「やりたい!」とだけ言っていても実現する可能性は限りなく低いでしょう。

 

まずは自分がやりたいと思った事柄について、具体化していくことが必要です。

 

これを考える手順をまとめるとこんな感じ。

 

目標を明確化する

なぜやりたいのか?

その事柄に取り組むにあたって実現したいことは何か?

 

「やりたい!」と思って、やってみて「楽しい!」で終わるだけで良いのであれば簡単ですが、ほとんどの場合はそうじゃないですよね。

であれば、やってみた結果どうなって欲しいのか、どういった状態に持っていきたいのかというところを、自分の中で明確に理解しておく必要があります。

 

必要な時間を明確化する

いつまでやっても全く成果が出ないことに時間を費やし続けるのはナンセンスです。

目標の実現までに必要となるであろう時間を設定しておくのが良いかと思います。

見積もりをした結果、実際にやってみてもう少し時間が必要そうなのか、もっと早く実現できそうなのを判断して、時間設定は変更していってください。

 

そして、最終的に自分が設定した時間(期間)を使って活動した結果、実現が困難だと判断したのであれば、諦めるというのもひとつの道です。

自分がやりたいことがひとつしかないなんてことはないはずです。

 

ひとつに固執せず、ひとつずつ集中して取り組む姿勢が大切です。

 

必要な資金を明確化する

世の中は金で回っています。

人が実現したいと思うことには、多くの場合にお金という言葉がつきまとうものです。

あなたが目標を実現するために、どの程度の資金が必要なのかを明確にリサーチしておきましょう。

 

最低でもいくら必要なのかを理解しているのといないのでは、行動も変わってくるはずです。

 

必要な環境を明確化する

実現したい目標が今の自分の環境下で実現可能であるのかを考えてみましょう。

例えば、今は自衛官で副業ができず、寮暮らしという環境だったとすると、できることにはどうしても制限が生まれます。

 

今の環境で実現不可能なのであれば、時間やお金をどうにかしたとしても、自分の置かれている環境を変えなければいけないですよね。

 

もし誰かと一緒に実現したいことであれば、更に相手の環境も考慮する必要が出てきます。

 

ひとり暮らしじゃないとできないとか、1日にこのくらい自由な時間がないとできないとか、色々あると思います。

そういった必要事項を書き出してみると、自分が最終的にどういった環境を手に入れる必要があるのかが見えてくるでしょう。

 

達成までの手順を具体化する

どんなに目標が具体化しても、自分がどう行動すればいいのかが分からなければ動けませんよね。

なので、実際に自分がどうしていけば良いのかを考える必要があります。

 

そのためにはとにかく情報が必要です。

 

「世界一周する」という目標を設定したのであれば、ワーキングホリデーやツアーなどを活用するのか、自分でプランを立てて旅をするのかというところが課題になってくるでしょう。

そして必要な資金、時間、環境を手に入れるための方法も考えなくてはいけません。

 

資金が足りないのであれば、給料を貯金していくといつ頃貯まるのか?

時間が足りないのであれば、今の仕事や学校をどうするのか?

環境が整っていないのであれば、仕事や住居、人間関係をどうするのか?

 

幸い今の時代にはインターネットという便利なものがあります。

とことんググってください。

ググって分からないことは専門家に直接コンタクトを取ってみましょう。

 

だいたい専門家のホームページにはお問い合わせフォームというものがあるので、そこから簡単にメッセージが送れるようになっているはずです。

まずは全力で情報を集めることが、目標の実現の近道です。

 

情報を集めて、問題点を洗い出し、それぞれの問題に対処していくというのが良いでしょう。

 

お金を集める方法、時間を確保する方法、最適な環境を手に入れる方法。

これらをリサーチし、実践していくことで、あなたの目標の実現確率は爆発的に向上するはずです。

 

とにかく行動する

リサーチすることで、情報を集める人は結構います。

ここからが肝心です。

それは実際に行動すること。

 

リサーチすると知識がつくので、自分に言い訳がしやすくなります。

でもやらない理由を探すことはやめてください。

 

実現したい目標を明確化し、その目標までの手順について分析するのは重要ですが、分析だけしていても成果には繋がりません。

分析した結果にもとづいて、どう行動すべきかが明確化した段階で、すぐに行動に移すことが重要です。

 

やってみなければ、見えてこない部分というのは結構多いです。

考えてリサーチして、それでもわからないのであれば、とにかく行動してみましょう。

そこで失敗したとしても、そこから見えてくるものがあるはずです。

 

失敗するのは、早いに越したことはありません。

どんどん失敗しましょう。

 

失敗なしに成功はあり得ません。

トライ・アンド・エラーというやつです。

 

ビビって同じ場所にいても、今の状況を変えることはできません。

勇気を出して、変化を受け入れてみましょう。

 

コミュ障のぼくがツイキャスラジオを始めた、たった1つの理由

うしらくさんがラジオを始めた理由が書かれている上記の記事が参考になると思います。

 

さいごに

資金、時間、環境。

これらすべてが不足しているのであれば、実現するためにはかなりの変化が伴うはずです。

そうなってくると行動する勇気が必要だし、簡単にはいかないこともあるでしょう。

 

しかし、僕の経験上、何かを実現するにあたっては、思い切った行動や劇的な生活の変化が必要になることがほとんどです。

 

何も変わらず、何も失わずに実現できることなんて大したことじゃないということです。

それで満足できないから、悩んでいる人が多いんだと思います。

 

だから思い切って行動してみてください。

変化は怖いけど、変化を求めているのであれば、勇気を出して行動する他に道はありません。

 

「今の生活のまま億万長者になりたい!」とか不可能だということです。

億万長者になれるほどの人間であれば、生活もきっと変わるし、どこかで大きな変化を経験しているはずです。

 

変化を恐れず、勇気を持って行動し、目標を実現させる確率を高めていきましょう。

▽▼▽この記事をシェアする▽▼▽