インターネットを使った確定申告の流れと必要書類の作成方法

どうも、確定申告大好き人間のアオ(@sh0g0_a0ki)です!

 

今回は「今まで会社が全部やっててくれたから確定申告のやり方が分からない!」というあなたのために、所得税の確定申告の方法と手順について解説していこうと思います。

 

難しそうに感じるかもしれませんが、大したことはないので安心してください。

転職や退職、独立して働いている人であれば誰もがやることです。

 

まぁ正直めんどくさいっちゃめんどくさいですが、やらなかったら更にめんどくさいことになるので、ここで確定申告の方法についてマスターしておきましょう。

 

Sponsored Link

確定申告とは

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までに得たすべての所得を計算して、自分の1年の所得を税務署に申告し、適切な所得税を納めることです。

 

あなたが正社員や契約社員などの会社側で年末調整の対象となる雇用形態で雇われている場合、確定申告をする必要はありません。

 

しかしながら、年末調整ではできない控除もあるため、年末調整が済んでいても確定申告によって払いすぎた所得税が返ってくるということもあります。

 

確定申告が必要かどうかは、以下を参考にしてみてください。

主にサラリーマンの人で確定申告が必要な人

  1. 給与収入が2,000万円を超える場合
  2. 不動産収入や配当収入、年金収入など副収入がある場合で、その副収入に対する所得が20万円を超える場合
  3. 2つ以上の会社より給与を受けている方
  4. 医療費控除・雑損控除などを受ける場合
  5. 住宅ローン控除を初めて受ける場合(2年目以降は年末調整で可能)
  6. 年の途中で退職して年末までに再就職していなくて、年末調整を受けられない場合

確定申告しなくてもよい人

  1. 会社員(年末調整で精算済みで、確定申告による控除等の必要がない人)
  2. 専業主婦等所得がない人
  3. 所得が少ない人(所得控除の額の合計額が所得額より多い人)
  4. 年金収入額が400万円以下で、かつ、年金所得金額以外の所得金額が20万円以下の人

引用元:確定申告情報ポータル

 

僕もアルバイトから自衛隊に就職した年や、自衛隊を辞めてからアルバイトをし始めた年は、自分で確定申告に行きました。

 

たとえあなたが正社員でも複数の会社から給与をもらった場合には、確定申告が必要になるので気をつけてくださいね。

 

また、確定申告をせずに期限を過ぎてしまった場合、ペナルティが発生する可能性があるので、必ず期間内に申告できるように努力しましょう。

期間内(2017年の場合は3月15日まで)に確定申告できなければ「期限後申告」となります。
遅れた日数分、延滞税(年利最高14.6%)をあわせて支払ったり、
場合によっては無申告加算税(最高20%)を納める必要が生じます。
延滞税や無申告加算税は、本来の納税額に上乗せして納付する罰則的な税金です。

引用元:2017年(平成29年)確定申告期間と提出方法

 

確定申告までの準備

個人番号通知カードは全国民が持っているはずですが、その通知カードに同封されている書類から自分の顔写真を添付して指定場所に送付し、『マイナンバーカード』を取得する人ってそんなにいないんじゃないかと思います。

 

『e-Tax』という納税システムを使えば、直接税務署に行ったり、紙媒体の書類を作ったりしなくても、電子申告ができるのですが、マイナンバーカードを持っていなければできないんですよね。

 

おまけにそのマイナンバーカードの情報を読み取るためのICカードリーダーが必要です。

そんなカード読み込むツールが一般家庭にあるとはとても思えませんよね。

 

ということで、今回はアナログに自分で書類を作って税務署に持っていくという流れを説明していきます。

 

源泉徴収票の取り寄せ

源泉徴収票(げんせんちょうしゅうひょう)というのは、会社が発行する1年の間に自分が働いた分の給料や税金などが記載された書類です。

 

各会社が発行するので、1年の間に複数の会社で働いた場合は、すべての会社の源泉徴収票が必要になります。

 

僕も1週間だけコールセンターで働いたことがあるのですが、その1週間のために源泉徴収票を取り寄せました。

 

どうやって取り寄せるのかっていうと、ただその働いている(働いていた)会社に「源泉徴収票くれ」って言えばいいだけです。

気まずい感じで退職していようがなんだろうが必要になってくるので、気にせず電話してください

 

個人的にわりとブラックな企業でもあっさり送ってくれる印象があるので、怯まず依頼してみましょう。

 

もちろん住所が変わっている場合は新しい住所を正確に伝えてくださいね。

発行してもらっても届かなかったら意味ないですからね。

 

会社にもよりますが、大体1週間以内程度で届く感じがします。

とはいえ、早いに越したことはないので、期限内に間に合うように取り寄せておきましょう。

 

ちなみに源泉徴収票とか難しそうな名前がついていますが、ただの紙っきれです。

ぺらっぺらなので、汚したり破いたりしないように注意してください。

 

確定申告場所の確認

確定申告場所は今現在あなたが住んでいる場所を管轄している税務署となります。

 

こればっかりは人によって違うので自分でググってください。

「(自分の住所) 確定申告」とか検索すればだいたい出てくるはずです。

 

基本的に税務署は土日祝が休みなので、平日に行くしかないのですが、一部の税務署では曜日にやっている日があるはずなので、税務署のスケジュールはチェックしておきましょう。

 

僕も土日祝が休みで平日は仕事なので、なかなか行くことができないのですが、その日曜日やっている日には行くことができます。

 

とはいえ、僕と同じような人は多いのでめちゃくちゃ混むんですよね。

 

もう大行列ですよ。

 

書類は税務署内で作成することもできるのですが、そんな大行列の中で書類作成するために並んで、書類提出するために並んで、なんてことを繰り返してたら何時間かかるかわかりません。

 

書類の作成

必要書類の作成方法

確定申告期間内の税務署はごった返しています。

 

なので、少しでも並ぶ時間を短縮するため、書類は自分で作成して持っていきましょう。

とはいえ、源泉徴収票の情報がないと作成できないので、まだ手元に源泉徴収票がない場合は届くのを待ってください。

 

今回は国税庁が提供している所得税(確定申告書等作成コーナー)で書類を作成します。

まずは上記のリンクから所得税(確定申告書等作成コーナー)を開きましょう。

 

開いたら、目立つピンク色のボタンをクリックしてください。

 

次に、作成開始をクリックします。

 

前述した通り、e-Taxは今回使用しないので、「書類提出」を選択します。

 

なんかいろいろ出てきますが、気にせず一番上のチェックボックスにチェックを入れてください。

 

そして、今回は所得税の確定申告なので、「所得税コーナー」を選択します。

 

今回は副収入が20万円を超えていないという想定で、一番左の青い「作成開始」をクリックします。

 

「確定申告書を印刷して税務署へ提出」にチェックを入れ、生年月日を入力したら、「入力終了」をクリック。

 

「給与のみ」にチェックを入れて「入力終了」をクリック。

 

給与の支払者の数を選択します。途中で転職やバイト先を変えた場合などは「2か所以上」にチェックを入れましょう。

 

また、確定申告をする場合は年末調整ができていない場合がほとんどだと思うので、「年末調整を行っていない」にチェックを入れ、「入力終了」をクリックします。

 

「入力する」をクリックしましょう。

 

ここからは源泉徴収票を手元において、情報を入力していきましょう。

 

情報を画像の囲われた①②③……と記載されている箇所に対応した入力欄に記載していきます。

 

源泉徴収票の該当箇所がなにも書かれていない場合は、なにも入力せずに「入力終了」をクリックしてください。

 

ここで、複数の会社から給与を受け取っていた場合は「もう1件入力する」をクリックして、同様に情報を入力していきましょう。

 

すべての会社の源泉徴収票情報を入力し終えたら、「次へ」をクリックします。

 

なんかいろいろ出てくると思いますが、全部「次へ」でどんどん進んでください。

以下の画面まできたら、必須項目のみの該当する方にチェックを入れましょう。

 

一番上の徴収方法の選択欄はデフォルトのままにしておいてください。

 

今現在の自分の住所を入力して「入力終了」をクリック。

 

還付金がなく、一定額を納めないといけない場合、口座から引き落としされる振替納税を申請することもできるのですが、正直1年に1回だけだし、その場で直接払ってしまったほうがいいと思うので、今回は説明を省きます。

 

「帳票表示・印刷」をクリックすると、書類のpdfファイルが自動的にダウンロードされます。

 

お疲れ様でした!

これであとはこのpdfファイルを印刷するだけです!

 

ネットプリントの使用方法

ローソンやファミリーマートなどが連携しているネットワークプリントというサービスもあるのですが、今回はセブンイレブンが提供しているネットプリントというサービスを利用してみましょう。

 

少し手間ですが、まずはユーザー登録をしましょう。

 

ログインしたら、以下のような画面になるので、「普通紙にプリント」を選択します。

 

ここで、さきほど作成したpdfファイルをアップロードしましょう。

 

アップロードが完了すると、以下のようにプリント予約番号というものが表示されるので、この番号をメモっておいてください。

 

あとはセブンイレブンに行って、コピー機横のプリントサービスシステムから「ネットプリント」を選択して、メモっておいたプリント予約番号を入力するだけです。

 

もちろんコピー機同様にお金はかかりますが、プリンター持っていない場合は便利なサービスなので、ぜひ使ってみてください。

ネットカフェに行くよりは安くできるはずです。

 

また、書類には、源泉徴収票の原本と身分証明書をのりで貼っつける必要があります。

 

なので、コンビニに行ったら免許証と個人番号通知カードを並べてコピーしておいてください。

僕はそれをA4サイズに貼り付けやすいサイズにハサミで切って、のりで貼りました。

 

本人確認書類の詳細は以下のようになっています。

(1) 本人確認書類

 ご本人(法人の場合は代表者本人)又は代理人本人であることを確認させていただく本人確認書類は、次のとおりとなります。
 なお、本人確認書類の種類により、1枚の提示で足りるものと2枚の提示が必要なものに分かれますのでご注意ください。

(注)
1 有効期限のある本人確認書類は、有効期限内のものに限ります。
2 本人確認書類に記載された識別番号等を控えさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
1枚の提示で足りるもの

・個人番号カード
・運転免許証
・写真付き住民基本台帳カード
・旅券(パスポート)
・海技免状
・小型船舶操縦免許証
・電気工事士免状
・宅地建物取引主任者証
・教習資格認定証
・船員手帳
・戦傷病者手帳
・身体障害者手帳
・療育手帳
・在留カード又は特別永住者証明書
・国又は地方公共団体の機関が発行した身分・資格証明書(顔写真付き)※1
2枚の提示が必要なもの

・写真の貼付のない住民基本台帳カード
・国民健康保険、健康保険、船員保険、又は介護保険の被保険者証
・共済組合員証 
・国民年金手帳
・国民年金、厚生年金保険又は船員保険の年金証書
・共済年金又は恩給の証書
・上記に掲げる書類を除く、国又は地方公共団体の機関が発行した身分・資格証明書(顔写真なし)※2
・学生証、法人が発行した身分証明書(顔写真付き)※2
(注)
1 「※」を表示した本人確認書類は、氏名及び生年月日又は住所が記載されたものに限ります。
2 「※2」を表示した本人確認書類は、「※2」を表示していない本人確認書類と組み合わせてご提示ください。「※2」を表示した本人確認書類のみを2枚以上ご提示いただいても本人確認できませんので、ご注意ください。
(2) ご本人の番号確認書類(個人のみ、法人の場合は不要)

 納税証明書交付請求書に記入していただいた個人番号を確認するため、個人番号カード又は通知カード等(代理人の方が来署される場合はこれらいずれかの書類の写し)が必要です。

 

さいごに

プリント後の書類には、印鑑を押す場所があるので印鑑を押すのを忘れないで下さいね!

 

あと、控えも必要になるので、プリント代をケチらずにきちんとプリントするようにしましょう。

控えにも税務署の印が押されることになるので、提出書類と一緒に控えも渡してください。

 

所得税の確定申告書類の作成方法はこれで完璧です。

 

また、税務署に行っている時間がないという場合は、郵送もできるみたいなので、どうしても直接行けない場合には書類を税務署に郵送しましょう。

 

とはいえ、不備があった場合の訂正や、納税しなければいけないとなった場合、手間が増えるので、できれば直接行ったほうがいいと思います。

 

e-Taxがもっと使いやすくなってくれればいいんですが、あまり期待はできなさそうです。

 

それでも僕は来年の確定申告までにはカードリーダー買って、マイナンバーカードを発行しようかなと思ってます。

なんせ税務署がとおくてとおくて……

 

というわけで、これから確定申告のスタイルがどう変わっていくかはわかりませんが、しっかりと確定申告は期間内に済ませておきましょうね!

 

この記事があなたの道を照らす星になりますように。


Sponsored Link

この記事をシェアする