独立のススメ!現代においてフリーランス活動を行うべき3つの理由とは

どうも、脱サラ大好き人間のアオ(@sh0g0_a0ki)です!

 

僕は学生時代、テストの3日前にならないと勉強しない人間でした。

追い詰められないとできないっていう人は結構いますよね。

だけどもし、あなたが追い詰められていることに気づいていないとしたらどうでしょうか?

 

 

日本の大企業の立場がいま揺らぎつつあります。

 

現代において、一般企業勤めで「安定」の2文字を手に入れることはできないと思った方が良いでしょう。

 

僕はこの現状を考え、個人で独立・開業できる仕事に就くことをオススメしています。

合わせて読みたい!

 

では、いったい日本の社会にどのような変化が生まれてきているのでしょうか?

その原因としてあがる大きな3つの理由について解説していきます。

 

Sponsored Link

グローバル化と諸外国の発展

「グローバル化」という言葉を知っていますか?

 

僕は最近まで、グローバル化について深く考えたことがありませんでした。

一般に、グローバル化とは、資本や労働力の国境を越えた移動が活発化するとともに、貿易を通じた商品・サービスの取引や、海外への投資が増大することによって世界における経済的な結びつきが深まることを意味する。

引用先:第1節 日本経済とグローバル化 – 内閣府

 

グローバル化すると資本や”労働力“の国境を越えた移動が活発化すると書いていますよね。

これは海外から労働力が入ってくるというだけではなく、日本から海外へ労働力が出ていくとも言えます。

 

これは堀江貴文さんが近畿大学の卒業式で行ったスピーチです。

堀江さんが言っている通り、東南アジアの経済発展は著しいです。

 

日本より他国のほうが賃金が高くなってきていて、もう既にオーストラリアなどに出稼ぎに行く日本人が増えているようですね。

 

2015年の日本の経済成長率ランキングで日本は160位という結果になっています。

経済大国と呼ばれている日本が他国に追い抜かされるのは時間の問題です。

世界の経済成長率ランキング
引用先:世界経済のネタ帳

 

しかし、日本は人手不足という問題を抱えているにもかかわらず、他国と比較すると外国人の受け入れを厳しく制限している傾向にあります。

 

日本の移民政策はもう手遅れかもしれません。

現在も日本で永住権を取得するのは難しいと言われています。

 

他に賃金の高い国があるのに、わざわざ日本語を勉強してまで受け入れを渋っている日本に働きにくる外国人が増えるとは到底思えませんよね

 

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業によって日本の大手電機メーカーであるシャープが買収されたことを知っていますか?

日本の大手企業が台湾に買収されたんです。

 

正直、僕はかなりの衝撃を受けました。

「日本そろそろやべぇな……」と本気で思いました。

 

このシャープ買収はそれだけ他国の経済成長が著しい証拠であり、日本の経済成長が停滞していることをあらわしていますね。

これでもまだ「大企業が安定」なんて言っている人がいるんですよ。

 

悲しくて頭が痛くなってきます。

マクロな視点や大胆な決断力が求められる意思決定は欧米人や華人のリーダーが行い、彼らの指示を確実に実行に移す官僚的な仕事を日本人従業員が担当する組織というのは、実は極めて理想的かつ効率的な組み合わせである

鴻海のシャープ買収は日本の重要な転換点となるか 3つの仮説
引用先:朝日新聞デシタル

 

個人的にこちらの記事での仮説はかなり有力だと思います。

ゆくゆく日本の企業は上司が外国人、部下が日本人という構図になっていく可能性があります。

 

一般企業に勤めながら出世するのはどんどん難しくなっていくでしょう。

 

技術革新による仕事の変化

世界的な技術革新の影響で僕たちが今まであって当たり前だと思っていた仕事がどんどんなくなっていっています。

これは数十年後の話ではありません。

 

動画をみても分かると思いますが、これはレジフリーと呼ばれている無人のコンビニです。

Amazonはコンビニエンスストア事業へ参入することを発表しました。
その名も「Amazon Go」。

 

2017年の初頭に一号店をオープンするそうです。

つまり、このコンビニが日本に普及すれば、コンビニで働く人のほとんどが不要になるということですね。

 

そうなると今コンビニで働きながら生計を立てている人はどうなるでしょうか?

 

技術発展と普及の未来予測については、単純作業はロボットがやることになるとか、AIに知識を要する仕事を任せて単純作業は人間がやることになるとか、いろいろな説があります。

 

せっかく頑張って大企業に就職しても、ロボットとAIがその仕事をできるようになってしまったら、その事業で人間がやる仕事はなくなってしまいます。

  • 銀行の融資担当者
  • スポーツの審判
  • 不動産ブローカー
  • レストランの案内係
  • 保険の審査担当者
  • 動物のブリーダー
  • 電話オペレーター
  • 給与・福利厚生担当者
  • レジ係
  • 娯楽施設の案内係、チケットもぎり係
  • カジノのディーラー
  • ネイリスト
  • クレジットカード申込者の承認・調査を行う作業員
  • 集金人
  • パラリーガル、弁護士助手
  • ホテルの受付係
  • 電話販売員
  • 仕立屋(手縫い)
  • 時計修理工
  • 税務申告書代行者
  • 図書館員の補助員
  • データ入力作業員
  • 彫刻師
  • 苦情の処理・調査担当者
  • 簿記、会計、監査の事務員
  • 検査、分類、見本採取、測定を行う作業員
  • 映写技師
  • カメラ、撮影機器の修理工
  • 金融機関のクレジットアナリスト
  • メガネ、コンタクトレンズの技術者
  • 殺虫剤の混合、散布の技術者
  • 義歯制作技術者
  • 測量技術者、地図制作技術者
  • 造園・用地管理の作業員
  • 建設機器のオペレーター
  • 訪問販売員、路上新聞売り、露天商人
  • 塗装工、壁紙張り職人

参考:オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」

 

これはオックスフォード大学が去年発表した予測です。

先日、不要になったクレジットカードの解約手続きのため、カスタマーセンターに電話をかけたのですが、そのうちのひとつは、オペレーターと話すことなく解約手続きが完了しました。

コールセンターが近い将来に消えるのは確実でしょう。

 

AIなどの技術革新は爆発的なスピードで進んでいます。

リストに記載のない職種でもどうなるかわかりません。

 

これからは自分のやりたいことがAIに取って代わられる可能性を考える必要があります。

とはいえ、AIが発達するからこそ、新たに生まれる仕事もあるでしょう。

常に時代の動きに目を向けておく必要があります。

 

ニーズの多様化による企業の限界

技術革新が進めば進むほど、さまざまなニーズが生まれてくることは明白です。

 

ニーズに併せてサービスを細分化するのはデメリットが大きすぎますし、全てのニーズに応えるのは不可能です。

企業はどのニーズを取るのかという選択を迫られることになるでしょう。

 

最近では、「できる限り値段が安い方がいい!」という考え方から、「高くても費用対効果が高ければいい!」という価値観を持った人たちが増えてきています。

 

それをうまく利用したのがセブンイレブンですね。

 

セブンイレブンは”セブンプレミアム”や”セブンゴールド”というプライベートブランドを使って、少し高いけど質がいい商品を提供することによって、費用対効果を考慮する人たちからのニーズに対応しました。

 

しかし、そんなセブンイレブンでも応えられていないニーズがあるはずです。

企業単位で消費者ニーズに対応するのはどうしても難しい。

 

企業が対応できずに溢れ出してしまうニーズが必ずあります。

 

企業が対応できないけど個人でなら対応することができる溢れ出したニーズがあらわれはじめたということです。

 

さいごに

昨今における時代の流れはとてつもなく早いです。

どんな仕事が消えて、どんな仕事が増えるのか?

そんな正確な未来予測は誰にもできません。

 

グローバル化が進めば、スキルを磨いてフリーランスとしての活動している場合でも起業して事業を回している場合でも影響が出る可能性はあります。

 

フリーランスで働くにしても、ひとつのスキルではなく、複数のスキルを身につけて、フットワークが軽い状態にしておきましょう。

 

起業についても、複数の事業を立ち上げる必要があると考えています。

 

何かひとつのものに依存することなく、収入源は複数ある状態にしておきましょう。

たとえあなたがサラリーマンをやり続けるとしても、給料以外の収入源があるに越したことはないはずです。

日本にいられなくなる前に、僕たちは個人で働く力を身につける必要があります。

 

僕たちは一歩を踏み出さなければいけないところまできているということを認識し、勇気をもって行動していかなければいけません。

 

現状をしっかりと把握し、世の中から目を逸らさないようにしてください。

目を逸していたところで現実は必ずあなたに襲い掛かってきます。

 

しっかりと個人で稼ぐ力を身につけていきましょう。

 

この記事があなたの道を照らす星になりますように。


Sponsored Link

▽▼▽この記事をシェアする▽▼▽