自分のやりたいことを見つけるための5つの手順

どうも、やりたいことだらけのアオ(@sh0g0_a0ki)です!

 

あなたにはやりたいことがありますか?

 

僕は「起業して金を稼いでビッグな男になりたい!」みたいな漠然とした願望から自衛隊を退職して、1年以上何もしていませんでした。

 

「いつかやる」「そのうちやる」

将来のことなんてまったく考えていない人間の言葉です。

「口だけではなんとでもいえる」というやつですね。

 

そして退職金で遊び回って、人生初の就活をして、うまくいかなくて、金欠になって、数年ぶりにアルバイトというものをしてみてやっと気付いたんですよ。

 

「これはいつまで続くんだ?」

「結局そのうち就職しないといけなくなるのか?」

「そのうちっていつだ?」

「このままだったらただのフリーターおっさんになるだけじゃないのか?」

「これじゃあ家出したときと一緒じゃないか」

「そんなことをやるために自衛隊を辞めたわけじゃない!」

 

生きるためだけに生き過ぎていたんです。

世界には今を生きるだけで精一杯な人たちは大勢います。

 

でも僕たちは違います。この記事を読んでいる時点であなたにはインターネット環境があるし、死につながるほど衣食住に困ってはいないでしょう。

僕たちは十分過ぎるほどに環境に恵まれているんです。

 

やりたくてもできない人がいる中で、できるのにやらないのはただの怠慢です。

やりたくないことやっても貧乏なら、やりたいことやって貧乏の方が良いでしょ。

 

以下の記事を書きましたが、「好きなことやれっていわれても、そんなのないし!」という場合もありますよね。

合わせて読みたい!

 

 

だからやりたいことを見つけましょう。

好きなことを見つけましょう。

夢を見つけましょう。

 

Sponsored Link

固定観念を破壊する

僕たちが夢ややりたいことを考えるときに大きな障害となるのが、固定観念です。

 

自分にできるわけがないと決めつけて、選択肢を自ら減らしているんですね。

簡単にいうとビビってるんです。

 

やりたいことはできることの中にあるとは限りません。

むしろ今のあなたができないことの中にある可能性の方が高いです。

 

できないからやらないなら一生成長できないでしょう。

 

あなたは最初歩けなかったけど、頑張ってハイハイしながら努力して、二本の足で立って歩けるようになったはずです。

そのとき「俺は歩けるようになるかわからない」とか考えてましたか?

 

いや、まぁ覚えていないと思いますけど、たぶん思ってなかったと思うわけですよ。

赤ちゃんはできるとかできないとか考えてなさそうですよね。

 

ただ歩けるようになりたいという気持ちで行動しているはずです。

 

僕は初めて自転車を乗っている人を見たとき、自分には絶対無理だと思いました。

だってあんなほっそい車輪だけで走るとか意味わかんないじゃないですか。

 

初めて補助輪を外して一人で乗った時の恐怖は今でも覚えています。

めっちゃ怖かったし、めっちゃ転びまくりました。

 

でも肘とか膝とか血まみれになりながらも頑張って練習して乗れるようになったんです。

そして一度乗れるようになったら、片手運転とか、両手放しとか調子に乗ってやり始めるわけです。

 

僕たちが今、めちゃくちゃ稼いでいる人を見て「あんなふうに絶対なれない」と思うのは、自転車に乗れない頃に両手放しで自転車に乗っている人を見てたときの気持ちと同じようなもんだと思っています。

 

できないじゃなくて、できなさそうなだけです。

最初から自分の可能性を否定していては何もできないのは当たり前です。

 

無理じゃないんです。

あなたはできます。

やろうとしてないだけです。

 

僕は僕ができると信じています。

だからあなたもあなたができると信じてください。

 

新しい世界に触れて視野を広げる

僕たちにはまだまだ知らない世界がたくさんあります。

 

僕はネットサーフィンをして、今やっているソフトウェアテストのアルバイトの存在を知ったとき、結構な衝撃を受けました。

「え? そんな仕事あるの? めっちゃ楽しそう!」

 

ソフトウェア開発にはまったく縁がないと思っていましたし、そのソフトウェアがリリースされるまでの工程について考えたことなんてありませんでした。

 

でも少し考えれば、そういう仕事はあって当然のものだと理解できたんです。

 

なので、まずは好奇心を持っていろんな世界を覗いてみましょう。

その世界での出会いがあなたの人生を変えるきっかけをくれるかもしれません。

 

ネットサーフィンでもいいし、読書でもいいし、体験教室に参加してみるのもいいし、習い事をやってみるっていうのもいいかもしれません。

 

やったことのない遊びをしてみるのもいいですね。

自分探しの旅というやつです。

 

いろんな人に会って、いろんな話を聞くのが一番いいと思いますが、時間もお金もかかる場合が多いし、難しいと思うので、まずはネットでいろいろ調べてみるのが良いと思います。

 

とにかくやりたいことを書き出す

一度常識とか周りの意見とかをすべて無視して、少しでも興味があることをガンガン書き出してみましょう。

 

やりたいことリストを作るんです。

PC上のテキストでも紙媒体でもいいですが、書き足しやすいものが望ましいです。

 

「書き出せといわれても思いつかない」という場合は、過去を振り返ってみましょう。

あなたは小さい頃何になりたかったですか?

何に興味を示す子供でしたか?

自分の小さい頃を知っている人がいれば聞いてみるというのもいいと思います。

 

自分が新しいものを知れば知るほどにそのリストは増えていくはずです。

なので、「これをやる!」って決めるまではメモすることを習慣化すると良いですね。

 

ちなみに僕のやりたいことはこちらです。

アオのやりたい100のリストはこちら!

 

興味のあることを実践する

では次にリストに書き出したことを実際にやってみましょう。

バンジージャンプに興味があるならバンジージャンプしに行ってください。

 

そしてあなたが飛ぶまでに関わった人のことを考えるんです。

自分のやったことのないことにチャレンジすると、「あぁ、こういう仕事もあるのか」っていう瞬間が絶対にあるはずです。

 

簡単なことでも実際にやってみないと見えてこない部分って結構多いです。

だって僕たちがPCをカタカタ叩いているときに、くっそ高いところでバンジージャンプしている人を見守っている人がいるわけですよ。

 

自分がその仕事をやるとしたら……って想像してみてください。

それで「なんか楽しそう」って思ったら、それがあなたにとってやりたいことになり得るものだということです。

 

その「楽しそう」と思えるものをたくさん見つけていくことが大切です。

 

やりたいことで価値提供する方法を考える

やったら「楽しそうだなぁ」って思えるものを見つけたら、その気持ちを使って誰かに価値を提供できないか考えてみましょう。

 

バンジージャンプなら、バンジージャンプの知識を身に着けて、インストラクターになるとか、バンジージャンプができる場所を作っちゃうとかですね。

 

ここで、やりたいことを価値に転換するいい方法をご紹介しましょう。

それは組み合わせることです。

 

「バンジージャンプ」と「写真」を組み合わせて、バンジージャンプ記念写真を撮ってあげるサービスを提供するとか、「バンジージャンプ」と「コスプレ」を組み合わせて、コスプレしてバンジージャンプができるサービスを提供するとかですね。

 

2つ以上の「楽しそう」を組み合わせることによって新しいサービスを作ることができます。

 

自分の書き出したリストを見ながら、こうやって価値提供の方法を考えてみましょう。

そうすれば、あなたの「楽しそう」は「やりたい」に変わるはずです。

 

さいごに

「夢はあって当たり前」「やりたいことがあるのが普通」という意見が多いのが原因かもしれませんが、やりたいこととか夢がないって言ってる人は、やりたいことが元からそこにあるものだという勘違いをしています。

 

やりたいこととか夢っていうのは、自分の中で自分が実際にやっているところを具体的に思い浮かべることができて、初めて生まれるものだと思っています。

 

子供の頃はやりたいことの結果だけ見ることができたんです。

ウルトラマンになりたいし、空も飛びたいし、かめはめ波撃ちたい。

 

どうやってやるかなんて考えない。

 

でも今は結果だけじゃなくて過程も見てしまう。

 

どうやってやるのかわからない。できない。無理だ。できないからやりたくない。

 

それはあなたが大人になって、現実を考慮した思考回路になったからです。

だから子供の頃のように簡単にやりたいことが見つからないのは当たり前なんですよ。

 

もちろん中には子供のようにあっさりと見つけられる人もいますけどね。

 

でも過程なんて結果を決めてから考えればいいんです。

そしてその過程は一人で考える必要もありません。

 

結果が決まっているなら、そこにたどり着くための過程は誰かと協力して作ることができるんです。

でも結果はあなたにしか作れない。

だってあなたのやりたいことなんだから。

 

やりたいこととか、好きなこととか、夢っていうのは1つである必要はありません。

だから楽しそうなものを見つけたらとりあえずやってみましょう。

 

そしたらそれがやりたいことになって、好きなことになって、いずれ夢になります。

 

愛せるものを愛すると愛が生まれるんです。

愛はそこにあるものじゃない。

 

あなたが愛して初めて生まれるものです。

 

ぜひやりたいことを見つけて、僕にもこっそり教えてください。

次はこちらの記事をどうぞ


Sponsored Link

この記事をシェアする