これからの時代における将来性のある安定した仕事とは

どうも、将来性大好き人間の元公務員アオ(@sh0g0_a0ki)です!

あなたはこれからやろうと思っている仕事の将来性について考えてみたことはありますか?

 

ほとんどの人は、「公務員」「大企業」という言葉に釣られて就職活動をしているんじゃないでしょうか?

 

しかし、昨今の日本では公務員や大企業のあり方や人々の価値観に変化が見られます。

モノ消費からコト消費へと移り変わってきた社会が次に行く先にはヒト(個人)です。

 

「この人にならお金を払っても良い」という考えが普及し始めているということです。

そういった世間の動きは、国や企業にも影響を与え始めているんです。

 

今回は、このスピード感のある現代において、将来性のある仕事とは一体どういったものなのか一緒に考えてみましょう。

 

Sponsored Link

仕事における安定とは

毎月の一定した給料

毎月安定して入ってくる給料があると安心できますよね。

公務員や正社員になれば、一定の給料は約束されます。

 

しかし、それは決して多いとは言えません。

引用元:平成28年国家公務員給与等実態調査の結果

 

自分一人だけで生きていく分には、十分な収入と言えるかもしれませんが、家族を養っていくとなると少し足りないといった印象です。

 

僕のいた職場でも、ほとんどの家族持ちの方はおこづかい制で、「今月やべぇ!」とか毎月言ってました。

 

生きるだけなら困りませんが、家族を養っていくのなら、自分の娯楽に費やすお金はほとんどないと思った方がいいでしょう。

 

また、公務員に関しては公務員法によって副業が禁止されています。

一般企業についても副業を禁止している場合もあるかと思います。

 

自らの力で副収入を得られないというのは、収入が下がることはないけれど、上げることもできないということです。

国や企業から支払われた分の収入に依存する他ありません。

 

もちろん今は長く続ければ退職金は相当な金額が貰えますが、これから先は分かりません。

 

これらの収入が果たして安定していると言えるのでしょうか?

人によってライフスタイルや必要となってくる収入は違います。

 

 

自分の収入をコントロールすることができて、初めて「安定した収入」と呼べるのではないでしょうか?

 

 

週休2日以上の休日

一般企業では年間120日程度の休日があれば、かなり多い方といったところでしょう。

しかしそれは数字だけで見ればです。

 

Yahoo! Japanを運営しているヤフー株式会社が週休3日制導入を検討していることが話題になっていましたね。

IT企業のあり方はこれから先、変わりつつあります。

 

とはいえ、ほとんどの企業は従業員の給料を維持したまま、休日を増やすというのは難しいでしょう。

公務員にいたっては国が動かない限り休日が増えることはありえません。

 

人生において、「仕事」に費やす時間は膨大な時間です。

 

しかし僕たちは仕事をするために生きているわけではありません。

生きるために仕事をしているんです。

 

しかしながら、休日に仕事のことをきれいさっぱり忘れられる人というのはほとんどいないでしょう。

 

休日などの勤務時間外に職場から電話が来ることは珍しくありません。

 

数字での休日が多くても、休日に仕事をしなければならなかったり、仕事による疲労のせいで体力回復に費やす休日があるのでは意味がありません。

 

「休みが多い」という感覚は人それぞれだと思いますが、「休みが足りない」と思っているのであれば年間120日以上の休日があっても、それは「安定した休日」とは呼べないでしょう。

 

自分のタイミングで必要な分だけ休日を取ることができてこそ、僕たちの人生は本当の意味で安定という形を得ることができるのではないでしょうか?

 

 

適度な社会的信用

借入の審査に通りやすくなったり、クレジットカードを作りやすくなったりするなど、社会的信用は様々な場面で必要となってきます。

 

僕は家出をして友人の家に転がり込んでいた時期がありましたが、あの頃の僕の社会的信用は底辺だったでしょう。

 

未成年で会社に勤めておらず、家もなければ保証人もいない。

そんな状態では、部屋も借りることができないし、携帯電話の機種変更すらすることができません。

 

会社員や公務員として一定期間以上勤めれば、生活に不自由ない程度の社会的信用は手に入れることができます。

 

しかし、ここで手に入れた社会的信用というのは、あくまであなた個人に対してのものではありません。

あなたの会社に対する社会的信用であるという点に注意してください。

 

つまり、あなたが会社を辞めれば社会的信用はほぼゼロに等しい状態となってしまいます。

僕たちの親世代の人たち(みんながみんなではないですが)の反応を見ると分かりやすいかと思います。

 

僕の母は僕が公務員になったときは本当に安心したようで、とても喜んでいました。

 

しかし、僕が退職を切り出すと、「これからやっていけるの?」と不安を全面に押し出して退職を阻止しようとしていました。

 

あなたのご両親はどうでしょうか?

もし僕の母と同じような反応なのだとすれば、それが一番良い例になるかと思います。

 

会社勤めを続けていても、自分の産みの親からも心配されてしまうくらいに個人としての信用は一切手に入らないということです。

 

僕の場合、「お前ならどこに行っても大丈夫だ!」と言ってくれるのは辞めた職場の人たちだけでした。

そんな小さな場所でしか使えない信用は、個人間でか役に立ちません。

 

会社としてではなく個人としての社会的信用を手に入れる方が安定していると言えるのは明確です。

 

 

充実した福利厚生

僕の所属していた陸上自衛隊では過保護すぎるくらいに福利厚生が充実していました。

 

公務員は社会保険はありませんが、一般の保険よりもはるかに安く、多くの保険金を得られる団体保険と呼ばれる保険に入ることができます。

 

生命保険や傷害保険、医療保険など、様々な保険が用意されていますが、そのほとんどの管理は自分で行うことがありません。

 

やることと言えば、自分が入っている保険の口数を決めることくらいです。

自分の年間の給料を計算する必要も確定申告する必要もありません。

 

退職直前まで、自分がなんの保険に何口入っているのか忘れていたくらいです。

 

正直、公務員という立場を捨てて、一番恵まれていたと感じるのは保険ですね。

退職してから国民健康保険に入りましたが、めちゃくちゃ高いです。

 

日本は諸外国と比較して恩恵が少ない割に税金が高いです。

だからこそ自分がどの程度の税金を支払っているのかを把握しておく必要があります。

 

税金や保険には、意外に知られていない抜け道があり、やり方次第では大幅に支出を削減できる場合もあります。

 

しかし、会社にやりくりをしてもらっていては、お金のコントロールができません。

 

自分の金銭管理は自分でコントロールした方が結果的にリスクは低いといえるでしょう。

 

将来性のある仕事とは

では、いったいどんな仕事がこれから先、将来性があるといえるのでしょうか?

“ヒト”重視の社会において、安定と将来性を考えるのであれば、必然的に個人で独立・開業ができる仕事が最も安全であり合理的な仕事スタイルです。

 

そして、ここで注意したいのが、個人でしかできない仕事ではなく、企業からの需要のある仕事でもある必要があるという点です。

 

つまり、会社勤めができて独立もできる仕事こそが将来性のある仕事だと僕は考えています。

 

当たり前ですが、独立すれば必ず成功するわけではありません。

そうなったときに、独立をするために身に付けた知識やスキルを一般企業で使うことができれば、収入源は確保できますよね。

 

では、僕のオススメする仕事について、いくつかご紹介していきます。

 

プログラマー

様々なソフトやアプリ開発など、多くの場面で活躍するのがプログラマーです。

 

僕は現在スマートフォン用のアプリ開発に携わっていますが、プログラマーはまだまだ人手不足の会社が多いです。

 

最近では、フリーランスのプログラマーやSE(システムエンジニア)として働いている人がどんどん増えています。

というのも、日本の企業勤めのプログラマーの給料は諸外国と比較してとても低いからです。

 

フリーランスとして独立しているエンジニアの年収は平均700万円ほどのようで、企業勤めの約1.5倍です。

 

コツコツと企業勤めするよりも、サクッとエンジニアになってしまった方が将来は明るいでしょう。

 

まずは無料で実際にプログラミングを体験してみることをオススメします。

 

最近では、高クオリティなスクールを無料で利用できる場所も増えているようです。

これもお金を投資してでもプログラマーに増えてほしいというくらいにニーズがある証拠ですね。

 

少しでも興味があるなら、ぜひチャレンジしてみてください。

プログラミングを学びながら将来について考えても遅くはないでしょう。

 

正社員として経験を積んでから独立という流れがベストかと思います。

 

これからの時代に、プログラミングスキルが全く役に立たないということは絶対にありません。

むしろプログラミングさえできれば、食いっぱぐれることはないと思っても良いと思います。

 

また、ブログ構築においてもHTMLやCSS編集などの知識があると、それだけでブログ構築のコンサル業などができますね。

 

プログラマーの需要はどこにいっても確実にあるわけです。

僕も何度がブログが真っ白になったことがあるので、気軽に相談できるプログラマーがいれば嬉しいです。

 

どんな仕事をやるにしろ、インターネット関連の知識やスキルは使えるようにしておいて損はないでしょう。

無料で学べるプログラミングスクールはこちら!

 

Webデザイナー

 「Illustrator」や「Photoshop」などのソフトを駆使して、Webサイトのデザインと制作を行うのがWebデザイナーです。

 

インターネット上のサイトをデザインするという仕事はこれからどんどん必要になってくるでしょう。

 

例えば、オシャレなBARの店主がインターネット集客を始めようというときに、自分でオシャレなページを作成したいとしたら外注しますよね。

 

そういった、インターネット集客を行いたいと思っている人に対して、サイトを作成してあげるわけです。

デザインのスキルだけではなく、プログラミングの知識も必要になるため、高度な仕事となります。

 

とはいえ、企業に勤めればWebディレクターやWebプロデューサーという立場に昇格できる可能性もあります。

もちろん、個人で活動するフリーのWebデザイナーも稼ぎどころは多いでしょう。

 

まずは一度WEBデザインを体験してみてください。

かなり集中力のいる仕事ではありますが、夢中になってしまう魅力がありますよ。

無料で学べるWEBデザインブートキャンプはこちら!

 

Webライター

特定のテーマに沿った記事を作成するのがWebライターです。

魅力的な言葉を使って、商品の販売を行うセールスレターを作成したり、キャッチフレーズを考えたりすることもあります。

 

商品の宣伝に特化したライターをコピーライターと呼んだりもします。

このように、情報を発信するだけではなく、商品の宣伝を行うのもWebライターの仕事のひとつです。

 

そのため、書くだけではなく、商品について深く理解するためのリサーチ力が問われる場面も多いでしょう。

 

また、企業勤めの場合は、取材として自ら足を運んで色々な場所を飛び回ることもあるかもしれません。

「Webライター」と聞くと常にPCの前にいるような印象を受けるかもしれませんが、意外にアクティブな仕事だと僕は思います。

 

ライターは個人で始めるにはとてもハードルが低い仕事のひとつです。

 

最近では、ライティングスキルを磨くことができる場所はたくさんあります。

 

クラウドソーシングサービスと呼ばれるマッチングサービスを利用すれば、個人で活動するライターに特化した案件がたくさん見つかるでしょう。

 

少し報酬は安いですが、スキルを磨くことを前提とすれば、未経験者でも始めやすいものも多いです。

僕もこういったクラウドソーシングサービスには登録しまくっていますが、早めに登録しておけば良い案件に巡り会える確率も上がります。

 

ぜひこの機会にライターデビューしてみてはいかがでしょうか?

文章書いてお金がもらえるライターサービスはこちら!

 

グラフィックデザイナー(イラストレーター)

書籍の表紙や広告、キャラクター、商品パッケージ、インテリアなどのデザインをするのがグラフィックデザイナー(イラストレーター)です。

 

企業に取って、広告のデザインは利益に直結する重要なものです。

インターネットの普及に伴い、グラフィックデザイナーの需要は高まっています。

 

僕も当ブログのイメージキャラクターを外注しようか検討しているところですが、個人からの需要も集めやすいというのがグラフィックデザイナーの特徴と言えるでしょう。

 

また、「デザイン」という分野は幅広いジャンルの仕事と繋がっているため、活躍できる場所は多いはずです。

 

とはいえ、もし「イラスト」という分野だけで稼ぐとなるとライバルが多いという現実もありますので、いかに差別化を図っていくかという課題はあります。

 

生活の様々な場所に使われている「デザイン」を今から学んでみても遅くはないと思います。

 

ちなみに、僕はインテリアに興味があるので、ゆくゆくインテリアデザインについて勉強しようと考えています。

デザインについて理解を深めて損することは絶対にないでしょう。

 

ソーシャルメディアプランナー

企業や個人向けにソーシャルメディアを使った集客や販売、ブランディング方法についてアドバイスするのがソーシャルメディアプランナーです。

 

若い世代の間では、徐々にサーチエンジンを使った検索は使われなくなってきているようですね。

 

どんなに高品質なサイトを作っても、ググってもらえなければ来てくれる人は減ってしまいます。

では、若者たちはどうやって情報収集をしているのでしょうか?

 

その答えがソーシャルメディア(SNS)です。

 

TwitterやFacebook、Instagramなど、様々なSNSがありますが、これらをビジネスで活用することができます。

活用方法次第でSNSはブログなどのメディアよりも集客力がある媒体となります。

 

しかし、ソーシャルメディアの運用は簡単ではありません。

一般企業でも、SNSの活用方法に迷っているところは多いでしょう。

 

そういった現状から、ソーシャルメディアプランナーの立ち位置はこれからどんどん強いものとなっていくでしょう。

企業内だけではなく、個人としてもソーシャルメディアをうまく活用できれば稼ぐ方法はいくらでもあります。

 

この機会にSNSの使い方について、真剣に勉強してみることをオススメします。

 

自分の強みを知る方法とは

紹介した中に気になる仕事はありましたか?

「どれが自分に合っているのか分からない!」と悩んでしまったら、一度自分について考えてみましょう。

 

自分の強みや弱み、将来的にどうなっていきたいのか。

成し遂げたいことや行きたい場所、洗いざらい書き出してみることをオススメします。

 

この際に気をつけて欲しいのは、過去の自分を見ないということです。

これから仕事を見つけるのは”今のあなた”です。

 

過去の自分と今の自分では、考え方や興味のあるものも変わっているはずです。

今のあなたが何に興味を示していて、何を楽しいと感じているのかについて考えてみて欲しいと思います。

 

自分の強みを見つけるためには、試しに以下のサイトを活用してみてください。

自分の強みが見つかるサービスはこちら!

 

また、大手インテリジェンスのサイトでは、今の自分の価値を具体的な金額で算出してくれるというサービスを提供しています。

今の自分がどの程度稼げる人間であるのかを把握しておきましょう。

自分の価値が分かるサイトはこちら!

 

実践的に技術を身につける方法とは

5つの仕事について紹介しましたが、これらの全ての技術を実践的に継続して磨いていく方法があります。

それが”ブログを運営する”という方法です。

 

僕の使っているWordPressというシステムでブログを構築することで、プログラミングとWebデザインの基本を手軽に体験することができます。

 

また、記事を作成していくことでライティングスキルを磨き、アイキャッチ画像を作成することでデザインスキルが身に付きます。

 

ブログは趣味でやるものだと思っている人が多いかと思いますが、本気で取り組むと多くの技術と知識を要する媒体だということが分かるでしょう。

 

ブログをこれから始めたいという場合は、ぜひ以下の記事に目を通してくれると嬉しいです。

合わせて読みたい!

 

まとめ

将来性のある仕事というのは、結局のところ、あなたが人生で何を重要視するのかというところに尽きます。

  個人事業主 一般企業会社員 公務員
収入 与えた価値に応じて 給料&副収入&手当て  給料&手当て
休日 必要な日数 120日程度  120日以上
信用 実績に応じて 不自由のない程度  高額の借入ができる程度
保険 なし 通常社会保険 各種団体保険 

 

公務員は表面上はクビにはなりません。

ですが、成果を出せずにいると自主退職という名の事実上のクビを迫られることもあるのです。

 

最近では大企業も吸収合併されたり、いきなり倒産したりしていますよね。

 

倒産はしていなくても問題に取り上げられて、大企業でありながら世間的に肩身が狭くなるということもあるかもしれません。

 

このように、全てを保証された仕事なんてものはありません。

どんな仕事にもリスクはあるということを認識おきましょう。

 

ぜひ自分がこれからやる仕事について、じっくりと考えてみてくださいね。

 

この記事があなたの道を照らす星になりますように。


Sponsored Link

この記事をシェアする