ブログ100記事達成までの期間2年の全貌をさらしてみる

「3ヶ月で100記事を書け」というのは、ブログ運営者であれば誰でも聞いたことがあると思います。

毎日1記事更新しても、その目標には届かない。

僕は最初からこの言葉には従わないということを決意していました。

 

「量より質だ」

 

その考えこそが成功への遠回りに他ならないということを僕は身を持って痛感しました。

今回はガッツリ遠回りをしてしまった僕の経験について語らせてください。

Sponsored Link

ブログ100記事達成までの流れ

2016年9月:情報商材を購入

ブログ開設当初、僕はダイレクトレスポンスマーケティングの商材を購入しました。

価格は21万円。

公務員を辞めた当時の僕にとってはかなりの高額でしたが、「金払ってスピードアップできるなら価値がある」という考えから購入を決意しました。

 

この頃は、とにかく早く現状を打破したくて仕方なかった。

身を削ってでも使えるものはドンドン使おうという考えでした。

2016年12月:情報商材の概要をインプット

ネットビジネスというものを全く知らなかった僕にとってはすごく刺激的な内容だったので、インプットに夢中になりました。

今となっては、ダイレクトレスポンスマーケティングなんていうのは基本中の基本であり、ググればいくらでもノウハウは出てくることを知っています。

 

でも何も知らない人間からすれば、それは情報商材の中の特別なノウハウであり、周りを出し抜くための武器。

僕は必至に武器の使い方を頭にたたき込みました。

2017年3月:商材の内容に沿ったしくみが完成

ブログ記事(SEO)→無料プレゼント→LP→メルマガ(クローズドメディア)→価値観教育→オファー

知っている人なら誰でも知っているマーケティングの基本中の基本の型。

僕はこれをPASONAの法則というライティングテクニックを取り入れながら、忠実に再現しました。

2017年6月:しくみから成果が出ず挫折

メルマガ登録者は序盤だけは順調に伸びていましたが、売上はゼロのまま、途中からパタリと登録者は増えなくなり、徐々に解除されていきました。

「21万円の価値があるノウハウを提供しているのになぜだ?」

どれだけ考えてもこの頃の僕には答えが分かりませんでした。

悩みに悩んだ結果、僕はいちど情報商材から離れてみることにしました。

2017年9月:オンラインサロンを立ち上げるが失敗

オンラインサロンに将来性を感じ、「SCHOOL OF LIBERTY!!」というライブ動画を駆使したオンラインサロンを立ち上げましたが、運営に行き詰まり挫折。

教わりたい人はいるものの、ライブ動画は初心者はハードルが高く感じてしまうなどの課題点が多く、サロン運営の費用対効果の悪さから早めに解散しました。

合わせて読みたい!

2017年11月:イベントを企画し人脈の構築に努めるが失敗

ブロガーにインタビューをしまくるという企画で13名の方と直接お話をするという経験を得ることができました。

イベント期間中はすごく充実感のある毎日でした。

 

とはいえ、目的は人脈作りだったわけですが、あまり企画自体が拡散もされない他、イベント後のやり取りもあまり発生しない状態となってしまい、結果的には失敗。

 

人脈作りには、やはり『一緒に何かをやる』ということが必要であり、インタビューというどちらか一方が受け身の状態だと良好な関係作りにはひと押し足りないという印象でした。

合わせて読みたい!

2018年2月:SNSへの注力を図るが失敗

若者のGoogle離れの傾向が徐々に認知され始めたことから、SEO依存の危険を考慮してSNSでの集客を考える人がどんどん増えています。

何度も試してSNS運営に挫折していた僕ですが、もう一度チャレンジしてみることに。

 

しかし、フォロワー獲得を目的とするSNS運用はクソもつまらないので、かなりメンタル的に消耗。

俗に言う、『SNS疲れ』状態となってしまい、ブログを含めた情報発信という情報発信をすべてをやめました。

 

ネットの世界からいちど完全に離れてみて、ネットのない生活の快適さを痛感。

しばらくの間は友人や恋人、家族との時間を思い切り満喫してメンタル回復に努めることに。

2018年6月:商材の内容に沿ったしくみを作り直す

やる気が戻ってきたところで、過去との決別のためにも情報商材の内容をもう一度再現してみることに。

メルマガの登録率やメルマガの内容からの成約率を見て、今後の方針を決めることが目的であり、収益化は目的としていなかったため結構軽い気持ちで望むことができました。

この質を求めずにサービスを構築するという経験から、「質よりも量が重要だ」ということをひしひしと実感。

2018年8月:情報商材のしくみが現在は通用しないことを確信

PVが上がっているにもかかわらず、メルマガの登録率が1年前と比較して明らかに下がっていることや、メルマガ内のURLクリック数が少ないことから、現在のメディアに求められているニーズやウォンツと提供しようとしているサービス内容が一致していないということを確信。

 

“メルマガ”というクローズドメディアの弱体化が目に見えるようでした。

時代が変わればやり方も変えなければいけない。

いつまでも古いやり方の型を意識していては前に進めないということを知りました。

2018年9月①:情報商材に返金申請して21万円を取り戻すことに成功

転換期の手始めに、成果の出せなかったノウハウにいちゃもんをつけることにしました。

正直、以前の僕であれば自分で決意して購入したものに自分の都合で返金申請をするなんていうのはプライドが許さなかったと思います。

 

それでも、とにかく変化を求めていた僕は返金申請をしてみることにしました。

結果、あっさりと返金してもらうことに成功。

 

見事、最初に失った21万円を取り戻すことができたんです。

これによって、今月からキレイにリスタートすることになりました。

合わせて読みたい!

2018年9月②:ブログ100記事を達成(イマココ)

結局この2年間、ブログに集中するということを一度もしてきませんでした。

何かしらを同時並行でやろうとして欲張って失敗してきた。

 

だからこの転換期にブログ100記事を達成したのは、本当にたまたまです。

2年間グダグダとやってきて、3ヶ月で達成している人がいる中、8倍の時間をかけてこれを達成。

 

正直、恥さらしもいいところですが、この弱さも僕自身です。

なので、あえてこんなツイートをしたりもしました。

この失敗を人生の教訓として、次のステージに進みます。

まとめ

  • お金をかけたから失敗できないという考えは捨てる
  • 失敗を認めてすばやく損切りする
  • とにかく質を求めた思考よりも愚直に大量行動
  • 他人の意見に流されない

『これが正しい!!』というものを決めつけず、柔軟に道を決めて、とにかく大量行動をする。

それこそが現状打破の方法であり、成功への希望です。

血反吐を吐きながらでも行動あるのみ!

 

ということで、これから気合入れていきます。

あなたもぜひ僕と一緒にがんばりましょう!

 

以上!