個人ビジネスに立ちはだかる”3C”の壁

あなたはいま自分の力で稼ぐ方法について模索しているわけですが……

 

そもそも小手先のテクニックの前に知っておかなければいけないことがあります。

 

それが”3C”という壁です。

 

これを乗り越えることができなければ、どんなに知識やスキルがあっても、ノウハウコレクター止まり。

その先に進みたいなら、まずはこの壁を突破することを意識しないと、あと一歩のところで心が折れちゃうかもしれません。

 

ってわけで、その3つのCについて1つずつみていきましょう。

Sponsored Link

明確なコンセプトが定まらない

そもそも個人で稼ぐために何をやったら良いのか分からない。

自分がやりたいことが見つからない。

よく分からないまま、とにかく「稼げるらしい」と噂のものをやってみる。

ブログ、アフィリエイト、せどり。

 

しかし、なかなか思うように利益に繋がらない。

 

言っていることややっていることがバラバラで、まったく一貫性のない人間に付いていきたいと思う人間は少ないでしょう。

それはあなたの提供するモノやあなた自身に投資することで、何が得られるのかという世界が見えないからです。

 

1つ目の”C”は「Concept(コンセプト)」です。

コンセプトがないものに人は惹きつけられない。

コンセプトだけでは稼げませんが、コンセプトがフックとなって集客につながるわけなので、人を集めるにはコンセプトが必要です。

お金になるような商品がない

やる気はあるけど、売るものがない。

そんな状態の人は多いでしょう。

 

2つ目の”C”は「Content(コンテンツ)」です。

どんなにビジネスノウハウを身に付けて、マーケティング手法に詳しくなったとしても、売るものがなければ意味がありません。

あなたに感謝をしていて、お金を払いたいと思っている人がいても、あなたが商品を売っていなければ顧客はお金を払うことはできないわけです。

 

逆に、商品さえあれば、そこから逆算してどうやって売れば良いのかを考えることができます。

とはいえ、商品を魅力的だと思わせることができなければ誰も買ってくれないというのが現実です。

自分の商品をできる限り多くの人に知ってもらい、自分の商品について深く理解してもらう必要があります。

続けていける自信がない

最後の3つ目の”C”は「Continuation(コンティニュエーション)」です。

最初はやる気満々だったとしても、なかなか成果が出ないと続けることができなくなっていくものです。

 

個人でのビジネスにおいて、この「継続する」ということが成功に繋がる一番の鍵になります。

しかし、ただ単純に同じことを続けていれば必ず成功できるわけではありません。

 

改善を繰り返しながら継続するというのが前提です。

トライ・アンド・エラーと改善を繰り返すことにより、ビジネス成功の確率がどんどん上がっていきます。

とはいえ、やはり成果が出なければ心が折れてしまう人も多いでしょう。

最初は簡単な目標から、少しずつ達成していくクセをつけていきましょう。

まとめ

今回は、3つのCについて解説しました。

  • ビジネスのテーマとなるコンセプト(Concept)
  • ビジネスの最大の武器となる商品(Content)
  • 成果に繋げる実績を積み上げるための継続性(Continuation)

コンセプトは人を引っ掛けるフック。

フックに引っ掛けた人からお金をもらうためのコンテンツ。

そしてそれをやり続ける継続性。

 

フックが悪かろうが、コンテンツが悪かろうが、改善に改善を重ねていけばいつかは成功します。

あとは、どこまで走り続けられるか。

 

まずはこの3つのCのを乗り越えていけるかが成功の可否を分けることになるでしょうね。

簡単な話、自分で考えようとしないやつは成功しないってことです。

 

自分の成し遂げたいことと、受け取る側のニーズを調査して、コンセプトをじっくりと考える。

そしてそのコンセプトを形にする方法を考える。

モチベーションを維持するための自分の環境づくりを考える。

 

現代は、考えて考えて考え抜いたやつだけが生き残る世界です。

どんなにアホやってるように見えるエンターテイナーだって、裏ではめちゃくちゃ論理的に考えてるはずっすよ。

 

だからあなたも、ガンガン行動しながら、じっくりと考えて作戦を練っていってください。

以上!