【2017年】ネット界隈で話題になったもの振り返りダイジェスト

みなさん、今年はどんな一年でしたか?

ぼくは今年1年ネット界隈の動きを見てきて、ひとつだけ共通して感じていたことがあります。

今年ネット上で話題を集めたものって、結構「信用」というワードに関連したものが多かった印象があるんですよね。

なーんか、今までぼくたちが考えていたふわふわした信用という概念がより具体的に数値として現れてきた感じ。

  • 4月1日:ビットコインを初めて法律内で規定する改正資金決済法等が施行
  • 5月31日:VALUがβ版としてリリース
  • 6月28日:CASHがリリース
  • 6月29日:CASHがサービス停止
  • 8月10日:CAMPFIREがpolcaリリース
  • 8月24日:CASHがサービス再開
  • 9月11日:TimebankのiOS版アプリが公開
  • 10月3日:インスタグラムの国内月間アクティブユーザー数が2000万人を突破
  • 10月31日:CASHがDMMに買収される
  • 11月2日:元SMAP草なぎ剛がYouTubeデビュー
  • 11月26日:ビットコイン価格が100万円を突破
  • 12月7日:Sarahah(サラハ)が日本語に対応

はい、ということで、ちょっくら2017年にネット上で話題になったビジネス関連の事柄についてサラッとまとめてみようと思います。

Sponsored Link

若い女性を中心にSNS「Instagram(インスタグラム)」が流行

今年はインスタグラム(以下インスタ)がめちゃくちゃ流行りましたね。

インスタグラマー(多大な閲覧数やフォロワー数を擁しており大きな影響力を持つユーザー)はインスタでの反応を集めるためにナイトプールなどのオシャレな場所やオシャレなスイーツに時間とお金をかけているみたいっすね。

 

オシャレな写真の反応率が高いので、アパレル、飲食、旅行などの業界では集客に一役買っているとか。

 

あと、文字ではなく、写真で語る媒体なので、ごちゃごちゃとテキストを書き連ねる必要がないというのが個人的にはラクで好きです。

インスタの流行はテキストベースのコミュニケーションから、写真や動画に移り変わる動きが顕著にあらわれているともいえます。

インスタグラムの流行は2018年以降も続きそうですね。

信用をお金に変えるサービスが続々とリリースされる

個人の価値をお金で数値化する斬新なサービス「VALU(バリュー)」

 

自分自身の価値を取り引きできる「VALU」が5月31日にリリースされました。

SNSのフォロワー数などから個人の価値を具体的な価格で決定するという点は面白いなーと思いましたね。

お金だけではなく、自分の好きな人のVALUを購入してVALUERになることで、特別な優待(限定コンテンツを見ることができるなど)を受けることができます。

今までになかった斬新なサービス展開でVALUに夢中になる情報発信者が続出。

堀江貴文さんなどの著名人も利用しており、価格の変動が大きかったことから、話題沸騰時におこづかい稼ぎができた人も多いんじゃないでしょうか。

 

しかし、リリースからしばらくして、人気Youtuberヒカルが自身のVALUを全放出させたことにより自身のVALUの価値を大暴落させるという事件が起こりました。

このVALU騒動以来、VALUの体制への疑問が募り、VALU内では取引ルールの修正が頻繁に行われたってわけですね。

 

現在もサービスは続いていますが、以前と比較するとVALUに注力している人はかなり減った印象です。

目の前のアイテムが一瞬でお金に変わる「CASH(キャッシュ)」

質屋アプリ「CASH」は写真を撮るだけで、その場で現金が手に入るサービスとしてリリース。

VALU騒動ほどではないですが、こちらも結構な騒ぎになりました。

たった1日で3.6億円が現金化されたことで、リリースから24時間経たずにサービスを一時停止。

お金が想像以上に出ていってしまったということと、16時間で1万個近いアイテムが集荷依頼されるなど、対応の負担が大きくなりすぎたということがサービス停止の原因のようですね。

 

しかし、2ヶ月後に再開をしてからは、順調にサービスとして成長していき、現在は大手DMMに買収され、DMMの子会社として運営を続けています。

メルカリと並び、ユーザーが物を売ることで簡単に現金が手に入るサービスとして浸透してきている印象です。

ぼくも近々なにか売ってみようかなーとか思ってます。

友人から支援を募れるクラウドファンディングの簡易版「polca(ポルカ)」

 

誰でもインターネット上でプロジェクトを公開して、支援を募ることができるクラウドファンディングですが、「polca」はその簡易版のような形でリリースされました。

フレンドファンディングアプリの名の通り、友人間などの狭い範囲で支援を募り、リターンも派手なものを必要とされないという特徴があります。

 

とはいえ、実際にはクラウドファンディングと同じように利用されているのをよく見かけますね。

ぶっちゃけクラウドファンディングをやる勇気のない人向けて、少しハードルを下げたガワ替えのサービスって感じでしょうか。

ぼくはひねくれた性格なので、正直利用する気にはなれませんが、“信用をお金に変える”という概念を最もまっすぐ形にしたサービスといえるんじゃないかなと思います。

マジで金なくて死にそうになったらやるかもしれません。

著名人(元SMAP)のネット進出

最近、元SMAPのネット進出が話題になってますね。

「インスタグラマー香取」「ブロガー稲垣」「YouTuber草彅」

テレビというメディアのオワコンを知らしめる出来事になったんじゃないかなと思います。

そして彼らの今後が、芸能人がネットでどこまで通用するのかという部分そのもののような感じですかね。

 

こうやって一般人と芸能人の境目がどんどん薄くなっていく出来事はこれからも多くなってきそう。

芸能人は一般人と同じようなことをやり始め、一般人は芸能人のような立ち位置になっていくってわけです。

まぁ……元SMAPに関して言えば、元からいるYoutuberの方がよっぽど面白いので、なんで人気があるのかさっぱり分かりませんが。

ハリボテの信用が崩れて、ネット上では本物だけが生き残れるようになっていけばいいと思います。

国家による価値の保証を持たない通貨「仮想通貨」の普及

今もっとも注目を集めているのが、この「仮想通貨」です。

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。 仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

引用元:ビットフライヤー

 

Twitter上は仮想通貨ネタでびっしりですね。

というのも、バブルといわれるくらいに通貨価格が高騰し続けているからです。

数千万円の利益を出している人も少なくないでしょう。

 

そろそろ億に達する人たちが多く現れはじめる頃かも?

とはいえ、資本金のない人がノリで手を出しても大した利益は出ないでしょう。

特に今はずっとプラスだった仮想通貨の勢いが落ち着いて、プラスとマイナスを繰り返し始めた時期です。

しっかりとした知識が必要なので、仮想通貨に手を出してみたいなら、まずは知識を付けつつ、口座や取引所での準備を進めておくと良いんじゃないかなと思います。

 

ちなみにぼくも現在勉強のまっ最中ですが、準備だけは万端です。

「お、今安いぞ!? 買うか!」と思ったときに、すぐに買えないと人生を変える大チャンスをゴミ箱に捨てるハメになりかねませんからね。

 

個人確認があるので、その場で登録! ってわけにはいきません。

少なからず2営業日はかかります。

チャンスを逃したくないのであれば、今のうちに登録しておいたほうが無難かと。

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

ビットコインを始めるなら安心安全な取り引き所で bitFlyer

2018年以降の動向について

まぁぶっちゃけわかんないっすね。

どんなに優秀な実業家でも未来予知なんてできないと思いますよ。

 

ただ、なんとなーく予想することくらいはできます。

  • テキストベースのコンテンツよりも更に動画コンテンツが注目される?
  • ライブ配信をする人がガンガン増えていくかも?
  • ライティングスキルよりトークスキルを教える人とか出てきそう?
  • 仮想通貨を報酬にしたアフィリエイトが出回りそう?
  • 芸能人がどんどんYoutubeに進出してきそう?
  • 信用を稼ぐことを辞める人が増えそう?

まぁなんの根拠もないんで、ぼくの個人的な妄想くらいに思っておいてください。

でも、仮想通貨を配りまくる人は既に現れ始めているので、「ぼくの商材を紹介してくれたら3000円分のXPRをプレゼントします!」みたいな人はガツガツ出てくるんじゃないかなー?

 

とりあえず、仮想通貨詐欺みたいなのが出てこないことを祈ります。

さいごに

「お金よりも信用を稼ぐぞー!」みたいな人が増えた2017年でしたが、ぼくとしては正攻法で金稼げば信用もついてくると思ってます。

 

つまり、信用を稼ぐ一番手っ取り早い方法は金を稼ぐこと。

ただし、会社員として雇われていない状態でね。

誰がなんと言おうが、ほとんどの人は「金稼いでいるやつはすごいっ!!」ってなるんですよ。

自分の活躍している姿を発信しつつ、実際に数字を出せるかどうかです。

 

ぼくは信用を稼ぐことはしません。

勝手に信用してもらえる人間になります。

2018年は間違ったブランディングで塗り固められたハリボテの信用ではなく、実際にある実績と成果で勝負したいところですね。

良い人ぶるのはもうやめます。

ってことで、2018年は素をさらけ出してゴリッゴリでいくので、どうぞよろしくお願いします!

 

以上!