発信力を身につけて自由をつかみ取る学校『SCHOOL OF LIBERTY!!』開校!

 

稼ぎたいと思っているのであれば、これからの時代は発信力という要素が必要不可欠となってきます。

発信力とは、周りに向けて、ノウハウや考え方、スキルなどを発信する力です。

 

しかし、発信力を自力で身につけるのは難しい。

ゼロの状態から自分の周りに人を集めるためには、地道な努力が必要です。

集客から価値提供までの流れすべてに発信力はついて回ります。

 

情報の収集、顧客リストの獲得、価値提供のスキル。

これらすべてのスピードを加速させる方法として、特化型のコミュニティに所属するのがオススメです。

 

とはいえ、今は多くのオンラインサロンが乱立しており、そのほとんどが成功者からノウハウを提供してもらったりコンサルしてもらったりするというものです。

でもそれらが目的なのだとしたら、個人的には成功者が作った情報商材を買ったり、お金を払ってコンサルティングしてもらえばいいんじゃないかなと思うわけです。

 

仲間たちがいるという環境をもっと有効的に活用する環境は作れないだろうか。

考えに考えた末に行き着いたのが、『学校』という形でした。

 

スポンサードリンク

自由をつかみ取るための知識や技術を学べる学校の概要

 

学校は受け身のままでも、一緒に授業を受けていく中で自然と学生同士の繋がりができてくる。

学生同士で協力する授業があったり、部活があったり、委員会活動があったり。

 

学校での生活の中では、気がついたら友達が増えているということがほとんどですよね。

僕はそういった環境作りをオンライン上でやりたいと思いました。

誰か一人の実績者から学ぶ塾ではなく、みんなが先生として教え、学生として学ぶことができるような学校。

 

僕はまだなんの実績もない。

でも教えられることは結構あります。

そうゆう人はたくさんいると思うんです。

 

知識や技術はあるけど、実績がないという人が効率的にアウトプットできる場としての学校。

ゼロからスタートでも、幅広い分野の世界を見て、どの道に進むべきなのかを決めることができるような環境。

 

そんな”場”を僕は作りたい。

 

授業を受けて、授業後に授業内容をシェアしあって、分からないことは職員室に質問に行く。

放課後は部活や委員会に力を注ぐ。

 

そんな青春の学校生活を取り戻してみませんか?

それを実現できるのが、自由をつかみ取る学校『SHOOL OF LIBERTY!!』です。

この学校は、テキストだけではなくライブ配信やオンラインビデオチャット、動画、音声を多く取り入れた形式で運営していきます。

 

多くの人に多くを教える力=発信力です。

教える力を身に付けることで発信力が身に付きます。

僕は「個人で稼ぐ力を身に付ける」というテーマでブログを運営していますが、その根本的な目標となっているのが発信力を手に入れること。

 

発信力がある人間になることができれば、どんな世の中になったとしても食いっぱぐれることはないでしょう。

教える力を身に付けることが、将来的な経済面を潤すための近道になると言っても過言ではないと思っています。

 

幅広い分野でみんなが先生になれるライブ形式の授業

Facebook LIVEを使った対談形式の一方的な授業と、Facebook LIVEのコラボ機能を使った全員参加型の授業の2種類を取り入れようと考えています。

対談形式例↓

飛び込みコラボ形式例↓

 

授業内容は、お金の稼ぎ方に関する知識や技術について、これからの時代の生き方に関するマインドセット、恋愛や人付き合いの方法に関する心理学などの人のなどの幅広い分野に活用できる内容です。

Facebook LIVEのコラボ機能は、Facebook上でライブ中に配信者が他の人を招待することができます。

 

コラボ機能を使えば、授業中にコメントをしてくれた学生を招待し、実際に顔を見て質問を受けたり、対談をするなどして授業を進行させていくことができます。

リアルでの授業と同じような進行方法が可能というわけです。

 

誰でも気軽にライブ配信を使った授業ができるような環境にしたいと思っています。

 

また、学生は自由にスレッドを立てて、教室を増やしていくことができます。

自分の得意分野や興味のある分野の教室を作って、自由に情報共有を図ることができるという環境で、ライブ配信を全く活用しない人がいたとしても、僕自身もDRMや心理学といった面で入って損はしないだけのコンテンツを用意していくつもりです。

 

この学校はあくまで発信力を身につけることをコンセプトとしているため、教えるジャンルは特に制限していません。

どんどん授業を行うことで、自分が一番得意な分野の発信力を伸ばしていくことができます。

 

伸ばしたい力を極めるためのテーマを絞った部活

扱うジャンルが幅広いとどうしても知識が浅くなりがちです。

そこで、自分の最も伸ばしたい分野を部活という形で極めていけるしくみを導入しました。

 

部活はFacebookのMessengerを使って活動します。

Facebookグループ内で部員を募集し、Mesengerグループに招待して、チャットで意見を交換したり、一緒に企画を練ったりすることができます。

 

また、チャット形式でコミュニケーションが取れるので、スレッドというものがなく、テーマ自体が他の投稿に流される心配がありません。

必然的に興味があるものが同じ人しかいないクローズドな環境となるため、レッドと比較すると幅広い知識を得ることはできませんが、深い知識をつけることができます。

 

その他本校の機能設備一覧

授業と部活という「SCHOOL OF LIBERTY!!」のメインとなる機能について解説しましたが、その他にもまだまだ多くの機能を備えています。

授業と部活も含めて、以下にまとめておきます。

 

 

・Facebook LIVEを活用したリアルタイムでの授業を実施・視聴できる教室
・Messengerを使った専門的知識を身に付けることができる部活システム
・濃い人間関係を築くことができるMessengerを利用したクラスおよび班制度
・作業の目標時間を設定し、仕事効率化を図ることができるappear.inを使った自習室
・誰でもアンケートやマーケティング調査が気軽に行える宿題システム
・突発的に行われる力試しの学校行事
・定期的に行われるZOOMを利用したクラスごとのホームルーム
・学校運営を手伝いながらコミュニティ運営を学ぶ生徒会
・非公開独自サイトを活用した自由をつかみ取る知識を凝縮した教科書
・有料noteの無料閲覧権限

 

 

この他にも色々面白いことを考えています。

常に成長し続けることを意識して運営していこうと思っているので、より良いものをどんどん取り入れてブラッシュアップしていくつもりです。

 

広く学べて、深く追求できるしくみづくりを目指します。

 

僕が20万円を超える投資を経て手に入れた知識をがっつり教えていこうと思うので、少なからず20万円以上の価値はあると思います。

特に生の情報ですので、そこらへんの本に書いてある内容とは鮮度が違います。

金額以上の価値は提供できるかと思うので(現在は無料です)、期待していて欲しいと思います。

 

理想の学生像と入学拒否対象者

個人的にぜひ入学して欲しい人の理想像は以下の通りです。

 

  • アオが好きな人
  • 学ぶのが好きな人
  • 人と話すのが好きな人
  • 発信力を身に付けたいブロガー
  • アオの知識をインプットし尽したい人
  • 副業でがっつり稼ぎたいサラリーマン
  • 悩みを気軽に相談できる相手が欲しい人
  • 成果に伸び悩み現状を大きく変化させたい個人事業主
  • 幅広い分野の世界に触れて視野を広げたいフリーランサー
  • Youtuberのように高クオリティな動画コンテンツを作成したい学生

 

 

ライブ配信は誰でも気軽に使えるブラウザを利用したものと、高クオリティな映像を作り出すソフトを利用した2パターンがあります。

入学者には、ぜひ後者のライブ配信方法をマスターしてもらい、発信側も視聴者も楽しめるコンテンツを作ってもらおうと思っています。

また、僕の得意分野であるDRMや心理誘導の知識をインプットして、発信力の糧にしてもらうとともに、自らがライブ発信することによって、「教える」ことに慣れて欲しいです。

 

対談形式を推奨しているので、新しい仲間との巡り合いが一般的なコミュニティよりも期待できるかと思います。

もちろん僕もどんどん参加していこうと思っているので、積極的に行動できる人が来てくれたら嬉しいですが、前述した通り、受け身のままでも学校生活を楽しめるしくみづくりをしていくので、「学びたい」という想いがある方であれば誰でも歓迎です。

 

しかし、大変申し訳ありませんが、以下のような方の入学申請は拒否させていただく場合があるのでご了承ください。

 

  • 誹謗中傷ばかりする人
  • 他人に迷惑行為をする人
  • コンテンツを盗用しようとする人

 

また、入学後に上記のような学校の学びの場を壊そうとする行動が目立つ場合、警告なしに即刻退学してもらおうと思っています。

より良い学校作りのためにも、理解していただければ幸いです。

 

入学(コミュニティ参加)手続き手順

入学手続きは以下の3つの手順で完了です。

  1. ページ内の「入学申請」という赤いボタンよりPaypalで決済
  2. Paypalアカウントに登録されたメールアドレス宛てに専用LINE@への招待(2営業日以内に送付)
  3. LINE@友だち追加後に自動返信でFBグループへの招待

入金者名とFacebookアカウント名に相違がある場合には事前にLINE@またはMessengerよりご連絡ください。

ご連絡がない場合は本人確認ができないため、入学許可できない場合があります。

 

※現在は無料参加許可期間中なので、直接参加申請を送ってください!

現在の人数は、15名であと15名参加可能ですので、お気軽にご連絡くださいね!

ご応募お待ちしております!

 

 

利用規約/免責事項(必読)

利用規約

この利用規約(以下、「本規約」)は、青木彰吾(以下、「校長」)が学校で提供するサービス「SCHOOL OF LIBERTY!!」(以下、「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録者の皆さま(以下、「学生」)には、本規約に従って、本サービスをご利用いただきます。

第1条(適用)

本規約は、学生と校長との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。

第2条(利用登録)

登録希望者が校長の定める方法によって利用登録を申請し、校長がこれを承認することによって、利用登録が完了するものとします。 校長は、利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合、利用登録の申請を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。

(1)利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合

(2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合

(3)その他、校長が利用登録を相当でないと判断した場合

第3条(利用料金および支払方法)

学生は、本サービス利用の対価として、校長が別途定め、本ウェブサイトに表示する利用料金を、校長が指定する方法により支払うものとします。 利用料は日割計算をしませんので、月途中に本サービスの利用契約が成立または終了した場合でも、1ヶ月分の利用料をお支払いいただききます。 学生からの申し出がない限り、学生資格の有効期間が終了した翌日になった時点で、自動更新が続きます。更新は1ヶ月毎です。

例えば、6/1に月額決済の申し込みした場合、ちょうど1ヶ月後の7/1に自動更新されます。6/2に決済した場合、7/2に自動更新されます。これは翌月以降も同じです。 6/19に初めての決済をした場合、7/18までにキャンセルすれば7/19以降の学費は決済されません。翌月以降の自動更新もなされません。自動更新がその月の1日でないことにご注意ください。

自動決済をキャンセルした場合は、キャンセルした月の当日から退会(以下、「卒業」)していただきます。例えば、9/10に自動決済をキャンセルした場合は、9/10以降学校内にいられなくなります。その際は、学生自身によって、PayPalの課金停止などの卒業処理をお願いします。

学生が利用料金の支払を遅滞した場合には、強制的に退学処理を行うものとします。またいかなる理由でも利用料金の返金は不可となります。

第4条(解約方法)

本サービスの解約の際は、校長の定める方法に則り、学生自身で校長までお申しつけください。校長により、月末日に手続きを行います。但し、解約は1ヶ月前申告を前提とします。当月中の卒業の場合は、その日よりすべての権利を失効します。また、 第3条及び第4条の卒業処理を忘れたことにより支払いが継続されていたとしても返金はされません。

第5条(禁止事項)

学生は、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。

(1)法令または公序良俗に違反する行為

(2)犯罪行為に関連する行為

(3)校長のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為

(4)校長のサービスの運営を妨害するおそれのある行為

(5)他の学生に関する個人情報等を収集または蓄積する行為

(6)他の学生になりすます行為

(7)校長のサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為

(8)宗教活動または宗教団体への勧誘行為

(9)営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(校長の認めたものを除く)

(10)性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為、他の学生に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為

(11)過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を、投稿または送信する行為

(12)その他、校長が不適切と判断する行為

第6条(本サービスの提供の停止等)

校長は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、学生に事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

(1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合

(2)地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合

(3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合

(4)その他、校長が本サービスの提供が困難と判断した場合 校長は、本サービスの提供の停止または中断により、学生または第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第7条(利用制限および登録抹消)

校長は、以下の場合には、事前の通知なく、学生に対して、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し、または学生としての登録を抹消することができるものとします。

(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合

(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

(3)その他、校長が本サービスの利用を適当でないと判断した場合 校長は、本条に基づき校長が行った行為により学生に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第8条(コンテンツに関する権利)

本サービスを利用してコンテンツを投稿する学生は、校長に対し、当該コンテンツが第三者の権利を侵害するものでないことを保証するものとします。 本サービスを利用して投稿されたコンテンツの著作権その他一切の権利は、当該コンテンツを創作した学生に帰属します。

校長は、学生が投稿するコンテンツを、本サービスの円滑な提供、校長システムの構築、保守、メンテナンスに必要な範囲内で、使用及び改変することができるものとします。 校長が提供する継続課金型のサービスについて登録学生が卒業ないし継続課金の解除を行った場合、当該登録学生が当該サービスを利用する権利は、既にダウンロードされたコンテンツの利用に関するものを除き卒業時に即時喪失するものとします。

本サービスによって提供されるコンテンツに関して、著作権者の許諾なしに転載・引用する行為は、校長の明示的な許諾がある場合を除いて、サービスの特性上強く禁止させていただきます。

第9条(免責事項)

校長の債務不履行責任は、校長の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。 校長は、何らかの理由によって責任を負う場合にも、通常生じうる損害の範囲内かつ有料サービスにおいては代金額(継続的サービスの場合には1か月分相当額)の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。

校長は、本サービスに関して、学生と他の学生または第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第10条(サービス内容の変更等)

校長は、学生に通知することなく、本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし、これによって学生に生じた損害について一切の責任を負いません。

第11条(利用規約の変更)

校長は、必要と判断した場合には、学生に通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。

第12条(通知または連絡)

学生と校長との間の通知または連絡は、校長の定める方法によって行うものとします。

第13条(権利義務の譲渡の禁止)

学生は、校長の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第14条(準拠法・裁判管轄)

本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。 本サービスに関して紛争が生じた場合には、校長の在住地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

以上

The following two tabs change content below.
アオ

公務員という立場を捨てて、会社に雇われずに生きていく力を身に付けるためにブログやライブ配信などで情報発信活動をしています。基本面倒くさがり屋ですが、やるときはやります。素直な人間が好きだし、自分も素直に生きていきたいと思ってます。

無料で質問できるLINE@
基礎から応用までのビジネスノウハウが身に付くMessengerマガジン
発信力をとことん鍛える学校のようなオンラインサロン

アオとコミュニケーションを取りながら学べる次世代型マガジン

シェアよろしくおねがいします!

コメントを残す