ブログ運営3ヶ月で100記事達成は本当に必要か

「3ヶ月で100記事達成!」「毎日更新!」

ブログを運営している人であれば、誰もが一度は耳にしたことがあるんじゃないでしょうか。

 

僕も最初は実践しようかと思ったのですが、これを達成すべき理由を考えてやめました。

何よりもメンタル的に逆効果のような気がしたので。

ブログは続けることが最優先です。

 

やめてしまったらそこで全てが終わってしまう。

3ヶ月100記事という難しい課題をブログ開設初期からこなそうとすれば、心が折れる可能性が高くなりますよね。

それでは意味がない。

 

なによりもブログっていうのは自分のためじゃなくて、誰かのために書くもんでしょ?

 

スポンサードリンク

3ヶ月100記事が推奨される理由

ブログ記事のインデックスとGoogleからの評価などを考慮した場合、ブログ開設から3ヶ月程度の期間、そして100記事程度を有したサイトだと検索上位に表示されやすくなる(らしい)ということで生まれた説のようです。

 

どうせなら、そのどちらも効率的に達成してしまおうということで、「ブログやるなら3ヶ月で100記事書け!」的な王道ルールができたのだと思います。

 

でも本当にGoogleにそんなロジックがあるのかは分かりません。

更新頻度が高いとインデックスのスピードやクロールの頻度が上がるのはあると思うので、個人的にはSEO的な影響はそのくらいかなと思います。

つまり記事数は関係ない。

 

Googleが評価するのは、短い期間でのできる限り多い更新頻度ではなく、質の良い記事と適度な更新頻度です。

更新頻度が高ければ高いほど、SEOに強くなるなんて話は聞いたことがありません。

 

誰が言い始めたことなのかは知りませんが、正直あまり気にする必要はないでしょう。

 

3ヶ月100記事は達成可能か?

3ヶ月で100記事というのを、自分の1日のうちに使える時間から計算してみましょう。

実際に僕を例にして考えてみましょうか。

 

 

05:00 起床

08:00 バイト準備
09:00 出発
10:00 バイト開始
13:00 休憩

14:00 バイト再開
19:15 バイト終了
20:00 帰宅
21:00 夕食、洗濯、入浴完了

23:00 就寝

 

僕が時間を使えるのは「※」を入れた箇所です。

とはいえ、会社にはPCの持ち込みができないので、13:00からの休憩中はスマホしかありません。

つまり僕が平日に使える合計時間は5時間程度。

 

1ヶ月を31日として、3ヶ月で93日。

土日が8日、平日が23日と考えたとすると、平日で使える合計時間は「23日×3ヶ月×5時間=345時間」。

土日は単純にバイト中の時間を全て使ったとして「8日×3ヶ月×14時間=336時間」。

合計は345+336=682時間ですね。

 

682時間で100記事ということは、6.82時間で1記事を書かなければいけないということになりますね。

ちなみに、これは自分が自由に使える時間を全てブログに費やした場合の話です。

友人や恋人と出かけたり、SNSでの交流や独自コンテンツを作ったりする場合の時間は含まれていません。

 

ここから、ブログ以外に使う時間を差し引いていきます。

僕は土曜日は彼女との時間に丸一日使うと決めているので、土日の時間は「4日×3ヶ月×14時間=168時間」。

月に一度平日飲みに行ったとすると、「1日×3ヶ月×2時間=6時間」。

 

上記より、実際に使える時間は『682時間−168時間−6時間=508時間』となりますね。

5.08時間で1記事を書けば100達成できるということになります。

土曜日と月一回のブログおやすみDAYを作っても、1日5時間はブログに時間を使えるわけです。

こう考えてみると、僕の場合はしっかり取り組んでいれば達成できそうですね。

簡単な記事なら、2時間程度あれば作成が可能だと思うので、毎日2記事更新もできるかもしれません。

 

仕事の残業が多かったり、育児があったりと、人それぞれ使える時間は違います。

自分が一記事作成に平均何時間かかるのか、自分が1ヶ月に使える時間はどの程度なのかを考えてみてください。

それを考えれば3ヶ月100記事が達成可能かどうかは分かるでしょう。

 

量より質を重視しろ

僕たちは人間です。

毎回決まった同じ行動をできるわけではない。

 

特にブログ記事はインスピレーションが大事になってきたりします。

「これ書きたい!」と思っていない内容の記事を書くのは苦痛です。

同じ内容でも書きたいタイミングとそうじゃないタイミングで書くのでは、作業効率は雲泥の差です。

 

体調が悪かったり、イベントを企画していたり、コミュニティを運営していたり、イレギュラーはたくさん出てくるでしょう。

計算すると意外に時間に余裕があるにもかかわらず、実際はまともに時間を使えないということはザラです。

 

その度に巻き返そうと焦って更新した記事の質が良いとは思えませんよね。

そんな更新するために更新した記事には価値なんてない。

ブログ記事は誰かのために書くものです。

自分のためじゃないんですよ。

 

読んだ人が「なるほどー!」「面白い!」「すげぇ!」と反応してくれるような価値を提供することが目的であるはずです。

読み手側のことを考えず、ブログを更新して数を稼ぎたい自分のために書くのは本質から外れています。

 

3ヶ月で100記事というのは、ニートならまだしも、会社勤めの場合は正直キツいでしょう。

達成を試みた際に質が下がるのは必至です。

ゴミ記事を量産して、「100記事達成!」とか喜んでいるのはただのオナニーです。

もし今もなお達成しようと躍起になっているのであれば、オナ禁してください。

 

もちろん質を重視しすぎて、更新頻度が低くなりすぎるのはNGですよ。

前述した通り、質の良い記事と適度な更新頻度を心がけましょう。

 

さいごに

誰かの敷いたレールを歩くのはやめましょう。

歩いても良いですが、しっかりと理屈を理解した上で行動してください。

 

なぜ3ヶ月で100記事を達成するべきなのか?

達成したらどんなメリットがあるのか?

 

それを考慮した上で、バランスを考えて記事を更新していきましょう。

 

読者目線が大事。

結論、これを意識すればOKです。

 

自分のペースで誰かのためになる記事を更新していきましょう。

シェアよろしくおねがいします!

【期間限定】無料プレゼントキャンペーン実施中!

 

コメントを残す