コンテンツ提供における口コミの重要性と集め方

ネットショッピングをするときにいちばん目を通すのってレビューや口コミですよね。

僕は最近、ランディングページ、無料プレゼント、メルマガという一種の『作品』を作り上げました。

 

 

この無料プレゼントに対しての感想を送ってくれた人にはさらに追加特典を配布しています。

つまり、「プレゼントをあげるから感想を送ってください」というオファーを読者さんに対して行っているというわけです。

なぜ無料プレゼントを作成するという労力をかけてまで感想を募集するのか?

 

今回は作ったコンテンツ(作品)に対しての「感想をもらう」ということの重要性について、一筆したためたいと思います。

 

スポンサードリンク

客観的な評価を知る

コンテンツには絶対に作成した人がいて、そのコンテンツには何かしらのミッションがあります。

 

「おいしい!」といって笑顔になってもらうための料理だったり、「楽しい!」といって笑顔になってもらうためのゲームだったりとかですね。

そのミッションを達成する価値を顧客に対して提供できているのかいないのかは、顧客から直接聞かないと分かりません。

 

商品の価値を決めるのは、製作者ではなく顧客です。

主観から離れられないような商品はゴミです。

自分がターゲットとしている顧客が求めているものを提供する必要がありますよね。

そのためには、実際に顧客からどういったものを求めているのかを聞いてしまうのがベストだということです。

 

商品はサプライズプレゼントではありません。

顧客と一緒に作ったって良いんです。

 

何が足りていないのか?

どこが間違っているのか?

もっと効果的に価値を届ける方法はないか?

 

一発で完璧な商品を作ることができる人なんていません。

実際に商品を使ってみて、食べてみて、触ってみて、どんどん改良していくわけです。

それを製作者が一人でやるのは至難の業です。

ひとつの視点だけでは、限界があるんです。

 

良い商品には多くの視点が含まれています。

自分がターゲットとしている人たちの視点を集めた焦点となる場所に、その人たちに本当の価値を届けることができる商品があります。

その場所を探し出すためには、ターゲット層の人からの協力が不可欠です。

 

そしてなにより最初から完成を目指さないことです。

レビューを集めてブラッシュアップしていけばいく方が効率的だと僕は思います。

 

コンテンツの信用を獲得する

僕はAmazonや楽天などで商品を見るとき、まず始めにレビューを見ます。

ネットショップって偽物が多いので、レビューがないと信用ならないんですよね。

むしろレビューがない商品は買いません。

 

このように、集めた感想を他の顧客に対して公開することで、コンテンツの信用を獲得することができます。

もちろん悪い評価をされた感想もあるでしょう。

場合にもよりますが、しっかりとした根拠のある内容であるのであれば、悪い評価も公開するのが良いでしょう。

 

感想に対する自分からのコメントなども一緒に掲載すると、より丁寧な印象を与えることができますね。

僕も頂いたコメントは公開させてもらっていますが、システムの関係上、こちらからのコメントがつけられません。

使用するシステムがコメントに対して、こちらからコメントをつけられるようであれば、できる限りひとつひとつのコメントに対応するのが良いでしょう。

もちろん限界はあると思うので、中途半端にするくらいならやらない方いいとは思います。

そういった加減は、自分の集客力に合わせてみて欲しいと思います。

 

コンテンツの宣伝効果を高める

感想というのは、自分のプラットフォーム上に公開しないといけないというルールはありません。

インターネット上で販売している商品であれば、むしろTwitterやFacebook、はてなブックマークなどでのコメントの方が多いのではないでしょうか。

直接感想を送ってくれるのも嬉しいですが、コンテンツ提供側からすると、できれば『シェア』して欲しいですよね。

 

最近では「感想=シェア」という風潮があるので、感想を言いやすいようなコンテンツにしておくと宣伝効果が格段に上がります。

無料で拡散力の高い広告と言っても良いかもしれません。

お金を払って広告を出すより、口コミの方が強力な武器になり得ます。

 

特にインフルエンサーと呼ばれるような、情報発信において高い影響力を持つ人物にシェアされれば、かなりの訴求力を持つでしょう。

そのくらい、コンテンツを販売するという面から見ても、感想というのは重要です。

 

感想を集める方法

では、実際に感想を集めるにはどうしたらいいのか?

 

「シェアしてくれたらプレゼントあげます!」みたいな感じで、人は何かしらのお得感がないと行動してくれません。

シェアしてくれる人っていうのは大体の場合、情報発信をやっている人です。

完全な受け手の人はシェアなんてしません。

だって面倒くさいんだもん。

 

みんな自分がベネフィットを感じたことのためにしか行動しないんです。

これは当たり前ですよね。

 

「この人と仲良くなりたい!」

「この価値あるコンテンツをシェアして自分の信用を獲得したい!」

「このコンテンツを批判したい!」

「このコンテンツから得られた価値のお礼がしたい!」

 

こんな感じの動機が考えられますね。

理想は一番最後の動機でシェアしてくれるのが良いです。

本物の価値を提供して、そのお礼という意味でシェアしてくれれば嬉しいですよね。

 

とはいえ、そう簡単にもいきません。

前述した通り、コンテンツは集めたレビューを参考にしてブラッシュアップしていくものです。

そうやって初めて本物の価値提供ができるわけなので、最初はレビューを集めるのは難しいでしょう。

 

そこで、シェアまたは感想を送ることにより得られるベネフィットを増やすために用意するのが『無料プレゼント』です。

「感想を送ってくれたらこれあげます」という無料プレゼントがあることにより、感想をもらえる確率が高まります。

もちろん、「この人と仲良くなりたい!」と思われるようなブランディングができているのであれば、無料プレゼントを用意しなくても感想がもらえるかもしれません。

 

あいにく僕はそこまでブランディングができていないので、物で釣る作戦を取っているというわけです。

正直、感想をもらうためであれば多少お金を使っても良いと思います。

楽天市場などでは、「レビュー書いたら送料無料!」みたいなことを書いているショップをよく見かけますよね。

 

そのくらい大きな価値を持っているものだと思ってください。

僕も感想送付特典については、どんどんパワーアップさせるつもりです。

 

さいごに

今回、口コミを集めることについて理屈的なことばかりいってきました。

 

ですが、何よりも感想・レビューとか口コミってもらったら素直に嬉しいんですよね。

まだ無料ではありますが、自分の商品と呼べるようなものを持って初めて痛感しました。

しかも感想送付者限定のプレゼントを頑張って作っても、それを受け取ってくれる人って感想送ってくれた人だけなわけですよ。

 

クローズドな場所にあるコンテンツって、見られないで終わるパターンもあるんだろうなぁとか思う切ないですよね。

このコンテンツに溢れた時代だからこそ、巡り合ったものにくらい反応を示してみてもいいんじゃないかなと思いました。

たとえ一言だけでもね。

 

僕もリリースしたコンテンツに対して反応がないことの切なさを痛感したので、これからは触れた記事や商品にはどんどんコメントとかしていこうと思っています。

だからあなたも、感想を送って、感想を集めてみてくださいね。

 

シェアしてくれたら嬉しくて爆発します!

 

無料特典付きのアオと直接話せるLINE@はこちら

友だち追加

コメントを残す