ソーシャルメディア活用における注意点

先日、いきなりTwitterアカウントが凍結されました。

理由を問い合わせてみたのですが、明確な返答がありませんでした。

正直いまだに何が原因なのかがわかりません。

 

スポンサードリンク

Twitterアカウントの凍結

調べてみたところ、最初の凍結は警告のようなものなので、申請すれば2,3日で解除できるらしいということが書いてありました。

 

ということで、さっそくTwitter様に丁寧なビジネス文章で具体的にTwitterルール(https://twitter.com/rules)に違反していないということを記載の上、解除の申請をしてみました。

 

そしてTwitterをサブアカウントで眺めるだけの苦痛な時間を過ごしながら、申請から2日間耐え抜いて送られてきた返答がこちらです↓

 

img_2592

 

「え? は? なにが? そしてなんか言い回しが心なしか冷たくない?」

ちょうどバイトの休憩中に送られてきたのですが、もう意味がわからなすぎて一瞬混乱してしまいました。

 

凍結理由の記載がないことに併せて「繰り返し違反したため」という記載にとても疑問を感じたんです。

ちなみにこのアカウントは今回初めて凍結されました(最初で最後でしたが)。

 

解除申請前にTwitterルールについては何度も読み返しました。

 

  1. Twitterの利用におけるコンテンツの範囲は違反していないか(商標、著作権など)
  2. 攻撃的な行為をしていないか(脅迫行為、嫌がらせなど)
  3. スパム行為はしていないか(過剰なフォローまたはフォロワーチャーンなど)
  4. 不正なツールを利用していないか(Twitterが許可していないもの)

 

どう考えてもいずれにも該当していないんですよね。

でも繰り返し違反していると言われているわけなので、僕が繰り返しやっていたことを思い返してみました。

 

Twitterの利用方法

  • 興味深い思考の人、面白い記事を書いている人をフォローする
  • 面白かったブログ記事をはてなブックマークして、はてなブックマークのツイッター連携からツイートする
  • 面白かったブログ記事の投稿者の記事紹介投稿を一言感想を添えてリツイートする
  • 面白かったブログ記事の投稿者の記事紹介投稿にいいね、コメントをする
  • 自分の投稿に対してコメントしてくれた人の投稿をリツイートする
  • 自分が書いた記事の紹介を投稿する
  • 普通に思ったことをつぶやく
  • DMに返事をする(自分から送ったことはない)

 

正直自分で思い返してみて、改めて「これって普通じゃないの?」と思ってしまいました。
いや、自分が普通だと思っていても、ルールに違反しているものがあるのかもしれませんが……。

 

あとTwitterの利用に関して思い当たるものといえば、サブアカウントくらいでしょうか。

公式のニュースを発信しているアカウントばかりフォローしている情報収集用のサブアカウントがありますが、これも特に問題があるようには思えません。

 

とはいえ、僕のTwitterの利用方法に関して、何かしらの問題があったと判断されてしまったのは事実なので、対策はしなければいけないとは思っていますが、現段階では原因がまったくわからないので、どうしようもないというのが本音です。

というわけで、結局原因はわからないし、凍結は解除してくれないし、もう諦めて新しくアカウント作るしかないなと思ってアカウントを作りました。

 

 

せっかくフォローしてくれている人がいたのに(ちょっとですけど)、なんだかすごく情けない気持ちでいっぱいです。

 

でもまたここから始めようと思います。

 

自分の運営するメディアという自覚を持つ

1c90c98f64e536292ab8c1819f9c178f_s

ソーシャルメディアは自分が作ったものではないと思いますが、自分の運営するメディアです。

 

あなたはメディアの運営者なんです。

 

あなたが何気なく発信した情報を読んでいる人が絶対にいます。

その情報には責任を持たなければなりません。

そして発信を始めた以上はしっかりとそのメディアを運営していく必要があります。

 

ソーシャルゲームなどのオンラインゲームではよく「運営しっかりしろ」みたいなことを言っている人をよく見かけます。

あなたが発信する情報に期待している人が増えれば増えるほど、あなたがその期待に応えられなかった場合の損失は大きくなります。

 

あなたが間違った情報や過激な発言をした場合、批判が殺到してあなたのメディアの運営が困難になるという可能性もあります。

かといって、無難なことしか発信しないというのも個人的にはつまらないのですが、明らかに批判が殺到しそうな発言は控えましょう。

 

まぁうまい人はそういった批判を武器にすることもできるかもしれませんが、カリスマ性が問われてきますので、僕と同じような「普通の人」はやらないほうがいいでしょう。

炎上商法とかいう言葉がありますが、もしそれをやらなければ集客ができないようなら、あなたの運営方法ではその程度の価値提供しかできていないということです。

一時的に知名度が上がったり、収入が増える可能性はありますが、長続きはしないと思った方がいいと思います。

 

ソーシャルメディアのルールを把握する

bd839144101d1dbb409bc803fd36c90e_s

「当たり前だろ」と思われたらそこまでなのですが、正直僕はアカウントが凍結されるまでTwitterルールを読んだことがありませんでした。

もしあなたが新しい電化製品を買っても説明書を読まずに、とりあえず使い始める人なら(僕の仲間です)注意が必要です。

 

TwitterやFacebookなどは自分のブログと違ってコントロールできない部分も多いですが、自分が運営しているメディアのひとつです。

利用しているソーシャルメディアのルールを読んだことがない人はとりあえず読んでください。

 

「え! それってルール違反なの? 意外!」みたいなルールはなかったので、健全に使っていれば問題はないはずですが、自分の中の当たり前が通用しない場合もあります。

場合によっては「知らなかった!」では済まされないこともあります。

 

アカウント凍結されたやつが何言ってんだと思うかもしれませんが、自分の身を守って僕のようにならないためにも、知ることを優先してください。

特に特定の場所でのルールは絶対です。

その場所に行きたいなら自分の領域ではない以上、そこのルールに従うほかありません。

 

もちろんそこが自分の領域であるなら、法律に違反しない限りはある程度好き勝手にして問題ないですけどね。

 

ひとつのメディアに依存しない

852f6ea43ab9c3e38023442cf8c823db_s

これは広く言えることですが、複数のメディアを利用することをオススメします。

 

情報を鵜呑みにしすぎ?ドナルド・トランプ氏の当選から考えるマスメディアの影響力

 

↑この記事で、ひとつの情報源からの情報を鵜呑みにするのはリスクが高すぎるという話をしましたが、発信する場合も同じことが言えます。

一つに注力しすぎた場合、そのメディアがなくなったら全て終わりです。

あなたの努力が水の泡となってしまいます。

 

情報発信をする場合は、一つではなく、絶対に複数のメディアを利用するべきでしょう。

 

  • Facebook
  • Instagram
  • Pinterest
  • はてなブックマーク
  • LINE@
  • Youtube
  • メルマガ

 

まだまだあるとは思いますが、有名どころでいうとこんなところでしょうか。

それぞれのサービスには強みと弱みがあります。
それを把握した上で強みを活かした利用ができればかなり有効的な情報発信や集客が可能となるでしょう。

 

そして、それぞれのサービスはいつ終了するかわかりません。

「どこかが使えなくなってもまだ他があるから大丈夫!」

という状態にしておくのがベストです。

 

僕のように凍結されただけならまだマシですが、いきなりサービス自体がなくなる可能性だって十分にあります

そういった危険性を考えて、メディア戦略を練ってください。

 

まとめ

ブログの運営には、SNSなどのサービスの利用が不可欠です。

 

ちなみにTwitterは「社会的な要素を備えたコミュニケーションネットワーク」らしく、SNSではないそうです。

 

特に僕のようにレンタルサーバーと独自ドメインからブログを運営している場合は、特に重要になってきます。
周りに人がいないので、人のいるところにいって宣伝しなければいけません。

人が集まっているところで宣伝するのが効果的です。

 

しかし、人が集まっているところにはその場所独自のルールがあります。

それを守れなければ入ることすらできません。

 

しっかりとルールを守って、周りに迷惑をかけないようにコミュニケーションを取っていきましょう。

The following two tabs change content below.
アオ

公務員という立場を捨てて、会社に雇われずに生きていく力を身に付けるためにブログやライブ配信などで情報発信活動をしています。基本面倒くさがり屋ですが、やるときはやります。素直な人間が好きだし、自分も素直に生きていきたいと思ってます。

無料で質問できるLINE@
基礎から応用までのビジネスノウハウが身に付くMessengerマガジン
発信力をとことん鍛える学校のようなオンラインサロン

アオとコミュニケーションを取りながら学べる次世代型マガジン

シェアよろしくおねがいします!

コメントを残す