ブラック企業を辞めるための3つの選択肢

あなたはサービス残業をさせられていませんか?

休憩にはきちんと入れていますか?

仕事に疲れて体調を崩していませんか?

今を楽しく過ごせていますか?

 

ブラック企業というのは、かなりの確率で承認欲求の強い人間が上に立っている傾向にあります。

承認欲求というのは、また別記事で紹介しようと思っているのですが、「認められたい!」「褒められたい!」みたいな欲求のことです。

簡単にいうと見栄っぱりな人ともいえるでしょうか。

 

つまり上司にいいところを見せようとするってことです。
いつもはダラダラやってるのに、上司が来るときだけバリバリやるみたいな感じです。

そういう「流れ」ができている職場では、普段ダラダラやっている分、ピンポイントで忙しくなるタイミングがあります。
なので、いつもの動きの速さでは対応できなくなっていくんですよね。

 

そうなってくると承認欲求人間は自然に残業を前提としたスケジュールを組み始めます。

 

そして従業員たちが汗水垂らして、手に入れるのは、その上司が上司の上司から「よくやってるね」という言葉をもらったという実績だけ。

従業員たちの努力は誰にも認められず、承認欲求人間だけが自分の欲求を満たすことに成功するわけです。

 

もし、ブラック企業を辞めたいと思っているのであれば、この承認欲求人間をどうにかしなければいけません。

こうゆう人間はなかなかに手強いです。

ある種の信念があるのと同じようなものですからね。

自分が褒められるためならなんだってやります。

ではそんな人間を相手にして、こちらが取れる有効な方法を考えてみましょう。

 

スポンサードリンク

たたかう

ebb75edc21f2c03ad09a40cde7fceebb_s

消費HP ★★★★★
消費MP ★★★★★

これをやるにはかなりの体力と精神力が必要になるので、自分が身体を壊したり、絶対に鬱病にならない自信がある場合のみ実行してください。

ブラック企業と戦うには、違法行為をしているという証拠が必要です。
その証拠を元に退職手続きに流れを持っていきましょう。

 

とはいえ、企業もバカではありません。
ほとんどの場合、そういった証拠となるものを掴ませないようにしているでしょう。

僕には難しい法律の知識なんてほぼ皆無なので、どの程度のものが証拠となり得るのかは分かりません。
まずは労働基準監督署に相談してみましょう。

 

企業側としても違法を暴かれる危険性のある裁判をすることと比べれば、あなた1人を手放す方がリスクは圧倒的に少ないはずです。

場合によっては、社内の同じ不満を抱いている仲間を集うというのも有効かもしれません。
かなり疲れるとは思いますが、成功の確率は比較的高いと思います。

そしてもしあなたがサービス残業をしているとしたら、そのサービス残業分の給料を取り戻せる可能性があるというメリットもありますね。

 

でもこれはあまりオススメできません。

なぜならあなたがこれを実行できる人間なら、ブラック企業を辞めるために悩んでネットサーフィンをして、この記事までたどり着くことはないだろうし、そもそもブラック企業に勤めるという状態に陥ることはないはずです。

 

ぼうぎょ

bbae9b42e37203228d899e9f42728011_s

消費HP ★★★★
消費MP ★★★

とにかく辞める意思表示をして、退職日を決めてしまいます。

意思表示するまでにかなりのストレスがかかると思いますが、退職日が決まってしまえばあとはひたすら耐えるのみです。

ですが、「辞めます!」といっても、いいように言いくるめられて、退職日をどんどん先延ばしにされる可能性が高いです。

何度か意思表示をする機会を設けないといけない可能性もあります。

 

意思表示してから退職日までの期間が長くなりやすいという点を考えると、体力は必要ですが、一番正攻法ともいえます。

まぁ、相手が正攻法を使っていないので、個人的にはそんな相手に正攻法で向き合う必要はないと思ってますけどね。

 

にげる

8e350698f9934a5fe2bca8d983e7fa65_s

消費HP ★
消費MP ★★

逃げましょう。

もう会社行かないでおきましょう。

疲れたでしょ。

 

もちろん、これをやるには退職の意思表示を事前に行っている必要がありますが、「辞めたいって言ってるのに辞めさせてくれない!!」みたいなシチュエーションに持っていければかなり良いですが、難しい場合はやらなくても問題ないです。

ぶっちゃけこれが一番楽だと思います。

もちろん若干のリスクはありますけどね。

企業の違法行為の証拠を持っていれば、楽に逃げられますが、そうではない場合は事前に保証人へ連絡しておくと良いでしょう。

 

たしかにあなたが逃げたら色んな人に迷惑がかかるかもしれません。

でも、僕はあなたが死んでしまうくらいなら、あなた以外の何人かの人に少し迷惑がかかってもいいと思います。

 

あなたは働くために生きているんじゃありません。

あなたは生きるために働いているんです。

 

まぁ仕事がいきがいになっているという場合もあるかもしれませんが、そういう人は自分の生き方をがっちり決めている意思の強い人です。

辞めたあとのことなんて、辞めてから考えれば良いんです。

家族を養わないといけない?借金の返済が追いつかない?

そんなのあなたが死んでしまったら本末転倒じゃないですか。

 

「形あるものいつか壊れる」といいますが、人間の心も壊れます。

壊れてしまったら治すのは、なかなかに難しいです。

 

だから今の自分の心が壊れないように、ストレスは自分で調整してあげなくちゃいけません。

ストレス耐性の値は人それぞれなので、「みんな頑張ってるから頑張らないと!」みたいな考え方は今すぐやめてくださいね。

あなたはあなたです。

 

周りがなんと言おうが、あなたがどうしても無理だと思ったら無理なんです。

それでいいんです。

 

まとめ

938fafe5e3a64a6105578b2cc9c825dd_s

あなたがブラック企業を辞めたくて悩んでいるのであれば、転職活動や辞めた後のことを考える前に、まず辞めることに専念したほうがいいです。

普通の企業であれば、転職先が決まってから退職する方が良いのかもしれませんが、ブラック企業では通用しません。

辞める方法は周りが「そうするべきだ」と思っている方法じゃなくてもいいんです。

なぜなら企業側が「そうするべきだ」ということをやっていないからです。

 

目には目を、ズルにはズルを使いましょう。

一度の人生ですが、道を選ぶのは基本的には自分です。

楽しい人生を送るためにも、道を間違ったときはすぐに軌道修正することをオススメします。

参考:リストラ・解雇されそうな人の駆け込み情報局

 

The following two tabs change content below.
アオ

公務員という立場を捨てて、会社に雇われずに生きていく力を身に付けるためにブログやライブ配信などで情報発信活動をしています。基本面倒くさがり屋ですが、やるときはやります。素直な人間が好きだし、自分も素直に生きていきたいと思ってます。

無料で質問できるLINE@
基礎から応用までのビジネスノウハウが身に付くMessengerマガジン
発信力をとことん鍛える学校のようなオンラインサロン

アオとコミュニケーションを取りながら学べる次世代型マガジン

シェアよろしくおねがいします!

コメントを残す